10年ぶりにチャレンジした面接への自己対策のアレコレな件

面接にチャレンジのイメージ写真
履歴書写真・大

諸般の事情により
ほぼ丸10年をお家に閉じ籠もって
専業主婦をしていた
ヒグチです。

で、今回、思う所あって
外(社会)に再び出てみよう!?」と、
考え10年ぶりに履歴書と職務経歴書を書き、
説明会にも出て、面接を受けました

1週間以内に合否に関係無く結果はメールにてご連絡だそうです。

時代は変わりましたね。
(10年前と比べたら当たり前か・・・)

そんなワケで10年間、
社会から隔絶された「浦島太郎オバサン」
いかに気持ちを奮い立たせたか、
今でしか書けないので忘れないウチに記事にしてみました。

・・・・まぁ、この記事を読んで「ためになった!」と、
思われる人より、
「取りあえずチャレンジしてみる気になりました!」な人が
1人でも出てくれたら嬉しい
です。

こんなダメダメな自分でも一歩踏み出せたんだから、
大丈夫、あなたなら!!・・・そんな思いで書きました。

スポンサーリンク



10年ぶりにチャレンジするとはどう言うことか?を語ってみる

まず「10年間専業主婦をしている」とは
どう言う状態か
を説明します。

ザックリ言っちゃえば
社会性が凄い勢いで目減りしている」状態です。

元々ナイ社会性がさらに減っているので枯渇しているに近いです。

自分が10年お家にいた間に、
世間はドンドン進化して
パソコンやスマホが
当たり前のように仕事にも日常にも食い込んできています。
笑い事ではありません。

遊びや家族や友達と使う程度のパソコン(ネットやSNS)やスマホと、
仕事で使うソレはエライ違いです。

私が今回、
無謀にもチャレンジしようとしているお仕事は
病児保育
という仕事です。

会社と言うよりNPO法人。
でも、パート代ちゃんとでます。

働くパパ・ママ&お子様を支援するものです。

具体的には
会員になっているご家庭のお子様が具合が悪くなった時に駆けつけて、
ママが用意してくれたご飯を食べさせ、
お薬を飲ませ、
必要な指定の病院を受診し、
ママが返って来るまで子守りをする
お仕事です。

昔、速水もこみちサンとかがドラマでやっていたアレです。

ちょっと家を出たがっていた
(社会に戻りたがっていた)
私を知った息子夫婦が
「お袋、こんな仕事あるけど」と教えてくれました。

去年、1歳に満たない孫が3ヶ月目で保育園に入り、
そしたら貰うは貰うは、チョコチョコ発熱しまくり。

その度に「バァチャンSOS」が来て、
バビューンと横浜から出社前の息子夫婦の家(東京)に
すっ飛んでいって、
ママが返って来るまで具合が悪くて
ゲロゲロに機嫌が悪い孫と過ごしていた経験が
「よそ様のお子様で生かせる」お仕事です。

この団体の求人のナイスな点
「保育経験者(有資格者)」は当然アリ!ですが、
それ以外に
「子育て経験も」アリ!と認めてくれている
ところが救いです。

普通は子育て経験なんて、
どんなに頑張っても考慮してくれないでしょ、社会は。

お陰様で1歳を超えた孫は
ビックリするほどよく食べ、
ちょっとやそっとでは菌に
負けないようになりました。

また息子夫婦も
「お袋ばかりに迷惑はかけられない」と
自分達で「病児保育をしてくれる」トコを見つけ、
保育園と両輪でそこを利用しています。

で、前置きが長くなりましたが
「10年閉じ籠もっていた主婦」は
色々と問題!もしくは引け目!?があると感じました。

だって、そうでしょ、
10年も家庭という小さなお城で
お天下様だったんだもん。

裸の王様ならぬ裸の女王様は、
落ちて傷付きたくないから
「色々な理由を付けて」チャレンジするのを
自分で諦めるような言い訳さがすから。

「落ちたらみっともない」から、
なら「最初から受けない」とかね。

格言・挑戦

そんなチキンな自分を奮い立たせる
姑息な工夫を色々としてみました。

10年ぶりの面接にチャレンジするにあたり行った小さな工夫アレコレ

1/受験する会社のサイトをチェックし、
面接時間の30分前には到着して周囲もリサーチする。

何故、そんな事をするか?

