50代主婦がバイトを辞めるまでの段取りとその後の経過報告

本日買った名刺入れ
バイトを辞める決心をした時の心境イメージ

バイト、辞める事にしました。

「バイト辞めます」と、文字に書くと簡単ですが
良い年をした大人ですので
ちゃんと雇用契約書に書かれていた事を守ります。

「退職に関する事項」の2
『自己都合による退職の場合
(退職する1ヶ月以上前に届け出ること)』

相方先輩が帰省してる最中の12月1日に
お局先輩がとても良い球を投げてくれたので
それを裏で「力一杯返球」させて貰いました。

相手の力を利用する。
ちょっと合気道と通じる物がありました。

それと今回の記事は丁度良いタイミングで
先輩のブロガーさんが
「年末年末ブロガー連動企画」をされていて
内容も被るのでここにも相乗りしました。

「#bmeishi」・・・「名刺入れ」に関してです。

スポンサーリンク



退職をするにあたり気を付けたことなど

「バイトを辞める」にあたり
気を付けたことが2つあります。

1つ目は「キレイに辞めるための段取り」
2つ目は退職申請後の
「退職する日までの過ごし方」でしょうか。

新人クラッシャーのお局先輩が原因で辞めた人は
10人はくだらないようです。
事実、私の前の人は退職予定日より前に
出勤表に勝手にバツをつけて
突然ブッチされたので
穴埋めで入りたての私の出勤日が増えました。

今のバイト先は完全に私の生活圏の中にあります。
むしろ、この前を通らないと駅に行けません。
相方先輩の家の前も通らないと駅に行けないし
彼女とはスーパーでも遭遇してるし。
それ以外でも諸先輩達と道で結構すれ違います。

そのため「ブッチ」は出来ません。
逆から言えば私に残された道は
「円満退社」しかないと思ってます。

退職する表のメイン理由は
「同居する義母の介護と叔母の介護」です。
サブ的な理由としては・・・
「介護などで万全では無い状態で出勤した場合
皆様に迷惑をかける可能性が高いから」

このサブ的理由をもっと平坦に説明すると
「弱みを持った状態でお局先輩と組んだ場合
フルボッコな目に遭うのが恐いから」でしょうか。
彼女は人の弱い部分、苦手な部分を探し出し
これでもかっ!とピンスポで攻撃する才能があります。

今回はこれを前面に出してみました。
彼女の今までの行動や発言を職場の方々は
みな良く知っているので理解はされました。

有り難いことです。

また「キレイに辞める段取り」の中で
順番はとても大事でした。
ココはとても意識しました。

相談したら絶対に強力に引き留めてくれる
相方先輩が帰省中の12月1日。
今日「辞めます」と言えば最短なら年明けの元旦。
1月1日には辞められてます。
が、年末年始と言う事も配慮して「1月10日」
を最終日にしました。

まず「現場の責任者で正社員のコックさん」に
その旨を伝え、彼の了解を得ました。
で、「では明日、エリアマネージャーに電話します」と。
翌日、面接をしてくれた
本社のエリアマネージャーに連絡。了解をゲット。
次の日は1番仕事が出来てリベラルな古株先輩Aとの
シフトでしたが「辞める」等の話しは一切せず、
その翌日の帰省明けで職場復帰した相方先輩に告白。

私が辞める事で1番迷惑を被るのが相方先輩です。
そして、今まで散々お世話になったのも彼女です。
ですから、私が辞める事を
他のルートから耳にして欲しくなかったので
彼女に直接言うチャンスを待ちました。

今、現在、私が辞める事を知っているのは
「コックさん」「エリアマネージャー」
「相方先輩」とそして相方先輩が話ししちゃった
「普通先輩B」だけです。

明日、古株先輩Aとのシフトですので
彼女にもカミングアウトする予定です。

退職活動中で今1番気にしていることは何か?

答え:「お局先輩の逆襲」
スゲー恐いっ!!
どのタイミングでバレるかと言えば・・・
「1月のシフト表が出た時」でしょう。
だって、1月10日以降に私のシフトが無いから。

お局先輩以外の人とのシフトでは
通常通り3時ちょい前に厨房に入ります。
しかし、同じ仕事内容ながら
お局先輩との時は2時には入ります。

自己保身とも保険とも思いますが
早めに入って準備します。
それでも「手が遅い」のなんの言われます。
が、食事の提供時間や終わりの時間には
遅れてないので一応「問題が無い」
状態ですので、サービス早出も無駄では無いです。

もし、私が辞める事が発覚したら
絶対に言いそうな台詞があります。

「あんたねぇ、辞めるからっていい加減な仕事しないでよ」

がーーーっ、言いそう。
全力で仕事していても言いそう。

だって、自分が「パン皿」入れ忘れた事があったのを
「なんで数えないんだ!」と言って来た事がありました。

「えっ!?だってそれ入れるの先輩でしょ・・・」と、
思っていたけど口に出せないでいたら
「あんたは、自分の事じゃないからそーゆー態度なんだ」。
スゴイ切り返しで返す言葉も失いました。

先輩の仕事を全て疑って、
全部自分で数えて確認しなくてはいけない職場ですか?

