50代・元専業主婦がバイトに出た1ヶ月の気づきと工夫

バイト先で掴んだものイメージ
バイトに出た主婦のイメージ写真

10年間お家にこもっていた元・専業主婦です。
10月22日から週4でバイトに出て、
1ヶ月が過ぎました。

怒濤の1ヶ月です。

その間、家にいたら気づかなかった諸々に
事情・状況はどうあれ気づかされ
それでも、後退はせずに進化・変化は
していたので
今回は「バイト1ヶ月の変化と気づき」
について、同じような境遇の貴女に向けて
記事を書きました。・・・頑張れ、新人(自分含む)。

スポンサーリンク



ど新人として1ヶ月辞めずにバイトを続けた結果と気づき

親睦会をしてくれた

昨夜、バイト暮らし1ヶ月と4日目にして
唯一のメンズであり正社員である
コックさん発信で「親睦会」をしてくれました。

この日は「お局先輩が15時から20時まで1人勤務」
のシフトのため、彼女は参加出来ませんでした。

またお局先輩を「お局先生」
もしくは「神っ!」とリスペクトしている
普通先輩Aも「急に言われても都合がつかないですぅ」
なタイミングで親睦会の件を知らせたようで
彼女も来られませんでした。

もし、貴女がバイトやパートに出て
辛い目に遭っていて
余裕がない日々を過ごしていても
もし「親睦会」もしくは「飲み会」の
誘いがあったら
最初の1回は絶対に参加するべきです。

何故なら、それは「貴女のための親睦会」だからです。
自分が休みの日になんで?とか
私、お酒が飲めないから・・・とか
言わずに、まずは職場の人と職場以外のところで
交流するのはとても意義がありました。

親睦会に参加するメリットは2つあります。

1/自分を支援してくれる人が確認出来る。
これは心の支えになり大変ありがたいです。
新人が孤立無援と思い込むことはとてもツライです。

2/情報収集が出来る。
経営者サイドのスタンスや考え方。
過去の流れ。
これからの流れの予測。
等々・・・・
時間に追われているバイト中では
なかなか聞けない話を
トータルで聞けました。

私個人の事で言えば・・・
お局先輩は少なくとも10人の新人を潰している。
私に対する風当たりは他のどの新人よりキツイ。
(その理由は後述)

会社としては経費節減で最終的には
夜は2人体制で19時半には終了させたいらしい。
(20時の契約で入ったはずだが・・・)

お局先輩以外のバイトは
自分も含めて「扶養の範囲内の働き方」。
しかしお局先輩は「長時間パート」として
扶養をぶっち切った
「いくらでも使って」的な
働き方をしています。

お局先輩を使う会社側のメリットは2つ。
「どのシフトも関係なく入れられるので
調整弁としてとても便利」
「調理を含めどの仕事でも対応できる」

上記2点の理由によりお局先輩はとても
使い勝手の良いバイトになります。

彼女もそのことを自覚しており
これを自らの「売り」にしています。
だから、彼女は
「自分は会社に認められており安泰」
さらに「絶対王者の地位は永遠」だと。

ただ、彼女には1つの盲点があります。

それは彼女が「新人クラッシャー」な事が
会社にもバレている。
「新人の定着率が悪いのは彼女の仕業」と
会社上層部も把握してる事実
を彼女が知らないことです。

しかし、便利なバイトのため野放し。
結局、会社に取って便利な部分は利用され
副作用のような部分(例えば新人潰しや自分基準での変更)は
「周囲のバイトが持ち回りで痛み分け」=リスクヘッジ

また、私への風当たりの強さの原因の1つに
「夜はお局先輩と2人きりになる」
=「第三者の目が無い」ことが一因のようです。

お局先輩も人の子で、
コックさんや他のバイトのメンバーや
カウンター越しに介護スタッフさんが
居るときはそこまで酷い言い回しには
ならないようです。

「良い人」もしくは「有能な人」でいたいんでしょう。

しかし、私との時は誰も居ません。
彼女と2人きり。
ホームの食堂との間仕切りのシャッターを
下ろして「密室」になってからは
かなりヒートアップします。

お局先輩が私に対して
何をどう言ってくれるのか
取りあえず他の諸先輩とコックさんには
ほぼ全部伝えられました。
結果「えっ、そこまで酷いの・・・」
と、驚かれました。

諸先輩から頂いた言葉としては
「ここまで頑張れたんだから辞めないでガンバろ」

取りあえず、今回、親睦会に参加して
「これからの1ヶ月で1人前を目指します」と
先の目標が立ちました。
1人前の諸先輩と同じラインにまず立つ。

1人前になってもミスは起こる時は起きます。
けど、それを2人でフォローしあい、
チェックしあい、ミスを未然に防ぐまでにしたいです。

オンとオフを意識的にハッキリつけるようにした

「仕事は大切だけど、でも仕事は人生のほんの一部」
と、昔から考えるようにしています。

別に仕事を軽く考えているワケではありません。
むしろのめり込んで私生活が仕事に浸食されるタイプです。

ただでさえも色々あるバイトの悶々で
オフの日をブルーな気持ちで
満たしたくないです。

「オン」「オフ」の気分の切り替えを工夫しました。

1/「オフ」の日に敢えて香水を付けてみる。
化粧をしても忙しすぎて手入れも出来ていないから
当然ノリも悪いし、化粧しても疲れた感じはでます。
そんな「化粧ノリの悪い自分」を見てまた凹みます。

