2017・横浜中華街|おすすめ食べ放題&TVで話題のお店を楽しむ

エビチリ
中華街の春節

突然ですが1月28日から2月11日
横浜中華街が「春節」で賑わいます。

そんな事も忘れて先日、中華街を訪れて
「ならば書かねば!!」と、
出遅れ気味な自分に焦っているヒグチです。

行ったついでに1月27日(金曜日)に放送していた
バナナマンが出演してる「沸騰ワード10」
横浜中華街のとあるベスト3が紹介されていたので
それにもサラッとふれつつ、
「食べ放題のお店」についても一言
もの申してみます。

今回は出遅れを補う勢いで
ちょっと盛りだくさんです。

スポンサーリンク



横浜中華街で地元民が行く食べ放題のお店とは

ズバリ!「北京ダックの食べ放題」がウリの
北京火考鴨店(ペキンカォヤーテン)

北京ダックの食べ放題店

今回は気持ちが前倒し気味ですので
先にお店の情報を書きます。

住所:横浜市中区山下町191−10
電話:045-305-6677
営業時間:11時〜23時
定休日:年中無休
120品以上の食べ放題。
時間は無制限。
平日2680円・土日祝日は2980円。
オーダー式食べ放題のため料理は
全て熱々で運ばれてきます。
北京ダックは他のお店では絶対にありえない
席にワゴンが来て目の前で丸ごとカット!!!
北京ダック専用釜を持っているのは
横浜中華街の中でもこのお店だけらしいです。
右が専用釜。火が燃えてます。

北京ダックの専用釜

北京火考鴨店(ペキンカォヤーテン)までの行き方

市場通り

初めて横浜の中華街に来た人は
行きたいお店を住所で探しても
地図を見てもちょっと大変かも。
楽しむコツは・・・
中華街の本通りを中心に左右に伸びている
「通り名」かもしくはその目印になる「門」
の名前をチェックしておくのがポイント。
そんなに途方もなく長い道ではないので
比較的楽に探せます。
むしろお店探しが醍醐味の1つかも!

例えば、この北京火考鴨店(ペキンカォヤーテン)なら
港を背にして本通り(メインストリート)を直進。
左側にこの「市場通り」と書かれた門が出現。
迷わず左折
で、ここを真っ直ぐ歩いていると
左側にお店があります。

下は、以前書いた記事ですが
行こうとしている
北京火考鴨店(ペキンカォヤーテン)
この中華菓子の名店「翠香園」の斜め向かいです。
北京ダック食べた帰りにここでお土産買うのも
超・お薦めです。
コッチの記事の方が
お店までの行き方も丁寧に!?書いてあります。

市場通りの名店「翠香園」

ついでながら、この「翠香園」は秋がお薦めなんだけど
通年を通してある他の中華菓子も捨てがたい!!
味の分かる方へのお土産には是非!⇩

ヒグチの超お気に入り「玉帯糕(ギョクタイコウ)」の記事

 

スポンサーリンク



北京火考鴨店(ペキンカォヤーテン)を100%楽しむ!

北京火考鴨店(ペキンカォヤーテン)の食べ放題の攻略法

絶対に食べるべきな鉄板の名物!!
[北京ダック]
北京ダックこれで2人分。
北京ダックだけアップで見ましょう。

北京ダックのアップ皮のパリッと感と肉のムッチリ感が最高。
こんな北京ダックに甘味噌タップリ塗って
生ビールでグイィーーーーッ!と。
絶対ウマイ。鉄板です。外さないし。神の領域。

北京ダックの切り分け

幸せの配達人。
こうやって北京ダック
目の前で何枚でも切り分けてくれます。

この店を体験しちゃうと
北京ダックは頬張りながら
遠慮なくガンガン食べる料理!?
と新しくすり込まれます。
今まで干からびたような北京ダックを
(酷い店は皮も薬味も干からびてた)
有り難そうに食べていた人は手を挙げて!!

速攻、北京火考鴨店(ペキンカォヤーテン)に来なさい。

話しを戻します。
このお店の食べ放題で楽しむべきは
「北京ダック以外にもあります」
以下はそれを解説します。

 

[食べ放題では掟破りのスープ3種]

