秋葉原で「君が代」・さざれ石の浄化?パワーを買える件など

パワーストーンさざれ石

さざれ石大写真

リオ・オリンピックでは41個の史上最高のメダルを獲得した日本!!その中でも金メダルは12個。と、言う事は「12回も国歌である君が代」がオリンピック会場で流れたことになります。

この国歌「君が代」の中に登場する「さざれ石」になんと、日本を代表する!?カオスな街「秋葉原」で遭遇

販売もしているし、お店の外に展示?してるので簡単に触れ合う事も出来ます。

しかし、百聞は一見にしかず!!実際にお店の方にお話しを聞いたら、予想外の方向に話しがピョ〜ン

いや〜、面白かったです。

スポンサーリンク



オリンピックでは12回も流れた君が代の「さざれ石と秋葉原の関係」

久し振りの来た秋葉原は私の知っている電気街では無くなってました。

萌えのアキバ2街並みも様変わりしたら、来ている人々も変わり、外人さん率もとんでもなく高いし、国内外を問わず「萌え萌え」した方で溢れていました。

萌えのアキバ2

理工系の真面目な方々のたまり場だったあの頃が懐かしいです。

今の秋葉原は「業」とか「欲」が濃いめにグルグルしてる感じがして、空気が重かったです。

あ〜・・・何かグッタリしてきたぁ・・・浄化されたいはぁ」なんて、感じていたら「さざれ石」と遭遇しました。

ネットで「さざれ石」と検索すると「さざれ石 国歌」「さざれ石 君が代」「さざれ石 意味」と出ますが、それ以外にも「さざれ石 浄化」「パワーストーン 細石(さざれ石)」などが出てきます。

他には「神社仏閣」や「購入」などの単語とセットにもなってますね。

さて、ここからは秋葉原とこのさざれ石の位置関係を説明します。

秋葉原のメインストリートの中央通りを上野側に直進。この時、左側の道を選択。

そろそろ電気街も終わりそうな感じになると銀座線の「広末町」の入り口が見えます。

目印の看板結構歩いた感じになりますが、この看板が見えたらもう近いです。

左のビル

目の前の「蔵前通り」と「中央通り」が交差する「外神田五丁目」の信号を渡ると角のビルが目的地

上の写真の左側のビルがそれですね。

入り口の鯛焼屋

1階の角が名物の鯛焼き屋さん。

「毎朝、仕込んだフレッシュな生地を売り切ったら閉店」なお店でオープンは12時から。

美味しさに自負を持っているお店です。

鯛焼き

ここの右奥にエレベータがありますから8階がさざれ石を販売している会社です。

スポンサーリンク



秋葉原でさざれ石の販売をされてる会社で話しを聞いてみると・・・

目的の会社は、知る人ぞ知るアキバの名所「さざれ石美濃坂」。

店名にもある通り、こちらでは国歌「君が代」にも詠われている、あの「さざれ石」を展示販売しています。

「さざれ石」は現代では「商売繁盛」「子孫繁栄」「一致団結」「縁結び」「日常的な運気上昇」等のご利益のある石として人気を集めいます。

会社は8階

エレベータに乗ろうとして会社を確認したら・・・・枠外に特別仕様の木製のプレートでドーン。ただならぬ会社でしょうか。

会社のキャラクター

8階に着くと真っ正面に会社のドアが。そしてオリジナルのキャラクターが。ここら辺がどうも秋葉原っぽいと感じるのは私だけでしょうか。会社は13時からですので早く行かないように。

「さざれ石を見たい」旨を話すととても感じよくオフィスに通してくれました。ほんとにその節はありがとうございました。

展示風景

こんな感じで展示されています。

待ちきれないので、先に結論を言っちゃいます。

君が代に出てくる「さざれ石」には浄化パワーはありません。

お店の方にキッパリと言われました。がーーーーーーーーーん。

そもそも「君が代」に出てくる「さざれ石」とは何でしょう?

さざれ石(細石、さざれいし)

学術的には「石灰質角礫岩」などとよばれる。石灰岩が雨水で溶解して生じた、粘着力の強い乳状液が少しずつ小石を凝結していき、石灰質の作用によってコンクリート状に固まってできる。日本では滋賀県・岐阜県境の伊吹山が主要産地である。

出典-Wikipedia

実物はコレ。

さざれ石

初めて見た人は10人中9人は「!」とおもうはず。

これを手渡されたら「どこの解体現場から貰ってきた?」とつい、言ってしまいたくなるのは私だけ?

