ベーグルベーグルより美味か|横浜石川町のかもめベーグル

かもめベーグルで作ったハム&チーズベーグル
かもめベーグル店頭

家人が小麦粉好きです。

で、スーパーで買えるパスコのベーグルを始め
ポンパドールやリトルマーメードなどの
そこそこメジャーな美味しいパン屋さんから、
コストコにいたるまで割とベーグルは食べてきました。

日本のベーグル界を牽引してきたベーグルベーグルの
スーパーグレイン13の記事だって書いちゃうくらいですから。

でも、昨日食べた「かもめベーグル」は正直
衝撃的でした。
一言で言えば・・・
モッチ〜〜〜〜〜ン具合が最強!!
こんなモッチリした美味なベーグルは初めて食べました。

ボソボソ、モソモソなんて1ミリもしてない。
外の皮は薄くてしっかりしてるんだけど、
中のモッチリ感が半端なくて、
ブレッドナイフで切ろうとしても
凹ませるのが勿体なくて
ちょっと躊躇しちゃう感じです。

横浜の元町と中華街の入り口の駅「石川町」
それの北口=元町よりの改札出て、
5分も歩かないけど、
地元の人しか行かないような交差点の向こう側に
こんな凄いベーグルを売るお店があったなんて!!



横浜石川町のかもめベーグルについて

かもめベーグルはこちらの本のp25に出ています。

[道順]・・・「まとめ」の最後にグーグルマップ貼りました。
・JR石川町駅の北口改札を出て、元町方面に直進。

・「元町商店街(ショッピングストリート)」の
入り口の前の信号に突き当たったら、
渡らずにスグ左、首都高の見える方角に進む。

・次に行き当たるのが「吉浜町」の交差点。
橋の下で上が首都高。
右向こうに「かばのうどん屋」さんが見えるでしょ。
うどん屋を右手に目の前の信号を渡る。

(こちらが「かばのおうどん」)

目印のかばのうどん屋。

・そしたら川を左(うどん屋を背にして)ワンブロック直進。

・最初の曲がり角を右には行って数件目が「かもめベーグル」
(小さなお店です。緑のテントが目印)
かもめベーグル外観

[ロゴマーク]
店頭の上にあるランプとか袋にも印刷されてるけど
かもめベーグルのロゴマークは
けっこうシュールで味わい深いです。

かもめベーグルのロコマーク

ホームページによると・・・・

“かもめベーグル”のロゴデザインは、イラストレーター/テキスタイルデザイナーのアニャンによるもの。ロゴ製作にあたりキーワードとなった「横浜=港町」「かもめ」「ベーグル」のモチーフを、直球勝負の店主に感化されてか、無謀にもデフォルメせずにそのまま盛り込んだところ、「水兵帽をかぶり、首にベーグルをはめたカモメが波止場に佇んでいる」というリアルでシュールなロゴに仕上がりました。カワイイ&キャラクター全盛の世にあって、孤高の存在感を放っているカモメロゴです。

ベーグルだけでなく、こんな部分でも楽しめるお店です。

ちなみにこのお店の母体は実は鎌倉の鯛焼き屋さん。
ここでも味わい深いストーリーを握っているとは流石!

かもめはどこから飛んできた?“
かもめベーグル”の発祥は、海外?パン屋?カフェレストラン?。いえいえ、その発祥、実は横浜からほど近い、海と山と歴史の町鎌倉、“なみへい”という名のたい焼き店にあります。小さな店ながらも、昔ながらの焼き方や、あんや生地の素材にこだわるなかから派生したのが、パンとベーグルのサイドメニュー。実はこのサイドメニューが密かな評判を呼び、羽根を広げ、横浜の地に降り立つこととなったのでした。

文章も上手いですよね。読ませます。
本にも出ていた「木苺あんクリームチーズ」の
「あんこ」の出来の素晴らしさも頷けます。

ひとくち食べて「あっ、こっちから来たかぁっ!スゲー」と
思わず言っちゃう「あんこ」でした。



ベーグルベーグルを超える|かもめベーグルの美味しさに迫る

先に断っておきます。

このお店を知るまではベーグル&ベーグルが
自分の中ではコストコのベーグルと
1位2位争いをしておりました。

その程度のにわかベーグル通です。

こちらの「かもめベーグル」全国展開していません。
ちょっと分かりづらい場所にあります。
お店、小さいです。

だから、人によっては東京駅でもデパートでも、
成城石井でも手軽に美味しく買える
ベーグルベーグルのベーグルが1番の方がいても
全然否定しません。

ただ、横浜の元町に日曜以外(日曜は定休日)でいらっしゃるのなら
ちょっとだけ足を伸ばして買ってみてはいかがでしょうか?
的なお薦め具合です。

だって、美味しいし手が出る価格だし。

かもめベーグルの中

狭い入り口の奥がすぐ作業場。
壁もガラスもなくてホント、すぐ目の前で作ってます。
真っ赤なオーブンを背にして黙々とパンを仕込んでいます。
作り手とお客さんの距離がすごく近くて
親近感と言うか安心感と言うか・・・良い感じです。

