クロレラ・スピルリナ・ユーグレナ・青汁|緑の力の効能

緑の科学
緑色のサプリメント

2017年の年明け1発目に
「スープジャーダイエット」の
ランチやお弁当に「青汁寒天ジュレ」を
プラスしたらなんか最強じゃない!?的な
記事を書いた者です。

今回は「緑の力の効能を比較」!!
ユーグレナとか青汁とかクロレラとかスピルリナとか
なんか、どれも緑で体に良いんだよね・・・
だけじゃない!一般的なお薦め記事では
書かれなかった情報も書いてますっ。



青汁からクロレラ・スピルリナ・ユーグレナに流れ着いた経緯

「青汁寒天ジュレ」に私が
何故、感心を持ったかと言うと
年末の天候不順からの野菜の高騰
原因の1つです。
2つ目は当時は老人ホームでの
鬼バイトもあって食生活が乱れて
野菜の摂取量が減りました。
家人が強烈な大便秘に。

このWの事情からの野菜不足を
簡単に解消するには?
と、考えて色々調べた結果
最初の候補に挙がったのが「青汁」でした。

そして、今は解消されたとは言え
そこからの流れで
あれ!?何か青汁と似てる
健康そうな緑色のモンが色々あるけど
自分は結構ゴッチャにして考えていたなぁ〜
と、気が付き、この際だから調べてまとめてみました。

いやぁ〜ビックリ。
似て非なる物ばかりでした。
場外乱闘!?的なアナザストーリーも
出てきたのでこの際だから書きました。



クロレラとは。効能や副作用やもろもろ情報

クロレラはクロレラ属の淡水性単細胞緑藻類の総称。
直径2-10μmのほぼ球形をしており
細胞中にクロロフィルを持つため緑色に見える。
光合成能力が高く、空気中の二酸化炭素、水、太陽光
とごく少量の無機質があれば大量に増殖する。

乾物としての主な成分は、たんぱく質45%、脂質20%、
糖質20%、灰分10%。
その他にビタミン類やミネラル類を含む。

たんぱく質含量が高いため
未来の食料資源のひとつとして
培養や研究が行われた時期もあった。

[出典:wikipedia]

簡単にまとめると・・・
クロレラは淡水で育つ緑色の
すんごい小さな藻の一種
たんぱく質の含有量が高いため
未来の食料資源として注目されてた。

ザックリ過ぎるのでもう少し丁寧に説明します。

クロレラは「植物性たんぱく質」を
50~60%も含有しており
ビタミンやミネラル、鉄分、カルシウム、マグネシウム、
マンガン、銅、亜鉛など体に良いモノが色々含まれてます。
何より、一般的な野菜より葉緑素をかなり多めに含んでいて
さらに食物繊維も豊富なため
緑黄色野菜の代わりになると言っても
過言ではない「植物プランクトン」ですね。

発売当初は、NASA(米国航空宇宙局)が
宇宙開発にクロレラを利用する計画があったため
「次代の宇宙食!?」とも期待されていました。
これが転じて「良質たんぱく質を含む健康食品」
として一般に広く知られるようになった感じです。

数ある健康食品の中でも
老舗的な位置にいるクロレラですが、
やはり光りあるところ影がある!?的な
感じで否定的な部分を探すと・・・

1/過去にアレルギーを起こした報告がある。

2/クロレラに含まれるクロロフィルは
分解の過程で「光過敏症」の原因となる
フェオフォルバイトを副生しちゃう。

3/ビタミンKが豊富だから大量に取ると
抗血液凝固剤ワルファリンの効果を
減じる恐れがある。

4/細胞壁が強固なため消化吸収が悪い

で、ココからはこれらのマイナスイメージに対する反論。

1/過去にアレルギーを起こした報告がある。

元々が淡水に育つ「藻」がクロレラの原料。
薬じゃないから「副作用」とは言えないんだけど
人によっては「たんぱく質にアレルギー反応」が出るのは否めない。
と、言うワケで「特殊なたんぱく質のアレルギー」がある人は
控えた方が良いでしょう(「=無理に飲まなくても」)

2/クロレラに含まれるクロロフィルは
分解の過程で「光過敏症」の原因となる
フェオフォルバイトを副生しちゃう。

だから、日本ではフェオフォルバイトの含有量に
上限を定めています。

3/ビタミンKが豊富だから大量に取ると
抗血液凝固剤ワルファリンの効果を
減じる恐れがある。

それはビタミンKの性質とワルファリンの相性!?だから
治療でこの薬を使っている人は飲まない様にするしかない。
つか、持病のある方が
「何か健康に良さそうなアクションを
新たに取ろうとする場合
その前に取りあえず主治医に相談しようよ」
と、個人的には思います。