普通食べ放題では「お腹が一杯になりやすい」
と、言う理由から「スープ関係は御法度」ですが
ここは敢えての「掟破り」です。

理由は「ジャズト1人前の上品なサイズ」
だからシェアすれば大丈夫
そして何より「ウマイ!!」
他の店では(この量では)味わえない。

フカヒレとカニのスープ

「フカヒレとカニ肉のスープ」
塩味でとにかく上品です。
しっかりフカヒレ。しっかりカニ。です。

フカヒレスープ

「フカヒレスープ」
こちらは直球のフカヒレスープ。
オイスターソースの味わいも相まって
こっくりした安定感のある美味しさ。
たっぷりフカヒレです。

鴨のスープ

「本店特製鴨スープ」
ここでしか飲めないんですっ!
地味豊かな味わいとはこのスープの事でしょう。
よく「優しいお味」とかレポーターさんが
言ってるでしょ、その3倍は「優しい」。
具も何も入っていないスープなんですが
味わいの深さが半端ない。

[エビチリの食べ比べ]

他のお店では出来ない事です。
北京火考鴨店(ペキンカォヤーテン)ならではです。

元祖エビチリ

こちら⇧「元祖エビチリ」
味は雑な言い方をしちゃえば
「麻婆豆腐テイスト」に
「粗めのひき肉とプリプリ海老」
な感じでしょうか。
他のお店では見た事ないので1度ご賞味あれ。

エビチリ

海老がプリプリだから
当然、ノーマルなエビチリだって美味しい。

「贅沢!?五目おこげ」
五目おこげ
よーく見ると小さなタコ?もいるし、エビもプリプリだし。
何より小ぶりなこのサイズが有り難い。
目の前で五目あんをかけると
ジュワーーーッ!と熱々が爆発するライブ感。
少しずつ美味しい物をたくさん食べたい!と、言う
人の気持ちにとてもフィットするサイズと味わい。
他にもおこげ料理はありますが
初心者にはコレがお薦め。

[ライブ感なら負けてない陳マーボー豆腐]

麻婆豆腐

メニューのセリフがふるってる。
「豆腐の周りににじんだ赤い油がおいしさのサイン」
辛さサインは唐辛子3本!!
痺れる一品。
マジでグツグツが地獄の鍋底のようでした。

ここまで食べて、まだ余裕がある人は
「チャーハン」の食べ比べもお薦め。
「黒チャーハン」を軸に食べ比べて下さい。

料理以外のチェックポイント

お店を正面に見たらまず右!

食べ放題

バーン!!圧巻のお料理写真。

そして左を見ると・・・鴨がデ・デーン!!

北京ダックの食べ放題店

ここの食べ放題は全てオーダー式だから
熱々をテーブルまで運んでくれます。

中華アルアルで気持ちが高ぶると
「色んな種類のお料理を食べてみたい」!!
そんな時にナイスなのがこの食べ放題。
そこで店のセンスが問われるのが
「1皿の量」
多すぎると思いのほか種類が食べられなくて
残念な気持ちになった人もいたはず。

ここはそんな心配はご無用。
ほんと、丁度良い量で来ます。
スープも1人前のジャストな量だし。

横浜中華街は200店舗以上の飲食店が軒を連ね
そのうち4分の1に当たる50店ほどが
「食べ放題」の看板を掲げているそうです。
そんな激戦区の中で地元民がリピートする
同店の魅力は他にもあります。

例えば店内。
店内非常にゆったりして、綺麗。くつろげます。
広い店内は段差のないフローリングだから
車いすとかバギーでも大丈夫な感じです。
(もし心配なら電話して確認するのもアリ!)
お店の方も日本人ではありませんが
とても親切で優しい。

そして忘れてならない
「北京ダック」
他のお店でも北京ダックは食べられますが
ここのお店のはケタ違いです。
一般的に、北京ダックは「チビチビ」食べます。
むしろ「つまむ」感じでしょうか。

ここは違います。
ガンガンいけます。
食べ放題と言うこともありますが
それ以前にこのお店の北京ダックは
「パリッ!とした皮+しっかりとした身!」
がついたスペシャルな北京ダックなんです。

「肉(身)のついた北京ダック」想像できます?
食べた事あります?
ナイでしょ。ズバリ、美味しいです。
それも惜しげもく出してくれます。
目の前でコックさんが切り分けて。
このライブ感もたまりません。

当然ですが、テンメンジャン(甘味噌)も
クレープ(巻く皮。バオビンと言うようです)も
葱やキュウリの薬味
お替わりOK!!ケチらずに心ゆくまで食べられます。
ちなみにバオビンも蒸し立ての熱々です。

バオピンが1枚だけ残ったら
「クレープ1枚分だけの北京ダック」を
切り分けて貰えました。嫌な顔ひとつせずに。

こーゆー太っ腹なとこが好きです。

例えば箸袋。
箸袋鴨が専用釜で炙られてる図です。
最初、なんだか分からなかったけど
北京ダックでお腹一杯になる頃には
妙に親近感がわくデザインです。

横浜中華街アルアルで言えば
テレビの取材や掲載誌を目立つところに飾る!
が、あります。
会計の側のサインメディアで取り上げられたお店
=何かしらの特徴がある!!
これもお店選びのポイントになりますね。
「へぇ〜〜、こんな人も来てたんだ」
「で、このサイン誰?」
「今、この人、どうしてるんだろう?」
など、それなりに話しが盛り上がります。

