50代専業主婦がバイトに出て本社と現場に感じた疑問と変化

無理に挑戦するイメージ写真
チャレンジのイメージ写真

9月22日からバイトを始め
社会や仕事に慣れるのに精一杯で
余り周りが見えていなかった者です。

そろそろ1ヶ月半になり
諸先輩の叱咤激励のお陰もあり
半人前チョイくらいには成長しました。

そうしたら別の問題が見え隠れして来ました。

つか、気がつきました。

もしかしたら私が間違っているのかも知れないし、
世間知らずで認識が甘かったのかもしれません。

でも、この違和感はどーしたもんでしょう。
そしてこの違和感を私はどう対応したもんでしょう。

スポンサーリンク



現場のリアル労働時間と本社からのお達し

アレ?その1

9月22日(木)からバイトを初めて
9月は5日間勤務しました。

募集では確か「15時から20時までのバイト」
と書いてあったので
自分の生活時間にちょうどと考え
応募したのを覚えています。

バイト初日、15時からの仕事スタートと考え
14時45分には厨房に入りました。

そしたら唯一の正社員であるコックさんが言いました。
「タイムカードを押すのは15時16分から29分の間で」と。

私より社会人経験の長いお局先輩が教えてくれました。
「労働基準法的に5時間働いたら
30分休憩を取らせなくてはいけないから」
だから「15時15分過ぎに打刻する」そうです。

アレ?その2

お局先輩に言われました。
「あんた、仕事が時間内に出来ないんだったら
早くきてやんなさいよ」

また別の言われ方もされました。

「あんた、自分の手が遅くて
時間内に仕事が出来ないんなら
タイムカード押してから続きをやんなさいよ」

総括としては「だって仕事ってそーゆーモンでしょ」。
ようは「自主的なサービス早出&残業をしろ」です。

1ヶ月をちょっと過ぎた頃に面接をした
本社の人がお局先輩が帰った後に様子を見に来ました。
「どうですか?」と聞くので
サービス労働も含め
お局先輩から頂いた
諸々の叱咤激励のセリフを
脚色抜きで正直に話しました。

流石に言葉を失っておられました。
「まさかそこまで凄くなっているとは・・・」
今までお局先輩が吹っ飛ばして辞めさせた人は
10人は軽くいるようです。
その中でも私への風当たりは強いようです。
色々な理由はあるでしょうが、
「遅番」の最終便のため
「お局先輩と自分が2人きりの密室状態」
になる事が激しさに拍車をかけるようです。

彼女は自分の感情の蓋が怒りでスグに飛ぶタイプです。

本社の方は
「私たちはサービス早出とか
サービス残業とか、そんな働き方は求めてませんから」
と、言っていました。

アレ?その3

が、10月末のある晩。
相方先輩と2人で厨房を走り回っていたら
本社の方とコックさんがなにやら話しておりました。

で、仕事が終わってドアに貼ってある
シフト表を見た相方先輩が異変に気が付きました。

「なにっ!コレっ!?」

シフト表の勤務時間の部分が
ソッと手描きで修正されていました。

「15:30〜20:00」が「15:30〜19:00」に。
ボールペンでサクッと。

以前、お局先輩が言っていた
「2人勤務なら8時終わりじゃなくって7時半よっ」
お局先輩の予告通りになりました。

そして、本社の方も正社員であるコックさんからも
「正式な発表が無い」まま
既成事実が成立した感じです。

この7時半で全ての仕事をアップするのは
私以外の「諸先輩達が全力でやってやっと達成出来る」
そんなレベルの時間です。

どう考えても無理です。
サービス残業を強制してないけど
でもこの時間設定はなんなんでしょう。

スポンサーリンク



まとめ

「2人組なら仕事終わりは7時半」
この無言のお達しが来てから相方先輩が変になりました。

「8時終わり」の時は
「急がないで良いから確実にしていこう」
「終わらなければ8時にタイムカード押してから
ゆっくり片づければ2人なら良いんだから」と、言っていた人が
鬼のように7時半を目指し出しました。

多分「8時までを稼ぎの時間」とギリギリ自分の中で納得
させていたのかもしれませんが、
本社からの一方的なお達しに
心の中の何かが限界に達したのかも知れません。

時間の切り売りであり、
雇用の調整弁であるバイトやパートの
人権とか労働環境とか、
そーゆーモンは無いんだと肌で感じました。

自分の中でも何かが変化した気がしました。
誰も今回の決定について腹を立てていても
直接、本社に言えてません。
パートも正社員のコックさんも皆おかしいと思ってもです。

人に雇われて働くとはどんな事が少し分かった気がしました。

 

 

スポンサーリンク





 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です