4/細胞壁が強固なため消化吸収が悪い。

この「クロレラの細胞壁が強固」は
解決すべき命題なもんで
当然、商品化する時点で各社が工夫している。

前述したようにクロレラは多様な成分を含むため
栄養成分的に「とても優れた食品」になります。

ここが肝心です⇒「とても優れた食品」。
そう、薬じゃないんですよ。あくまで食品

しかし、成分が凄いため
・内臓の働きを高めたり
・造血作用や
・タンパク質合成の促進による
スタミナ増強や
・新陳代謝促進などによる肥満の予防や改善
の効果があると会社は言ってます。

また、クロレラに豊富に含まれる
葉緑素(クロロフィル)には
かなり強い抗酸化力があり
・活性酸素を除去し
・アンチエイジングや生活習慣病などの
予防や改善などの効能が期待されています。

ただ、スピルリナとかよりは古い時代から
フュチャーされていたので
出る杭打たれる的な事もあるし
取り扱う会社もピンキリなのか
それなりの紆余曲折やら薬事法やらで
物議をかもした事がないとは言えません。
しかし、現在でも健康食品業界においては
確固たる地位をキープし続け
需要もあるんでしょうね
普通に有名な大手製薬会社や食品会社などを含め
200社近い企業があの手この手ので
新旧入り交じって新製品を出しています。

蛇足的なOther情報としては・・・・

●クロレラのマイナス部分で取りざたされる
「光過敏症」の原因になる「フェオフォルバイト」
実は春先のアワビなどにも天然に含まれていて
そのため、昔から「春先のアワビは食べるな」
と、言われているそうです。

●クロレラの関連キーワードを調べたら
「クロレラ 嘔吐」とかがあり
運悪く体に合わないと嘔吐や下痢をする人がいる事。
これに対する2つの考え方があり
1つは「クロレラが基本的に体質に合わない」と
2つ目は胃腸が疲れている
の2パターンがあるようです。
自分が「1」か「2」か?
消化器官の事を考えたら
様子を見て食間や食後に飲んでみて
その不快な症状が改善されたら続けてみれば
良いんじゃないでしょうか。
で、ダメなら止める。

消化器官の事を考えたら
クロレラを飲む時には水をたくさん飲む
のもポイントかもしれません。
と、言うよりは、これはクロレラに限らず
「栄養が豊富なサプリメントを飲む時の注意点」
として書いておきます。

胃の中に入ってきたら栄養豊富なサプリメントを
いち早く溶かして吸収するためには
消化を助けるためにも「多めの水」は必要ですね。
それもお茶やコーヒーやシュースではない水分で。
個人的には「白湯」がお薦めでしょうか。

もし、今までの私の記事を読んで
「じゃ、お薦めのクロレラとかあるの?」と
聞かれたら以下をお薦めします。
理由はこの会社の姿勢!
創業40年を超える健康食品の超・老舗は半端ないです。

技術革新や薬事法や諸々含め
栄枯盛衰の激しい健康食品業界でこの数字は立派です。

例えば、この会社は
医薬品の適正製造基準(GMP)を自主的に採用しています。
これは、健康食品なのに
医薬品基準の敢えて厳しい基準を採用していることであり
こんなバカ正直な事をしているのはこの会社だけでした。

有効成分のクロロフィルが100g中に2,700mgも含まれており
特許技術の細胞壁破砕テクノロジーで細胞壁を95%まで取り去り
体内への吸収率を上げています。

取りあえずどんなモノでも

ある程度の期間は続けないと
効果は定着しないと個人的に思います。
ですから、まずは軽くお試しして
自分の体やお財布に合うかどうか
ちゃんと検証することが大切。

「継続は力なり」ですので
価格含め、飲みやすさなどもチェックしないと
ただの「健康食品放浪者」になりかねません。

[ヒグチのお薦めするクロレラ⇩]