答え「面接の際のネタ集め」

会社のサイトをチェックするのは最低限のマナーだと
私は思います。

その際、ボーッと眺めるのではなく、
出来たら
「小さな数字」とか
「ちょっとした情報」を頭に入れていた方が
面接の時に有利
だと思います。

「稼働率が65%くらいですね」とか
「研修ではコレとコレに関しては
特に重点的にされているので有り難いです」とか。

早めに到着して周囲をウロウロしたり、
エレベータホールとかエントランスとかに
パンフとかあったらソレもチェックするし。

卑下するワケじゃないけど、
自分、オバサンです。

同レベルの若い人がいたらそちらの方を
採用されてもおかしくないです。

じゃ、どこで競り勝つか

姑息ですが
「私はあなたの会社をこんなに好きです」アピール
だと思いました。

ただ「好きです!」と、
言っても説得力がないので、
サイトやパンフを積極的に読み込んで
「具体的な好き」な部分を訴えます

もっと、厳密に言えば
御社の具体的な取り組みとか姿勢のココが好き!」とか
企業努力として頑張っているこの点が凄く好き!!」とか
「社会的に努力している点や目指している目標」を評価して
「だから好き」に持ち込む
感じでしょか。

ある種、寝業師ですね。

「あー、そこまでウチの会社の事を理解してくれて」と、
言わせたらしめたモン
です。

(でも受かるかどうかはまだ別だけど)

「美人だけど気のない女性より、
自分の事をより良く理解してくれて
大好きだと言ってくれる十人並みの子」
の方が結婚するなら良いでしょ。

結婚と就業を一緒にしちゃいけないかもしれませんが、
共にタッグを組んで歩むならそれは同じでしょ。

 

2/提出した書類は事前にコピーの控えを取っておく。

それは「落ちた時」対策です。

取りあえず、勇気を振り絞って応募したワケです。

家族・・・旦那とかにも話して。

と、言う事は家族の中にも
「あ、母さんは家から出て仕事に行くんだ・・・」的な
一石を投じた
事になります。

10年間お世話され放題の方々が
コレを機会にそれぞれ「自立するしかない」
「もうそんな頼れない」的な
感覚が芽生えたチャンスです。

その芽生えを潰しちゃいけません。

今回、「たまたま運悪くご縁が無かった場合」
「落ちた」時に、
スゴスゴと諦めてお家に帰っちゃ勿体ない
です。

今回の面接は軽いウォーミングアップと捉えて
ご家族の芽生えが消えないウチに、
早々に新しい就業先を探しましょう

その時にコピーが役立ちます。

速攻で丸写し出来るでしょ。

10年ぶりに書いた諸々の書類、
以外と時間かかりました。

私は何度数えても2年ほどのズレが解消せず、
家中を探して凄い昔の履歴書を発掘してクリアしました。

2度目の履歴書を書かずに済めばラッキーですが、
七転び八起きで転んだらスグに起き上がる工夫
必要だと思います。

3/社会に戻るために「容姿に社会性」を持たせる。

年を取れば容姿は衰えます。

「受け付け嬢」とか
容姿の良し悪しにチャレンジ出来る程の底力がある人には、
このアドバイスは無用ですから飛ばして下さい。

で、久し振りの面接で「白髪を染める」とかはアリです。

それは若作りとかマナー?とかじゃなくって、
「自分の引け目を割り引く」ためです。

若い受験者の方々に対しては
この点では「最初から視野に入れない」です。

だって、絶対に若さでは勝てないから。

今回、視野に入れるのは「同世代のオバサン」です。

同じ位の年齢で並んだ場合「白髪がバリバリ」=野放し
・・・手入れをしない状態でいる人と、
金髪とか茶髪ではなく
ちゃんと手入れしている髪色」なら
後者の方が女性として良い感じな印象を持たれると思います。