スポンサーリンク



「沸騰ワード10」で「横浜中華街でカレー戦争が勃発」と取材された3店

こちらは1月27日(金)19時の番組
バナナマンが司会をつとめる
「沸騰ワード10」にて
「横浜中華街でカレー戦争が勃発している」
と、取材された3店です。
元々、中華料理でもカレー粉は使うし、
実際、「中華街のカレー」は
この番組が最初ではないんです。
日本テレビの「newsevery.」などでも
数年前から取り上げられてたようです。

ただ「沸騰キーワード」でお薦めしていたカレーは
それぞれが「ウチのが1番!」と
値段や作り方がそれぞれ違っていたので
面白いと思いました。

神田・神保町の「古本屋街のカレー」でもなく
お洒落な下北沢の「スープカレー」でもない
中華街独特な進化を遂げているところが良いです。

※各お店情報は食べログのサイトの方が
分かりやすくまとまっているので
そっちのリンクを貼ってあります。

ーーーーーーーーーーーーー

鳳林(ホウリン)

鶏ガラを2日間煮込んだ中華スープを使った
秘伝の黒胡椒のカレーは絶品。
さらに、驚くことに
カレーに麻婆豆腐をかける人ここの基本形!
他では味わえない「カレーと麻婆豆腐」
クロスオーバーな辛味の組み合わせが他にはない味。

所在地: 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町187
※中華街の本通りと平行にある「関帝廟通り」
「横浜大世界」前の「関帝廟通り」と書かれた
「天長門」をくぐって少し行った右側のお店。

関帝廟通り入り口

横浜大世界から見たらこんな感じ。
こちらの看板側に鳳林(ホウリン)が。

鳳林(ホウリン)側・・・裏からみたらこんな感じ。
門の裏側

で、お店はこんな感じ。
横浜中華街アルアルで取材された写真が!
ホウリン店頭

[食べログの鳳林はコチラ⇩]

食べログの鳳林(ホウリン)

ーーーーーーーーーーーーー

龍宝酒家(リュウホウシュカ)

一方、横浜中華街の老舗は・・・
ナント!煮込まないカレー!?を提供しています。
牛フィレと玉ねぎを油通しして
そこに強火でカレー粉や中華スープを足し
片栗粉でとろみをづけ。
お値段:牛フィレ中華カレー1620円!!
そこそこのお値段ですが
中華鍋で作る老舗の中華風カレー
かなり期待してよさそうです。

所在地: 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町152 メゾン清水 1F
※港を背にして中華街の本通りを真っ直ぐ行くと
半分を過ぎたい先の右手側に「黄色い帽子」屋さんが。
この「焼き小籠包」と「黄色い建物」との間の道が「中山路」
この路地を入ってちょっと行くとあります。

龍宝酒家

焼き小籠包屋さんの奥に赤い電信柱が。
そこに小さく「中山路」と書いてあります。
この通りは目印の門がありません。

龍宝酒家

で、目当ての「龍宝酒家」は黄色い建物の先に。

ショーウインドウの中にはお約束の・・・メディア自慢!?
龍宝酒家
食べログにも載ってるんだよ!的な。

龍宝酒家 [食べログの龍宝酒家(リュウホウシュカ)はコチラ⇩]

食べログの龍宝酒家

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

北京飯店(ペキンハンテン)

ここのカレーは金曜日のランチ限定
「きまぐれカレー 550円」と破格の安さ!!
さらに週替りでカレーに合わせる
中華料理が変わる驚愕のメニューは
なんと、カレーライスの上に一品中華が乗ってます。
取材当日は「エビチリ」ON THEカレーでした。
中華街カレー戦争の火付け役のお店と言われています。

所在地: 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町79−5
※副都心線やバスで中華街に行こうとする時に
最初にくぐる門「朝陽門」の横のお店。

北京飯店


港を背にして本通りに行こうとする時にくぐる
最初の門の横です。ここの右側がお店。
北京飯店

北京飯店
バス通りに面したお店の中では
ガラス越しに中華マンを作ってるとこが見られます。

[食べログの北京飯店(ペキンハンテン)はコチラ⇩]

食べログの北京飯店(ペキンハンテン)

 