スピルリナとは。効能や副作用やもろもろ情報

スピルリナは(Spirulina)は幅 5-8μm、長さ 300-500μm ほどの
「らせん形」をした濃緑色の単細胞微細藻類。
スピルリナという名前は
ラテン語の“ねじれた”“らせん形の”を意味する “Spira”に由来する。
乾燥したスピルリナはタンパク質を約60%含み、ビタミン、ミネラル、
多糖類(食物繊維)、クロロフィルなどを含む。
中でもカロテノイド系色素の
βーカロテン、ゼアキサンチンを多く含み
その抗酸化作用が注目されている。
クロレラと比較し、β-カロテン含量が多く、
化吸収性が良いのが特徴である。
なお、これを主食とするフラミンゴの体色が赤いのは
沈着したβ-カロテンのためである。

[出典:wikipedia]

スピルリナにはなんと
50種類以上の健康成分が含まれています。
特筆すべき豊富に含まれているはβ-カロテン
それと、他には見られない
フィコシアニンと言うブルーの色素。
フィコシアニンは
ビタミンEの約16倍の抗酸化力を持ってるとか。
余談になるりますが
ガリガリ君ソーダ味の爽やかな青色
実はこの「スピルリナ」
知っている人は知っている
けど、なかなかのビックリ話しです。

色々なサプリメントが販売されいて
正直、どれを選べば良いのかと悩むのは当たり前。
そこで1つの考え方として浮上するのが
「ビタミンやミネラルはどれか1つだけ摂取してもダメ」
と、言う考え方。
ポイントは「バランス良く摂取」すること。

そこで注目を集めたのがスピルリナ
・50種類以上のミネラル
・ビタミンB群
・必須アミノ酸
・たんぱく質
など豊富な栄養を
バランス良く摂取できるからですね。

スピルリナのたんぱく質含有量はなんと60%
「畑の肉」と言われている
大豆のたんぱく質の含有量は30%を参考にしても
この数字は素晴らしい。

赤身の肉にも勝る優秀なたんぱく源
抗酸化成分も豊富になため
一部の女性の間で「美のベースサプリ」
支持される由縁です。

さらに消化吸収率が良いらしくて
2時間後には摂取されたスピルリナの9割は
吸収されるようです。
と、言うワケでスピルリナの1日の摂取量目安
スプーンたった1杯(4g)!!
これで1日分の緑黄色野菜を
摂取する事が可能なようです。

味は所詮?「藻」なので少し磯臭い!?
青汁のような苦味や青臭さはないらしいです。
ここら辺が「似て非なるモノ」な部分でしょうか。

また食前に飲むと胃の中で水分を吸って膨らむので
満腹感が得やすいのとたんぱく質が豊富な点に着目して
ダイエットに利用する人もいます。

しかし、こんな完璧っぽいスピルリナでも
それなりにマイナスな情報もやはりあります。

例えばスピルリナは食物繊維が
食物繊維が100g中3.6gと少な目
さらにプリン体を多く含んでいるため
尿酸値の高い人は控えた方が良いとされています。

同じ「藻」の仲間のクロレラと
何かと比べられるスピルリナ。
スピルリナもクロレラと同じで光合成をします。
が、スピルリナの場合
光合成によってグリコーゲンを生み出します。
ここが違います。
グリコーゲンは動物がブドウ糖を筋肉や肝臓に
貯蔵しやすくするように変換した物質。
クロレラとスピルリナ、見た目はどちらも緑色ですが
性質的にスピルリナは
動物的な面を持っている!?事になりますね。

もしかしたらこの差は育つ場所に
関係しているのかも知れません。
クロレラは淡水中で繁殖する緑藻類。
対してスピルリナは高温で水質が高アルカリの上
高塩分な非常に過酷な環境で本来は育っていました。

あと、特筆すべきは「スピルリナで放射能排出!?」と
チェルノブイリの事故以降言われてるけど
学術的な裏付けがあるとか無いとか

また、妊娠中や授乳中の女性の影響などのデータも無いので
その辺が心配な方も止めた方が良い印象をもちます。

スピルリナもご多分に漏れず
「健康食品」などの
何か効果がありそうなモンについてくる
胃の不快感とか下痢とか発疹は
まれにあるようです。
また特別なアレルギーを
持ってる人は当たりそうだし。

それと、体が良い方向に向かっている時に
出てくる不快な症状「好転反応」も
出る人は出るようです。

ここまで書いておいて
「じゃぁ、お薦めのスピルリナとかあるの?」
と、聞かれたら以下でしょうか。

理由は・・・・
ここのスピルリナは1日5粒
「継続は力」ですから、飲みやすさも大切。
そして、なんとココのは
「70種類以上の栄養」を詰め込みました。
凄いな・・・
公式サイトによると
2時間の消化率は95%。
さらに特有成分である
「フィコシアニン」の効果を実証してるし。
またプラセンタや76種の植物酵素など
贅沢成分をゴン・ゴン・ゴンと3つも追加。