「髪に巻きをキツメに入れる」とか
「ガッチリめのメイクで決める」のは逆に
「仕事をしに行く」観点からはイタイ感じで外れる
ので
止めた方が良いと個人的には思います。

見極めポイントは
社会的にちゃんとした印象を与えられる」事です。

そこでお薦めは「眉毛カット

なかなか、主婦でコレに行く人は少ないようです。

横浜にある「眉毛カット専門店
・・・・初回のパーフェクトコースで25分/3700円!!
1度行かれると次回からはリピートコースになって15分/2800円

・・・・。これを高いと感じるか・・・感じるな。

でも、「眉毛カット」に行かれるのもお薦めします。

何故か?
・・・・「自分では上手に出来ないから」そして
眉毛を手入れする効用
何気なくちゃんとして見える」ようになる事です。

特殊な仕事でもない限り、
社会では派手なメイクは求められてないハズです。

むしろ「信頼感」とか「安心感」とか「社会性」は
派手なメイクからは生まれないと思います。

男女ともしたこと無い人に言いたい。

眉毛を手入れすると顔つきが簡単に変わります」。
しっかりした印象になります。

ただ初めて眉カットを経験するなら
オーダーの際に
これから面接に行くので細くしないで下さい」と
念押ししましょう。

また、万が一、
切られ過ぎたリスクを考えるなら1週間くらい前に行った方が良いです。

それと以外と予約が入らない時もあるから、
やはり余裕を持って行動される事を薦めます。

たまに街の化粧品店の店頭とかで
「眉カット1000円」とかもあるようです。

ピンからキリまで色々ですが、
日頃からチェックして試しておくと良いですね。

ここ1番で使えるから。

まとめ

10年ぶりのチャレンジは果たして成功するでしょうか?

結果はまたお知らせします。

自分が完璧でも
社内事情で落とされる事もあります。

1回落ちたからと言って諦めない様にしたいです。

でも、落ちたら・・・凹むでしょうね。

そうしたら、それも含めて記事にします。

10年前はフリクションペン(擦ったら消えるペン)なんて無かったし。

途中、何枚も書き損じをして「辞めちゃおうかなぁ・・」と
か思う位のヘタレですが、
でも、動かなけりゃ変わらないから一歩を踏み出しました。

私と同じように
家庭に引き籠もっていたオバサンの
あと一歩の後押しが出来たら幸い
ですね。

[結果報告1]・・・ドギャン!落ちました。

で、丸一日凹んでいましたね。

面接がかなり良い状態でイケた手応えがあっただけに
(なければ書かないか、こんな記事)
スピリチュアルダメージの大きさが半端なかったです。

記事公開しちゃってる分、
会わせる顔ないし
(いっそ、記事ごと削除してしこのこと自体を闇に葬っちゃおうか?とか)。

落ちた人間がいくら力説しても説得力なさ過ぎだし・・・と。
で、消す前にもう一度だけこの記事を読んだら、
スンゴイ事を発見しちゃいました。

「この記事は私と同じような社会から引きこもりだったオバサン」
に向けたもんじゃ無くって、
実は「落ちた自分に宛てて書いた記事じゃないっ!?」と。

特に「履歴書の控えを取る」と
「社内事情で落ちる事もあるから1回落ちても諦めない」はドンズバ。

自分っ、よく書いたっっっ!!偉いぞっ!と。

小学校とかで「タイムカプセル」とか言って
「未来の自分」に手紙を書くでしょ。

あの気分でした。

と、言うワケで明日からはまた次のチャンスを探す気になりました。

ですので、
この記事も削除しないでしばらく公開しておこうと思いました。
(なんだかなぁ〜・・・自分。がんばろ)

