退職したイメージ

バイトが無い生活にようやく慣れてきた者です。
お陰様で「円満退職」が出来たので
その後、相方先輩と道で会っても
逃げも隠れもせずちゃんと付き合えている自分です。

そこで、今回は「辞め方」について
考えてみました。

今、せっかく就いた仕事を辞めようと思っている
自分と同じような女性・・・おばさんの参考に
この記事がなれば幸いです。

スポンサーリンク



50代おばさんが退職する時にするべき事・やってはいけない事

色々な事情があって仕事場を去ろうと決意した場合
やはり「大人」なので
社会人としての礼儀は順守したいです。

例えば「雇用契約書」があればそれを読み直して下さい。
「退職するならその希望日の1ヶ月前には言って下さい」的な
一文があるはずです。
「書いて無い」もしくは「雇用契約書を貰ってない」場合でも
やはり「残る人」の事を考えて
「退職希望日の1ヶ月前」にその旨を伝えるのが良いと思います。

確かにソレを言った後の引き留めや
退職日までの1ヶ月は居心地が悪いです。

けど、それは仕方ないと諦めて
大人の意地!?を通して下さい。

絶対にして欲しくないのが
「急に来なくなる!?」=ブッチする。
また、大人なのでいくら気まずくても
「メールや電話で済ます」のも止めて下さい。

ちゃんと顔を合わせて自分の思いを伝えましょう。

上司にとっては貴女の
「退職宣言」は不意打ちだし
それは貴女が思っているよりショックなはずです。
貴女が辞めた後の仕事は続くので
残るメンバーへの仕事の割り振りや
新しい求人の準備など
色々な事が貴女が辞めた後に派生します。

思う所があって辞めてしまうとはいえ
取りあえず今までお給料は頂いていたのだし
新人の貴女に色々と教えて
お世話をしてきた人はいるはずです。
不満や憤りはあるとは思いますが
貴女には大人として
「きちんと誠実な態度」を貫いて欲しいです。

50代おばさんが仕事を辞める時は退職理由がポイントになる!

ここで肝心なのは
「一度辞めると宣言したらそれを貫く」です。
前の記事でも書きましたが
私の職場ではお局先輩の圧迫指導に耐えかねて
辞める人が続出しました。

でも、何故かお局先輩は
「退職宣言」をした途端その人に
手のひらを返したように優しくなる
迷惑な傾向がありました。

そのため宣言を撤回して
「じゃぁ、やっぱり職場に残ろうかなぁ?」
と、やった人がおりました。

これはみっともない?ので止めた方が良いです。
結果、その方は周りを振り回して
最終的には居なくなりました。

「辞める」と宣言したら後ろは振り向かない。
退路を断って、腹を括った状態で宣言して下さい。

話しは逸れましたが
肝心の「50代の女性の退職理由」について
考えてみたいと思います。

「仕事がきつくて辞めたい」
「体調がすぐれないので辞めたい」
「苦労の割に給料が見合ってないので辞めたい」
「職場の人間関係がイヤで辞めたい」
等々、辞めたい理由は色々とあります。

しかし、それを正直に伝えても
スンナリ辞められない可能性は大きいです。

何故ならこれらの理由に対して
「雇用側が譲歩できる隙がある」からです。

「シフトを減らすから」
「その人と組ませないようにするから」
「1週間くらいゆっくり休んでまた出勤して」

「じゃあ、こうしてあげるからもう少し頑張ろうよ」
目の前でこんな風に言われたら
辞める決意も鈍ると思うし
歩み寄ってくれている人に対して
「それでもイヤなんですっ!」とは言いづらいです。

ここでグダグダになって
最終的に辞めるにしても
残るにしても後味は悪いです。
特に居残ったけど「やっぱり辞める」と
なった時は今より数倍気まずい目に遭うと
覚悟した方がよいでしょう。

では、どうするか?
答え:「上司が立ち入れない種類の理由」を提示する。

50代の貴女の場合
個人的にベストだと考えたのは
「老親」を退職理由にする。

結婚してなくても「親」はいると思います。
義理でも実の親でもかまいません。
50代の親なら多分70〜80代。
急に状況や具合が悪くなることは十分に考えられます。
そしてお年寄りの状態含め
家庭の状況など個人差が大きいのも魅力です。

自分達より若い世代だと
「子供が受験で・・・」を理由にする人もいますが
雇う側からしたら
「そんなの前から分かっていたでしょ」だし
もしくは「じゃ、受験が終わったらまた来てよ」
と、言うパターンもあります。