また、明日のバイトのことを考えると
「化粧をして出かけるような浮かれたことは出来ない」
と、変なスイッチが入りました。

でも、香りはフッと動いた時に関知出来るし
何より「バイトの時には絶対にしていないこと」
だから余計に「オフ」を簡単に意識させてくれます。

近所のスーパー行く時だって関係ないです。
だって、オフなんだもん。
化粧するより簡単だし。

香りの癒やし効果はかなりありますね。
別に香水でなくても、アロマを焚くでも
何でも良いんです。香りで癒やされれば。

2/仕事に行く時と行かない時の服装を分ける。
制服があるとは言え、やはり意識的に分けました。

いつもは太い幅のズボンに皮のベルトですが
バイトの時は年相応?の細めのレギンス的な
着替えやすいモノにしました。

前にも書きましたが、履いていく靴も代えました。
脱ぎ履きのしやすい、派手目の靴にしました。
派手にした理由はこちらの記事を読んで下さい。

http://good-luck50.club/challenge-job3/

 

スポンサーリンク



家の中に安らげる場所を作る

お家の中=仕事はオフ。
もしくは「仕事から解放された」

バイトに出て家の中が荒れたらツライです。
バイトでツラくて、家の中まで崩れてたら
やるせなくなります。

「今より良くなりたい。良くなる必要がある」
から仕事に出たんだと思います。
そう、お家から出て。

でも、仕事は人生のホンの一部ですから、
仕事が終わったら(なくなったら)
何も残らないのはちょっと寂しいです。

そう思ったので、バイトで疲れているのに何故?
と、言われそうですが、家の中に手を加えました。

お家の中、バイトに出る前より
何か1つ良くしましょう。
お家の中を進化させましょう。
そうすればオフの日も意識しやすいし
バイトから戻ってもそれを目にすると
「あ〜っ、家に帰ってこれたぁ〜」とか。

とにかく癒やしの場を小さくても良いから作る。
もしくは工夫する。

ベランダでも下駄箱の上でも台所の窓辺でも
どこでも良いから普段、目が行くところに
敢えて手を加えましょう。

私の場合は「トイレ」
と、言っても1万円もかかりませんでした。
東急ハンズで購入した
以下のシールでポチポチやって
3日くらいで出来ました。

トイレのリフォーム1 トイレのリフォーム2

現在、トイレに入る度になんか
「あ、お家だぁ〜・・・」とホッとしてます。

ここで自己弁護します。
トイレの掃除、ほぼ毎日しています。
バイトに出たから
トイレの壁紙がカビたワケじゃないです。
9月末に続いた妙に暑い陽気のせいです。

実際、バイトから戻ってトイレタンク下の
黒い斑点見ると凹んでました。
凹むくらいなら、ならこの機会に直しちゃおうと。

[トイレ改造前] 改造前のトイレ
[トイレ改造後]・・・自慢したいからちょっと大きめで
改造後のトイレ

スポンサーリンク



まとめ

仕事人として社会人として
私にとっては反面教師の
お局先輩と出会い
良くも悪くも色々と気づかされ
学んでいます。

マイナスの中からプラスを探す作業のようです。

人としての今後の働き方
お金の稼ぎ方も考えるようになりました。
孫のいるバァチャンでありながら
起業じゃないですが
自分がお金を生む人になりたいと猛烈に
思うようになりました。
雇われて、与えられている働き方は
いつか限界が来ると。

正社員でもない、
自分と同じパートでありながら
良くも悪くもそれ以上の存在になっている
お局先輩の日常。
彼女の生活の大半はバイト先の厨房です。

ここで彼女は思いっきり自己実現をしています。
終身雇用が保障されているワケでも無いこの場で。

彼女は職場が大好きです。
唯一無二の存在として
今のところ君臨していますが
正社員では無いので
保証も退職金もありません。
でも、定年退職の年齢は設定されています。
その年齢に達すればどんなに優秀でも
職場を自動的に去るようになってます。

パートと言う時間の切り売りで
何かあったときに一番先に切り捨てられる
労働の調整弁である事実。
想定外の理由で職場を去る場合
次の職場は今よりも年齢が行っている分
賃金や条件が厳しくなっていると私は思います。

まだ、この職場で私は半人前チョイです。
働き方云々を言える立場でないのは承知で言います。
「こんな不出来な自分だけど
なんとかしなくっちゃ」と漠然とだけど
でも、切実に考えるようになりました。

取りあえずは11月22日・・・
バイト生活2ヶ月目までに
「1人前」を目指します。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です