[結果報告2] この記事から2週間目にバイトがあっさり決まりました。

今度は近所に住んでいる娘が持って来てくれたチャンスです。
ポストに「裏が履歴書になっている求人チラシ」が
入っていたので1週間経つけど受けてみたら?と。

家から徒歩10分の老人ホームの夕食の調理補助です。
夕方の3時から8時までの勤務。

面接当日の朝に
私のツイッターのアカウントが
乗っ取られた的な連絡が入り、
さらにその日は雷雨。

テンションがた落ちの状態で臨んだら、
その場で採用が決定しました。

世の中、何がご縁か分かりません。

この記事をここまで読んで下さったあなたに。

自分の人生を切り拓くのは
自分しかいないので、
色々と凹むことも多いけど、
凹んでも、転んでも良いから、
諦めないでチャレンジし続けて下さい。

微力ながら応援してます。

スポンサーリンク



追記:2017年9月【自分で見つけた新しい働き方】

結局、老人ホームは翌年の1月10日に退職しました。

詳しくはコチラに書いてあります。

「老人ホーム」には圧迫指導で私の前に
10人は退職させているお局先輩がいました。
ソレよりも、問題は働き方です。

50代以上のおばさんたちは「他では雇ってくれないから」と
半ば諦めているので
サービス早出・残業が状態化している職場で我慢してました。

私は嫌なので辞めました。
その後、色々な経由を経て、今は「タスカジさん」という
「フリーランスの家事代行サービス」をしています。

タスカジの働き方や高時給について書きました。

今まで主婦として家庭で培ってきた「家事力」で稼いでいます。

栄養士や調理師の資格もない、タダの家事好きな素人ですが、
そんな自分にも社会的な需要がありました。

タスカジは従来の「家事代行サービス」とは違います。

タスカジは「家事を依頼したいお客さん」と「家事力で稼ぎたいアナタ」を
引き合わせてくれる「家事代行のマッチングサイト」です。

以下はタスカジの公式サイトからの抜粋です。

最初からこの金額は無理でも可能性は十分にあります。
だって、約3分の1の方が時給2,100円で仕事をしているから。

ちなみに私は1番低い時給の1,500円です。
この1,200円は1,500円の人が定期依頼を受けた時の価格です。

自由に決められるのに高時給で働ける

時給1,200円〜2,100円 ご依頼者からの評価や お仕事ぶりなどにより設定可能額がアップしていきます。 現在タスカジさんの約3分の1の方が時給 2,100円で お仕事をされています。1回の依頼でのお仕事は 3時間固定で、交通費は時給とは別途、全額現金にて 当日支給です。

Aさんの収入例
1回あたり 時給2100円✕3時間=6300円(交通費別)
1ヶ月あたり 時給2100円✕月120時間稼働=252,000円

出典:タスカジの公式サイトより
https://taskaji.jp/keeper/fun/?key1=taskaji.jp&key2=/?lang=ja&key3=float-btn

もし、「雇われて働く」ことに割の悪るさや先細りを感じているのなら
または、おばさんになって再度社会復帰の必要に迫られているのなら
試しにタスカジの説明会に参加してみませんか。

今の時代だから可能になった働き方です。

ある意味、ITの力を利用して
女性が女性を応援する相互システムと言っても良いかもしれません。

家事に悩める主婦と家事力はあっても経済力が欲しい主婦が助ける。
理想的だと思います。

自分の可能性にフタをしないでください。

アナタの家事力は思いのほか需要があります。
以下のバナーをクリックすれば公式サイトに飛べます。
そこにはさらに色々な情報が載っています。

説明会・登録はもちろん無料です。
説明を聞いてからやるか・やらないか決めるのもアリだと思います。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です