とにかく辞めるならスパッ!と辞めて下さい。

「旦那さん」がキッカケも悪くはないです。
しかし、職場が自宅と同じ地域で
職場の人とご家族がニアミスする可能性を考慮したら
やはり「お年寄り」理由の方が良いかもしれません。

嘘をつくのは良くないと分かっています。

しかし、もう「この職場を去る!」と
気持ちが決まっているのなら
出来るだけ穏便に
双方が傷付かない方法を考えるのも
大人として、社会人としての思いやりだと
私は考えました。

目指すは「円満退職」であり
辞める自分の気持ちは「卒業」に近く
職場に残る人達からしたら「送り出して上げる」
ような状況設定が可能な理由を真剣に作って下さい。
(あえて嘘とは言いません。でも本気で作りましょう)

「老親」を理由にする際は
嫁や(老親からしたら)子供という立場で
理由を組み立てると良いと思います。

その時のポイントとして
1/現実的な話しにする。
2/親を殺さない。
3/上司に「それじゃあ、しょうがない」と思わせる。

『2』に関して補足します。
リアルでも嘘でも「亡くなったから」は
理由にしてはいけません。
ワケは・・・
・「じゃぁ、落ち着いたらまた来てよ」と言われる可能性がある。
・人としてそこまでの嘘はつかせたくない。
・故人にしてしまうとそれ以上の展開が望めない。

むしろ「老親」が・・・
「近頃、ちょっと目が離せなくなって・・・」や
「同居する予定になって・・・」の方が全然良いです。

もし、違う職場に再就職した後に
前の職場の人と会った時も
「お陰様で老親が元気になって」や
「ホームに奇跡的に空きが出来て入れたので」
などの「また外に出られる理由」が出来るからです。

また、「老親理由」だと
辞めるまでの1ヶ月の消化試合的な期間を
「貴女が居ない事を認め合う」移行期間に持って行きやすいです。

最終日に「辞めても大変だけど頑張ってね」
と言って貰えるような理由を必死で考えて下さい。

但し大袈裟な話しを作るとボロが出るので
あくまで自分の生活に根付いたリアルな事実に
多少演出を加えるレベルで良いと思います。

スポンサーリンク



まとめ

年代に関係無く
仕事やバイトを辞めたいと感じて
その理由や辞め方に悩む人は多いと思います。

長い人生の中では
「して良い我慢と無駄な我慢」があると思います。
今の職場に居るメリット・デメリットを
冷静に判断して決めた貴女の決定を
私は尊重したいです。

ただ、職場を去るにはそれなりの
ルールがあり
社会人として、大人として
節度ある思いやりも必要だと思います。

自分本位な感情的な行動を取らず
雇ってくれた人
直属の上司
職場に残る人達
様々な人達の立場や気持ちも考慮して
是非、ここは大人の女性として
誠実に対処して欲しいです。

どこで人は繋がっているか分からないし
因果応報と言う事もあります。

昔、どこかで知った諺?があります。

「罰はかぶり、かぶり行けば良い」

これは「悪い事をすると罰があたる」と言うけれど
人は小さな罰をたくさん受けながら
人生を歩んで行くもんだ。
小さな罰を受けながら育たないと
人の痛みや優しさも分からない人になる。
「悪い事はするな」などとキレイごとで
人生は割り切れない。

ザックリ言うとこんな意味のようです。

老親を理由にしたのなら
その嘘の分だけ
少なくとも老親に優しくして上げて下さい。
すぐにとは言わないけれど
その人が困った時は恩返しに
退職理由に使った分を上乗せして
手を差し伸べてください。

補足情報【タスカジと言う可能性】

この記事をここまで読んでくれた貴女へ。
現在、私は週3で学童保育でバイトをしています。
それと、タスカジと言う家事代行の仕事も先月から始めました。

学童のバイトはオバサンには比較的良いと思いますが
しかし、地域にもよりますが私が勤務している地域の学童は
「勤務の上限」があります。

好意的に考えれば「過剰労働の予防」かもしれませんが
1回3〜4時間で、週3がマックスです。
休み月といって1ヶ月丸々出勤停止=無収入になる月が年に2回もあります。
交通費も上限があるため私は少しマイナスを出しています(自腹で来てます)