現時点で12月一杯のシフトは出ています。
来週・再来週は「週5」の鬼シフトです。
何故なら子供がまだ学生の普通先輩Aが
「休みに入ると子供が朝練で間に合わないから〜」
と、平日の昼間に帯でシフト表に×を入れました。

彼女は面接の時に
「子供の学校行事がある時は休みます」と
「週3のシフトで」を申請していました。
相方先輩の「帰省する時は1週間休ませて下さい」
もOKする、ある意味、この職場は
「面接時に言った事は履行される」会社のようです。

こう書くととても優良な会社に思えますが
実態はほぼブラックです。

話しを戻します。
普通先輩Aは
「週3日勤務」=「週3×4週間=12日勤務」
と、捉えているようで・・・
逆から計算すると
「月30日−12日=月18日は休める」
と、なりお陰で年末のこの時期に
2週続けて平日にドッカーンと
連休状態で休みを申告されました。

お陰様で私と相方先輩はパツパツです。

まぁ、12月1日に退職希望を申請する
私が言えた立場ではありませんが、
ぶっちゃけシンドイですね。

とくに来週は2度もお局とガチ。
吐き気がしそうなほど気が重いですが、
辞めると思えば耐えましょう。

スポンサーリンク



退職して自分の人生を取り戻すための活動報告

以前のこちらの記事でも書きましたが
今回のバイトのお陰で自分が
「何をして稼いで人生を切り拓きたいか」
が、お陰様で明確になりました。

http://good-luck50.club/challenge-job11/

この記事のさらなる経過報告にもなります。

[異業種交流会にまた参加している] 前回と同じ交流会ですが、
今回は同じブログ仲間でもある
現役のコピーライターさんを会に誘い
「やはりこのままでは終われませんよね」と、
心を強くする。

[参加したセミナーから話しが発展した] セミナーあるある的な感じですが、
「で、良かったらウチの会社に登録しませんか」
な展開になりライター登録したら
「試しに記事を書いてみませんか?」になり、
企画を出して、記事を書いてみたら
(この間、案の定ハード面に疎いから紆余曲折があったけど)
その記事がOKになり12月の中頃には掲載になるらしい。

因みにこの「PVモンスター」と言う会社は
一般のクラウドソーシングとはちょっと違っていて
1記事いくら=原稿料ではなく、
その記事を見てくれた
プレビュー数にギャラが反映される感じでしょうか。
だから、その記事が掲載され続けている間は
僅かでも?毎月チョロチョロとお金が入るようです。

[アフィリエト先の販売会社を取材し記事起こしをしてる] ダメ元で出した取材のお願いが通って
取材したのは良いけれど・・・・力一杯書きすぎて
現在1万5000語超え・・・・。

その商品に対しての記事のボリュームとしては
ある意味、無敵?に近いけど、
果たしてこれで良いのか思案中。
ただ、誰もやったことが無さそうだし、
今更、失うモンも無いし取りあえず
これに先様から貸して頂いた資料の画像とか
インタビューの書き起こしを加えて
多分、2万超えの大記事を目指そうとしてます。

事前アンケート部分の原稿を担当者に送って
赤が入った所を反映して止まってる状態ですね。

どうなんでしょうね、SEOとかグーグル様的には?
1商品に対して2万超えの記事って?

でも、これが書けたら、これを小分けにして
さらに記事数を増やしたら少しは検索からの流入増えて
売れるだろうか???と、文章で稼ぐ道模索中。

[来年の準備を始める] 2017年は「本来の自分復活」
狼煙を上げる1年になると思います。

「文章で稼ぎたい」が本音です。
「文章で食っていきたい」んです。

55歳のポンコツが何を言っているんだかですが
「諦めたら、そこで試合終了ですよ」
(あ、安西先生、バスケがバスケがしたいです・・by三井。)

そんなワケで本日「名刺入れ」を買いました。
「#bmeishi」

今日買った名刺入れ

アルミ製の軽い物です。がさ張らなくて良い感じです。
パッケージには
「GLOBAL  CONTACTS」とあります。

名刺入れの箱
直訳すると「グローバルなコンタクト」
なんじゃ、そりゃっ!?!?
グローバル=世界的規模であるさま。
コンタクト=接触。連絡。

このグローバル名刺入れのお陰で
バイトの年季が明けたら名刺も刷ろうかな?
と、思い始めました。

どんな自分になれるのか?
今更、文章で稼げる人になれるのか?
私が現役の時と業界は様変わり・・・
むしろ不景気の嵐が吹き荒れて
ツンドラの様になってます。

でも、その凍った凍土の下には
熱いマグマがあるはずです。
だって、社会は商品は
それでも回ってる(流通してる)んだもん。
経済(マグマ)は確かにあるにはあるし。

ただ、やり方や流れがスンゴク変わったんです。
業界の先輩や同僚はほとんど凍死してます。

けど、家庭に入って温存されてた自分は
どこに行っても未熟で、
裏を返せば籠もってた分
育ち損なっていたから、
だからまだ(年は取っているけど)伸びしろは
アルんじゃないかと。