では「解体現場から拾ってきたコンクリの塊」と「さざれ石」の違いはどこにあるのでしょうか?

お店の人いわく「天然か人工かの差ですね」キッパリ。

そうなんです「天然のさざれ石」は「雨水によって溶けた石灰岩は粘着力とても強く、そのため周囲の小石を凝結して1つの塊にしちゃう」=「小石が石灰質の作用によってコンクリート状に固まってできたのが天然のさざれ石」

石が単体でパワーを持ってどうこうする、

パンフ

真ん中の大きなパンフレットにもよーく見ると「伝承石」と書いてあるし。

じゃぁ、この「天然のコンクリの塊」が何故、国歌にまで謳いあげられたのか?

ザックリ言っちゃえば・・・

君が代の「さざれ石の巌となりて」というフレーズに注目です。

これは「小さなさざれ石(細石)が長年をかけて、巌という大きな石になるまで」と、言う意味で、大きな年月を示すものとして引き合いにされているようです。

これが転じて「みんなで一致団結しよう!」的な事のシンボルというか、具現化した一例にされているようです。その辺がパワーストーンとは違う点です。

石自体に力?はなくて、それから発想した人々の熱い思いが石の価値とか重要性を加速させています。

ある意味、とても日本的な発想です。だから国歌にまで謳われたんでしょう。

同じ要因によって出来上がった「巌となったさざれ石」は全国各地に存在しており、いずれも神聖な力によって出来上がったものとして神社などに祀られています。もしくは「神聖なもの」として寄贈されたりしています。

偶像崇拝?と、いったら罰があたりそうですが、まぁ、そんな感じです。が、このような感じはとても日本的なため、この石の愛好者?ファン?は確実にいます。

お歴々の写真

 奥の壁にはそんな愛好者の方々の写真コーナーがありました。で、どんな方々かと言うと・・・

マリオになった人

先日マリオになっていた人。

以前ニュースで話題になった人

以前、ニュースで謝罪していた人。

テレビで見た人

テレビでよくコメントしてた人など、お歴々がわんさか。

小石が集まった大きな固い石(巌)になる!・・・この団結感とかが好まれているようです。

他にも会社を設立した人とか、あと甲子園のチームに贈る方もいるようですよ。

君が代に出てくる「さざれ石」は浄化は出来ませんが「一致団結」で需要があるようです。

3ケ月に1個は売れるんだって。

ハイブリットさざれ石

で、ここの会社の方々は本当に正直で親切な方々です。

「浄化作用が強力です。秋葉原の渦巻くカオスも浄化してます!!」とかは絶対に言わない。当たり前だけど。

でも、自分達の扱っている「さざれ石」が浄化作用が無いけれども、世間一般で言われている「さざれ石(細石)」は浄化のパワーストーンとして需要がる。

同じ読みの商品・・・・お互いの良いところを差し出す形で出来たのが多分、上の「パワーストーンさざれ石」

「招福開運」って、書いてあるでしょ。

パンフレットにも載ってます。「実案新案申請中」って。掛け合わせ商品と言うよりは「ハイブリット商品」か。

因みに「浄化作用がある」と、言われているのは塊の下にひかれている「細かい水晶」

これが「細石(さざれ石)」として流通しています。

パワーストーンさざれ石

お値段は、化粧台サイズ:幅330ミリ×奥行き210ミリ×高さ30ミリの(小)で税込みで5万8000円

まとめ

 オリンピックの国際的な場所で流れる国歌「君が代」。国内では歌う場で色々と物議を醸したりしてるけど、でも日本人なんだし、いいじゃない。

浄化作用とかミラクルは起こせないタイプの石だけど、見た目は「解体現場からの寄贈品」みたいだけど、でもそこには確実に日本人の大和魂に通じるものがありました。

パラリンピックでもたくさんの君が代が歌えると良いなぁと、切に願っています。

美濃坂のさざれ石はコチラのサイトで購入いただけます。

スポンサーリンク



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です