[ヒグチのお薦めするスピルリナ⇩]

スピルリナは国際機関やNASAでも
受け入れられているし
マドンナやミランダ・カーなど
意識高めのセレブも愛用しているのも惹かれましたね。



ユーグレナとは。効能や副作用やもろもろ情報

ユーグレナ藻(Euglenophyceae)は
鞭毛虫の一群で
運動性のある藻類として有名な
ミドリムシを含む単細胞真核藻類の
グループである。
光合成を行うことからかつては
植物だと考えられ、
植物の中ユーグレナ植物門のEuglenophyta に分類された。
主に富栄養条件の淡水域に分布し
水田や水たまりに普通に見られる。

[出典:wikipedia] 数年前からNHK「あさイチ」や
TBS「駆け込みドクター」
フジテレビ「バイキング」など
数多くのテレビ番組で取り上げられたり
雑誌などでも話題になってる
「ユーグレナ」=「ミドリムシ」

個人的にはどちらでも良いのですが
正式なトコで言うと
ユーグレナはミドリムシの学名」と、なります。

ユーグレナは植物と同じ葉緑体を体内に持ち
光合成を行なうことで
59種類もの栄養素を作りだします。

その栄養素の中でも特筆すべき成分が
地球上でユーグレナのみが持つ成分
「パラミロン」ですね。
パラミロンは炭のような構造していて
無数の穴(ミクロホール)を持つ多糖体。
腸内で消化されにくい
食物繊維に似た性質があるそうです。

パラミロンは主にきのこ類に多く含まれている
β-グルカンの一種
毒物を体外に排出するデトリック効果
抗がん・副作用低減効果
感染症予防効果など
多くの効果が期待されている成分です。

何故、ミドリムシだけが
「パラミロン」を持っているのかは謎ですが
動物と植物の中間生物であることが
関係あるのかもしれないとか。

それともう1つが「栄養素の吸収効率」
植物には「細胞壁」があり(クロレラにもある)
この「細胞壁」は人間が持つ酵素では
分解することができません
しかし、ユーグレナ(ミドリムシ)には
「細胞壁」が無くて
代わりに「細胞膜」で覆われています。
と、言うことは栄養素を
無駄なく効率よく吸収出来る!?らしいです。

 

5億年以上前の地球で誕生し
それ以来、湖沼、池、水たまりなどの淡水域
=人間の生活圏の近くが主な生息場所のようで
実はとても身近な生き物でした。

で、この身近なユーグレナが
何故、注目を浴びているのか?
主な理由は3つとそれ以外が1つ。

理由1
ユーグレナ(ミドリムシ)が作り出す
59種類もの栄養素が人間の体内に入ると
日常生活に必要なほぼ全ての
栄養をカバーできる!?。

理由2
健康食品の枠を超えて日々の生活を便利にする
「次世代エネルギー」としての可能性
光合成によって蓄えられる油脂成分を抽出し
バイオ燃料として使う研究も進められている点。

理由3
「環境浄化能力」や「バイオ燃料」としての
未来が期待されている点。
ユーグレナ=ミドリムシは
下水から窒素やリンを取り除く作用もあり
さらに、二酸化炭素の固定能力も高いので
水質浄化設備に活用される。
また、光合成で二酸化炭素を固定して
バイオ燃料を作り飛行機に使うなどの展開もありそう。

ようは、人や街にやさしい環境作り」に役立っている。

そして最後の「+1」の注目要素は
日本屈指の巨大総合商社の伊藤忠商事株式会社
このユーグレナ(ミドリムシ)を推している
どうも、付加価値の高い商品として色々調査して
その可能性に乗って投資を決定するらしいです。
で、これはどーゆー事かと言うと
伊藤忠がもつ資金力、販売チャネルを活用できる
=ユーグレナを商品化したベンチャー企業は
資金面、販売チャネルでの弱点・問題点が
解消されてラッキー!と、言う事のようです。

ここまで書いておいて
「じゃぁ、お薦めのユーグレナとかあるの?」
と、聞かれたら以下⇩でしょうか。

理由は・・・・
数あるユーグレナ商品の中で
このユーグレナ本舗は
主に楽天などのモールで長年シェアを獲得
ランキング検索やレビュー好評価を得ている。
お試しも格安でやっているし。
さらに自分と被る年齢層=50代を推している。
あれこれ数種類のサプリメントを飲むのなら
これ1本でOKになっちゃうところ。
アスタキサンチンやレスベラトロールなどの
今、話題の成分も配合されているし。
贅沢配合なのにコストパフォーマンスが良い点でしょうか。