老人ホームとは真逆な感じの職場です。

そんな私が現在行き着いたのが「タスカジ」です。

50代になった資格もなく、パソコンにも疎いオバサンが
社会復帰を目指した時の壁の高さは半端ないです。

家族などの絡みから外に出られず、一度切れてしまったキャリアです。
このまま、孫の世話でもして、穏やかな老後を・・・・と、
思っていたけど、そんなの今のご時世では無理になりました。

老人ホームから学童のバイトへの流れの中で私は幾度となく泣きました。
家族の為とか、諸々の為に真面目に家で暮らしていたコト、
「家事能力」は一般的な社会では評価されません。

しかし、「タスカジ」は違っていました。

私が真面目に頑張っていた「家事」が「お金」になりました。
私の家事力を必要としてくれている家族以外の人達が待っていました。

貴女がもし、関東や関西にお住まいなら
「タスカジ」と言う働き方も悪くはないと思います。

私がタスカジの説明会に行ったから書ける話しはコチラ

取りあえず説明会に行ってみるのもアリだと思います。
説明会は無料だし、行ったからと言って登録せずに帰ることもできます。

説明会で面接(と、言っても他の人も一緒に聞かれるし)はあります。
けど、履歴書とか必要ないです。履歴書を書く手間と写真代が浮きます。

説明会に行くことで「今」が分かります。
自分(オバサン)の現状や人生の拓き方が見えます。

時給は良いです。
私は1500円ですが、1800円の上が2100円。
ちなみにスポットの1,500円の定期依頼が決定すると時給は1,200円になります。
一見すると下がったように感じますが、違います。

スポットで行く時は「一見さん」状態のため道も初めてです。
グーグルマップで1人で探しながら行きます。
調味料や調理器具の場所も初見です。
それが1,500円です。

しかし、定期依頼なら場所も毎回同じお宅だから迷わないし
諸々の場所も勝手も分かっているのでとても楽です。
それがこの1,200円になります。

以下はタスカジの公式サイトからの抜粋です。
「えっ!」と思うような高収入ですが怪しくはないです。

これは1番ランクが上の人が「スポット依頼」で仕事を受けた状況で試算しています。
最初からこの金額は無理でも可能性は十分にあります。
だって、約3分の1の方が時給2,100円で仕事をしているから。

自由に決められるのに高時給で働ける

時給1,200円〜2,100円 ご依頼者からの評価や お仕事ぶりなどにより設定可能額がアップしていきます。 現在タスカジさんの約3分の1の方が時給 2,100円で お仕事をされています。1回の依頼でのお仕事は 3時間固定で、交通費は時給とは別途、全額現金にて 当日支給です。

Aさんの収入例
1回あたり 時給2100円✕3時間=6300円(交通費別)
1ヶ月あたり 時給2100円✕月120時間稼働=252,000円

出典:タスカジの公式サイトより
https://taskaji.jp/keeper/fun/?key1=taskaji.jp&key2=/?lang=ja&key3=float-btn

もし、「雇われて働く」ことに割の悪るさや先細りを感じているのなら
試しにタスカジの説明会に参加してみませんか。

説明会は、なんでも相談がしやすい様にスタッフ1人、
タスカジさん応募者2~5人の少人数で行っています。

タスカジさんの募集エリア
・関東なら東京/神奈川県(横浜・川崎など)/千葉県/埼玉県。
・関西なら大阪府/兵庫県(神戸など)/京都府/奈良県/滋賀県/和歌山県。
などです。

エリアから多少外れていてもダメ元で言ってみてください。
意外と依頼の地域が広がっていてOKになっているかもしれません。

1番のお薦めポイントは他の家事代行業者とは
働き方が根本から違うところです。

タスカジは「家事を頼みたい人」と「家事で仕事したい(稼ぎたい)人」の
マッチングサービス=両者に出会いを提供するサイトなんです。

「逃げるは恥だが役に立つ」の新垣結衣さんと同じでトコは
「家政婦紹介所を介さずに個人契約」で仕事をしている部分です。

今の職場を離れようとしていて、次の仕事がまだ未定なら
一度タスカジの公式サイトを見てみてください。

そして、是非、無料の説明会に行くべきだと私は思っています。
だって、私がそこで人生好転したから。

ビクビクして職場に行くことも、
「どうせオバサンだから」と卑下することも無くなりました。

タスカジの公式サイトには以下のバナーをクリックすれば行けます。
そこには貴女と同じ年齢と境遇のオバサンが
自信を持って楽しそうに仕事をしています。
自分主体で「仕事の出来る日や時間を設定」しています。
それも「高時給」で。

頑張れ、オバサン!!(自分含む)。行動こそが貴女を救うんです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です