と、前置きはこれくらいにして味のご報告。

[木苺あんクリームチーズ]木苺あんクリームチーズ

一見、何の変哲もないベーグルだけど、
写真下の方にうっすらと滲むあんこ。

木苺あんクリームチーズの断面

断面図も地味でしょ。
でも、この「木苺あん」が凄いっ!

不意打ちくらいます。ちょと衝撃的。

まず上品な「さらしあん」を木苺と合わせるセンスがが秀逸。
例えば白あんでも・・・・と、思うかも知れないけど、
そーじゃないっ。
見た目は地味だけど「さらしあん」の上品さと
「木苺」のおきゃんな感じの酸味や味の強さが
見事に混在していて、初体験。

木苺の種のツブツブ感やつぶあんの皮の舌触りとか
ここではそーゆー食感でのアプローチは一切排除してあって、
味や風味だけの一本勝負にかけた感じが良いです。

[ドライトマト&オリーブ&パルミジャーノ]

ドライトマト&オリーブ&パルミジャーノ

こっちも中々の曲者です。

ドライトマトはペーストになっているのか
生地に練り込まれているのか
形は見えません。
一見すると、上で溶けている
パルミジャーノチーズの風味が
とても力強そうに見えます。

ドライトマト&オリーブ&パルミジャーノのベーグルの横割り断面

が、真横に切ってみたら、びっくり!
なんと、ブラックオリーブがゴッソリ。

ブラックオリーブのアップ

アップで見るとこんな感じ。
食べるとこのブラックオリーブの風味がグイグイきます。
そう、パルミジャーノはフェイクで、
裏で操っていたのはオリーブでした。

普通のパン屋さんだったら、
この溶けたパルミジャーノに仕事をさせて
終わっていたと思います。
それくらいチーズだってちゃんとしてます。

けど、裏のラスボスはオリーブなんです。

ダブルベーコンエッグのベーグル

この力強いドライトマトとブラックオリーブとチーズに
太刀打ちしようと作ったのが
「ダブルベーコンエッグのベーグル」!!

ダブルベーコンエッグのベーグル断面

すんごい、美味しかったけど、
ズルズルずれて食べ辛いから
始めたら手が離せません。
電話が鳴っても出れません。

 

[プレーンベーグル]

基本の「基」な部分を司るベーグルですね。

プレーンベーグル

無駄なモンが一切ない生一本な佇まいです。
横半分に切ってみると・・・・

プレーンベーグルのきめの細かさ

このキメの感じがキモですよ。
生地がシットリしてます。

手に持つとズッシリとした重量感もあります。

普通、焼いてないベーグルは堅くてモソモソして
どうにも食べづらい記憶があったんですが、
ここのベーグルは焼かなくても美味しいです。

そして、焼いて挟めばもっと魅力が加速します。



まとめ

私が買いに行ったのは土曜日の12時前。
まだ全部の商品が焼き上がっておらず
逆に昨日の商品が「Sale」品として
3個入450円でお得に売ってました。

1日経っても全然OK。
そのまた次の日に食べても大丈夫でした。

小さなお店のその奥には真っ赤な塗装のオーブンがあって
マスターは渋くて格好良いし、
作り手とお客さんの距離がスゴク近いし。

今どきのパンブームで
やたらと敷居の高いお店が増えたと感じる自分には
とても好感の持てる良いお店でした。

確実にまた行く気がしてます。

ここのベーグルに合う具材って・・・王道だと

 

ちょっとひねって・・・フォアグラ(けど意外と安い)

 

 

かもめベーグル&ワールドスマイルデリの公式HP

[かもめベーグル&ワールドスマイルデリの基本情報]

営業時間: 10:00 – 18:00頃 (日曜日定休)
定休日:日曜定休
住所:神奈川県横浜市中区吉浜町2-10
電話:045 681 4710

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です