繰り返します。

「諦めたら、そこで試合終了」
なので、自分は文章で稼ぎたい人であるっ!
と、名乗りを上げます。

「コピーライター」もしくは
「ブロガー」と書かれた名刺を入れる
金色のグローバルコンタクトな名刺入れを持って
2017年、世間と身の程をしらないオバサンは
「自分らしく稼ぎたい」を旗頭に
暗中模索・五里霧中・七転び八起きで
多分、参りますので何かご用命がありましたら
気軽に声をかけて下さい。

追記:2017年9月自分で見つけた新しい働き方の提案

老人ホームを辞めた後、知り合いの紹介で「学童保育のP.P」をしています。
P,Pとはプレインパートナーと言って、子供を世話しながら遊ぶバイトです。

しかしこの学童、地域によって差があるようで
私が現在いる学童はホームとは逆のしばりがあります。

「過剰労働を防止」するてまの「労働の上限」です。
6ヶ月勤務すると次の7ヶ月目は「休み月」になり
出勤停止=1ヶ月無収入になります。

週に3回位が限度で、1回のシフトで働ける時間も3時間か4時間。
そのためダブルワークを認めています=しっかり稼げない。

次に出会ったのが「タスカジ」です。
NHKやバナナマンが司会をしている「沸騰ワード」を始め
色々なメディアで話題になっていました。

「伝説の家政婦 志麻さん」やタスカジ四天王のレシピ本などで
かなり有名になっています。

「タスカジ」は従来型の家事代行サービスとは違います。

一般的な「家事代行サービス」はスタッフを雇用して
お客さんの依頼を受けたらスタッフを派遣する形でした。

タスカジは「ハウスキーパー(=タスカジさん)と家事を
依頼したい人が出会えるシェアリングエコノミーシステム」なんです。

ちょっと伝わらないのでもう少し分かりやすく説明します。

タスカジと言う会社は人気ドラマの「逃げるは恥だが役に立つ」の新垣結衣さんと同じです。
彼女の場合、「家政婦紹介所を介さずに個人契約」で仕事をしていたでしょ。
タスカジもほぼソレです。

さらにタスカジは高時給です。

スポットの1番低い時給が1,500円で、これが定期依頼だと1,200円になります。
私はスポットの依頼を受けているのでいつも1,500円です。

なにより、タスカジの「約3分の1の方が時給 2,100円」の事実は凄いです。

自由に決められるのに高時給で働ける

時給1,200円〜2,100円 ご依頼者からの評価や お仕事ぶりなどにより設定可能額がアップしていきます。 現在タスカジさんの約3分の1の方が時給 2,100円で お仕事をされています。1回の依頼でのお仕事は 3時間固定で、交通費は時給とは別途、全額現金にて 当日支給です。

出典:タスカジ公式サイト https://taskaji.jp/keeper/fun/?key1=taskaji.jp&key2=/?lang=ja&key3=float-btn

現在、私はブログやアフィリエイトサイトからも収益を得ようとして
日々奮闘しています(パソコンスキルやネットビジネスの知識が薄いから)。

週3回で学童のバイトもしています。
ライターとしての仕事も値段によりますがやってます。
(しかし、あまりに低すぎて近頃は不成立になってます)

そして、新しく「タスカジさん」としても船出しました。
こちらは楽しいです。そして時給も有り難いです。

当面の目標は「目指せ時給1,800円の女」でしょうか。

「ヒグチさんは台所仕事が得意だから・・・・」と、
言う人もいるかもしれませんが、反論します。

確かに「家事は好き」ですが、「無資格」です。
栄養士や調理師の資格も持っていません。
ただの「家事好きの素人」です。

でも、気持ちの持ちようでプロになれます。

「タスカジ」を利用して私は「起業した!」と、思っています。
だって、「フリーランスの家事代行サービス」者なんですから。

普通、起業した場合の壁の1つに「集客が出来ない」があります。
思うように「お客さんを呼べない」問題です。

でも、タスカジは「家事代行サービスのマッチングサイト」だから大丈夫なんです。
そう「お客さん」と「私」を引き合わせてくれる=マッチング!!してくれます。


ここまで私の記事を読んでくれたアナタへ。

自分の人生を切り拓くのは自分しかいないんです。年齢や性別とか関係ないです。
逆から言えば「諦めなければ」オバサンでも活路は見いだせます。

説明会・登録に一切お金はかかりません。

今までコツコツと培ってきた家事力。
スクールや塾なんかに行かなくてもアナタの中にちゃんと育まれている
その力が収入になります。

救いの手や一攫千金を待っていても状況は良くならないと思います。

気になったらまず動く!コレが意外と奇跡を引き寄せます。
公式サイトにはもっと色々な情報を見ることができます。

【まずは以下のバナーをクリック】
アナタと同じような女性達がワクワクして仕事をしています。
無理だと思っても、それは試していないから。
意外とクリア出来る事の方が多いです。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です