「ヒグチのお薦めするユーグレナ⇩」






青汁とは。効能や副作用やもろもろ情報

青汁(あおじる)とは、ケールなどの緑葉野菜を絞った汁のこと。
健康食品として飲用される。

色が緑なのに「青」汁としているのは、
野菜を「青菜」などと表現する
日本語古語での用法の名残である。

最近は大麦若葉・小松菜・ヨモギ等を使い
味を改善したものが増えている。

青汁はカリウム、リン、ビタミンAを
多く含んでおり
人工透析をおこなう患者には
健康状態を悪化させることがある。

またビタミンKを多く含むため
循環器系の疾患対策の薬剤を飲用している場合
効果が弱くなることがある。
ニューキノロン系抗菌剤の薬理効果を
阻害することがある。

[出典:wikipedia]

と、wikipediaは言っているけど
個人的には今の青汁の原料はケール以外だと
アシタバやクマザサが多い気がしてますね。

そして前述したクロレラ・スピルリナ・ユーグレナ
ほど、当たる?不快な症状が出た!?的な
書き込みや口コミは見つけられませんでした。
やはり同じ健康食品のくくりの中でも
最初の3つよりは穏やかそうです。

だって、「緑葉野菜の絞り汁」の加工品だもん。
食品にかなり近い感じがします。

それなりに体にヒットすると思います。
けど、ある程度「継続しないと」ダメかな。

もう、青汁に関してはかなりの数の会社が色々なのを
出しているし、スーパーですら冷凍の青汁を
サラッと売っている位だから
私がここで何か新しい事実を書くこともないので
先に個人的に「これは良いんじゃないか!?」的な
商品を2つ紹介します。

[ヒグチのお薦め青汁その1⇩]
1つめは・・・⇩
美味しいから(正確には不味くはなさそうだから)
青汁を全国区にした名CM?
「まずいっ!もう一杯」は過去ですよ。
やはり毎日続けるのなら美味しい方が。
それと、さすが大企業、安定のサントリー
朝の「お茶」としても十分代用出来るまでの
美味しさに仕上げているとこがポイントでしょうか。

[ヒグチのお薦め青汁その2⇩]
2つめは・・・⇩
理由はこれも
かなり美味しそうだから
(正確にはおやつ代わりにいけそうだから)
それと寒天で固めてあるので
どこでも手軽に食べられる」トコが高ポイント。
1日目安も2本だし。
おやつ代わりや、小腹の空いた時でもOKな手軽さ。
だのに、入っている成分や工夫が凄い


以前にこの寒天青汁とスープジャーダイエットについて書いた記事です。

まとめ

ホントはここまでたくさん書く予定じゃなかったんです。
が、書いてくうちに新事実が出てきて
「あ、コレは差別化になる!」
「おっ、これは固有の特徴だし!」
と、大盛りな内容になりました。

結局のところ「健康食品」も「株式投資」と一緒
最終的には「自己責任」だと思います。
お金も体も貴女の大切な「資産」なんだもん。
「なんとなく〜」とかで流されて
ロクに調べもしないで飲んでみるとか
(特に持病のある人)
逆に「じゃあ、たくさん突っ込めば!?」と
1日の目安を超えた量を飲んじゃうとか。

そーゆー事は止めましょう。
取りあえず、調べてみ
自分の体質や目的と
あらかた合致するモンを見つけ
そして「お試し」を取り寄せ
味や飲むタイミングやお財布と相談して
「まぁ、続けられそう」と判断したら
ある程度の期間は
継続して行かないと意味無いです。

あと、ここまでテンコ盛りな内容になったので
追い打ちの情報もこの際だから記載します。

クロスオーバー商品ですね。
これらも、公式サイトなどで説明読むと
かなりグイグイきます。悪くないです。
いや、むしろそこそこお薦め

[クロレラ×ユーグレナ]⇩


[スピルリナ×青汁]⇩

もうじき桜も咲いたら新社会人、新入学。
健康あってこその新生活
オバチャンのお節介記事だけど、
こんな「ミドリの健康食品」でも
なにか食生活を見直すキッカケになって
元気で前向きな日々を応援出来たら嬉しいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です