超絶・豚肉レシピ!呆れるほど簡単・ガチうまっ!豚チップの作り方

buta_chips
yakiudon_butachips

もし、買ってきた豚の薄切り肉が、ちょっと脂身が多めに付いていて残念な気持ちになったことのある人、手をあげて!!もしくは、多少太っても良いから確実に美味しいモノが食べたい人、集まれっ!!な記事です。もはや、この簡単さは「豚肉レシピ」の枠を超えてます!(とか、言いつつもダイエット的な要素も入ってます)

スポンサーリンク



百聞は一見にしかずなので、取りあえず作ろう!!豚Chip

例えば、超・お買い得な豚の薄切り肉を買ったけどパックを開けたら写真下のお肉のように、片端に脂身がドーン!なことってありませんか?

脂身を捨てるのは勿体ないし、かと言って普通に食べたら「ただ太るだけ」。どうせ太るのなら「美味しく食べたい」。さらに言えば、食べた人に「おっ!これ美味しいじゃん!」とか、言って貰いたい。そんなあなたにこの豚チップ」は救世主になりますよ。

butaniku

豚ロースの薄切りとかでよくアルアルな脂の付き方

で、「豚チップ」は下の豚肉の左側の脂身を使います。脂を取ったヘルシーな上のような形のお肉はまたどこかで使って下さい。

 

buta_chips1

冷たいフライパンに重ならないように並べます

まず、油も引かず、火にもかけていない、出したての冷たいテフロン加工のフライパンにペタペタと豚の脂身を重ならないように並べましょう。

 

buta_chips2

並べ終わったら弱火で着火!

油が引いてないとか細かい事は気にせずに着火!弱火で放置しましょう。気長に待ちます。そのうち肉に僅かながら火が通ってきて白っぽくなりだしますから。

 

buta_chips3

20分位すると肉がジクジク言ってきます

20分位すると薄い湯気のようなものが立ってきて、ジクジクと肉が鳴き出します。よーく見ると、脂身が溶け出してきています。でも、まだまだです。

 

buta_chips4

そろそろ肉の焼ける良い匂いが立ってきます。肉好きには溜まりません

これが25分目位。でも、ここで情けをかけちゃいけません。まだ責めます。

buta_chips5

ひっくり返すとこんな感じ

ひっくり返してアップにするとこんな感じですが、このノリで全体をカリッカリにしたいんです。

buta_chips7

かなりきてます!あと、もう一息と言ったところ

かれこれ30分超えてます。油がかなり出ていますね。

buta_chips6

脂身から溶け出した油がこんなに!

透明な油=ラードがこんなに溜まります。これを普通に食べてたら、なんか「油っぽ〜い」と感じるはず。

 

buta_chips8

遂に完成!!キッチンペーパーに乗せて油切り!!

自らの脂で身を焦がす!!ちょっとラテン系な恋愛のようですが、無事に豚の脂身はカリッカリに揚がりました。キッチンペーパーでよ〜く油切りをして下さい。

buta_chips9

アップで見るとこんな感じ。もうブヨブヨの脂身なんて言わせない!

これに粒胡椒と粗塩を振って出来上がり。豚汁などの汁物のトッピングにする場合は塩・胡椒は振らずにそのままで。

お洒落にしたければサラダのトッピングにも最適。

これをお酒のつまみでポリポリするも良し、熱々のご飯にのせて醤油なんかかけて、健康とか太るとか関係の無い勇者はバターも乗っけちゃってガツガツ食べると至福さが増します。

この豚チップは特に男子ウケが良いようです。

あと、通常のお料理のトッピングに使われるのもアリです。日本人の好きな触感のカリカリ感とコクの両方を持ち合わせてます。変な例えですが「焼いた油揚げ」のお肉バージョンでしょうか。

スポンサーリンク



ここでちょっと豚肉を擁護します

散々「デブ」とか言っておきながらの情報です。

豚肉は鶏肉などと比べて「なんか油っぽくって、太りやすそう」と、誤解はされています。

豚肉は高カロリーな食品と言うよりは「栄養価の高い食品」です。

特に注目したいのは豚肉に含まれるビタミンB1。主な働きは「糖質の代謝を促進する」です。人は糖質を摂取することで、血糖値を上げて脂肪をため込みやすくする性質があります。

今、流行りの糖質ダイエットがその構造を逆手に取ったものですね。実はビタミンB1もそれに近い効果を期待出来るそうです。あら、びっくり!!

さらに豚肉の中でダイエット効果が期待出来るモノとして、カルニチンがあります。こっちは、摂取することにより「脂肪燃焼効果の向上」が望めます。

高タンパク低カロリーの代表選手みたいな鶏肉と比べても、豚肉にはカロニチンが7倍も含まれています。

 

まとめ

 

buta_chips10

不飽和脂肪酸だから冷えると白く固まります

 

豚の脂は不飽和脂肪酸だから冷めると白く固まります。この脂を高脂血症の元と捉えるか、旨味のあるラードと捉えるか?ようはその人の意識の持ち方、付き合い方だと思います。

残ったラードは器にとって、次回の炒め物などに使います。脂身を取ったあとの「赤身の豚肉」は野菜などを巻いてトースターで焼いても美味です。

いつものお味噌汁のトッピングに豚チップを出すと、なんか「今日はちょっと凝った料理をしたのよ」的なアピールも出来るとおもいます。実際、ひと味違いますし。

健康に良くても美味しくなかったり、栄養的に正しくても一緒に食べてる人に「おっ!うまっ!!」と言わせられなかったり。

不健康も良くないけど、取りあえず食べ物は基本「命を頂いている」んだから、楽しく,無駄なく、ありがたく頂きたいと思ってます。

yakiudon_butachips1

必殺の「豚チップとトロトロ目玉焼き乗せの焼きうどん!」完成

 

この記事が役に立った!オモシロイ!と思われたらシェアして頂いたら嬉しいです。よろしくお願い致します。

 

 

スポンサーリンク



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です