横浜中華街の食べ放題の選び方・楽しみ方

横浜中華街は500メートル四方に
雑貨などの物販を含め
500店以上の店舗がひしめく
横浜でも人気のスポットです。

昔は「中国人の人が作る本場の中華料理が味わえる」
と、遠いところからも
その味を求めて人が押し寄せました。

現在、横浜中華街には
「せっかく中華街に来たのだから
美味しいものを色々と食べたい」と、いう
時代のニーズに答えるかのように
賛否両論はありますが
「食べ放題のお店」が増えました

前述しましたが200店舗以上の飲食店の
4分の1に当たる50店ほどが「食べ放題」
看板を掲げているそうです。
この数はかなりのものだと思います。

中には悪質!?ガッカリだよ!なお店も
なくはないです。

そこで、地元民の見地から
「安心して入れる食べ放題のお店」
もっと言えば
「入っちゃイケナイお店」情報です。

横浜中華街「入ってはイケナイお店」について

「入ってはイケナイ」
もしくは「注意したほうがよいお店」は

私服でお客さんの呼び込みをしている

もう少し丁寧に説明すると
お店の人が私服(制服じゃない)で
お客さんを呼び込んでいるお店には
地元民は絶対に行きません

横浜中華街では
中華街を魅力ある街にしよう」と
1972(昭和47)年に発足した
横浜中華街発展会協同組合」と、
言う組合があります。

「悪質」な客引きをする店は
組合に加盟していない店に多いと言う噂もあります。
組合では「ハウスルール」
いうものを定めており
お客さんに声をかける際
店の制服またはスーツを着用し&名札をつけ
店の敷地からはみ出してはいけない
と、いうことを徹底しているそうです。

この組合の努力の賜でしょうか
以前はしつこくて有名だった
「強引な甘栗売り」が陰を潜めました。
(甘栗屋さんにもこのルールが
適用されてるようです)

「中華街を魅力ある街にしよう」という思いから
組合に加盟しているお店ならまずは安心でしょう。
⇩この紋章!?がお店の目立つ所に貼ってあります。

組合加盟店

ちなみに⇧が貼ってあったのは
「招福門」さんのレジ横。
ちなみに「招福門」はこんなお店。⇩
招福門

で、ここのお店の実力は・・・・
招福門食べログドーン!食べログアクセス第1位。

ただ、各お店のスタンスもあって
未加入のお店が全部悪質?と、言えば
それは一概には言い切れません。
例えば・・・・
北京火考鴨店(ペキンカォヤーテン)には
この紋章がありませんでした。
でも、美味しかったし良い店です。

組合加盟は1つの目安にして下さい。

それ以外の方法だと・・・
企業努力をされているお店は
ホームページなど
独自の情報発信をしています。

なんでもそうですが
何も調べずに丸腰で来るのは
なまじ楽しみを逃がします。
事前リサーチは大事です。

3店舗くらいリサーチして
現地に来てからそれぞれのお店を探し
そこで判断するのが良いと思います。

横浜の中華街はゴチャゴチャしているようですが
そんなには広くないです。
通りの名前と門をチェックすれば
大概のお店は探せると思います。

お店探しも楽しみの1つと考えて下さい。
お店の雰囲気、店員さんの感じなど、
一緒に行くメンバーとの兼ね合いで
選んで下さい。

中華料理における正しい食べ放題の楽しみ方

こちらは北京火考鴨店(ペキンカォヤーテン)の
テーブルにメニューと一緒に立てかけた合ったモノ。
注意喚起そして⇩コッチはメニューに書いてあった
ご注意事項。

注意喚起2

浮かれすぎて残す人が・・・・
大量に残す人がいるんでしょうか。
大人として非常に残念です。

お腹が空いた状態で突撃したから
と、言うよりは
「どうせ食べ放題だから」だったら
ゲンコツ1発!!もんです。

中華料理の食べ放題
ちょっとオーダーにコツがあります。

中華料理は冷めると美味しさが半減するため
1度に頼むのは5〜6品が適量
お店にもよりますが
料理法で言えば中華は
比較的手早く出せる料理です。
焦らずに行きましょう。
もし、料理の提供時間が気になるのなら
最初から「時間無制限の店」を選択

また、頼む順番としては
いきなりチャーハンや麺類、点心など
主食を注文するのは素人です。
理由は「お腹が膨れる」!

通人は「前菜→スープ→主食」と、言った
コースを組み立てる気持ちで注文すると
食事の楽しさが増します。

で、一巡したら次のターンからは
各人が食べきれるだけの料理を注文。
最初の注文から漏れた一品や
もう一度食べたい一品を頼みます。

あ、それと最初の注文の時に
「このお店でしか味わえない一品」
入れ込んでおくのは必須です。
そのためにも事前学習は重要になります。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です