マツコの知らない世界|神田のコーヒー有名店ののりトースト

神田ののりトーストが有名な珈琲専門店エース外観
珈琲専門店エースの名物のりトーストの写真

本日は、知る人ぞ知る「のりトースト」で有名な
神田の「珈琲専門店 エース」に行ってきました。

このお店、「マツコの知らない世界(3月15日放送)」の
「純喫茶グルメの世界」で紹介されてから
かなり全国区のお店になったようです。

スポンサーリンク



神田のコーヒー有名店「珈琲専門店エース」までの道順

くしくもその日(9月12日)の「あさチャン!」でも、
このお店が紹介されており、
スタジオでは名物の
のりトーストに出演者達が
舌鼓を打っておりました。

昭和を彷彿とさせる神田駅にほど近い珈琲専門店・・・。
名物の「のりトースト」って?

実際に行ったらそんなの甘い、甘い!!

番組では放送仕切れていない
豊かで味わい深い時間と味がそこにはありました。

[神田駅から珈琲専門店エースまでの道順] 1/JR神田駅に着いたら、西口を目指しましょう。
JR神田駅に着いたら西口を目指す。

2/素直に右の西口に出ます。
神田駅は東西南北で4つの出口があるので
ここを間違うとちょっと厄介。

で、西口に出た最初の風景が「西口商店街」。
迷わずゲートをくぐります。
西口を出てすぐにあるのがこの西口商店街

3/西口商店街のゲートをくぐって直進したら、
最初の角を右へ。
そう、この右の道を選択。
最初の角を右に折れる。

ちなみに、このお店の角を曲がる感じでしょうか。
店名だけで美味しそうでしょ。このお店にそって右に。
曲がり角のキッカケのお店。

4/そのまま直進すると最初の十字路が出てくるから。
2度目の曲がり角のキッカケのお店。このお店が見えたら左へ。そしてまた直進。

5/道路の右側には神田外語学院の6号館とか出てきたら
斜め左先に現れるのがお目当てのお店

「珈琲専門店エース」発見!
神田ののりトーストが有名な珈琲専門店エース外観

スポンサーリンク



神田カフェ文化の一翼を担う「珈琲専門店エース」のお店の外でまず味わう

神田駅周辺は中小のビルが立ち並ぶ
昔ながらのオフィス街であり、
西口周辺は戦時中に焼け残った古い一軒家も残るなど、
古き良き時代がまだ色濃く残っている地域でもあります。

サラリーマンの街“神田”で40年以上続いているという
「手作り感満載」の「珈琲専門店エース」の外観から
まずはじっくり味わって下さい。

お店の置き看板ですら既に昭和チック。「食べログ」でも有名になってます。

「世界の珈琲」と「手作りの味」
この2つに偽りが無いことがそのうち
実感できますから、ワクワクして下さい。

そして、入り口横の看板で異色を放っているのが、
「ゴールデンキャメル」!!

店の一推しのブレンドはこのゴールデンキャメル。

「ゴールデンキャメル」はイチ押しの看板ブレンド。
エースではコーヒー豆の量り売りもしているので、
お土産に買って帰るのもアリです。

お店の向かって右側の立て看板達。色々とアピールしています。

店頭の向かって右側の看板達。
色々とアピールしています。

「元祖のりトースト」は170円だし。
世界のコーヒー豆は買って帰れるし。
モーニングサービスはやっているし・・・

モーニングサービスの看板。

そう、モーニングサービスの看板をよ〜く見ると・・・
「ワンコイン」でのりトーストつきます。

さらによ〜く見ると・・・
「ブレンドコーヒーのおかわり自由」!

世界のコーヒー40種の手作り看板

そしてのりトーストの横には
このコーヒー専門店ならでは堂々とした看板。

「世界のコーヒー40種類」・・・流石だ。

なんでもエースには
ブレンド6種、
ストレートコーヒー20種に
バリエーションコーヒー20種、
紅茶も15種のメニューがあるそうだ。

充実のパンメニュー。

しかし、コーヒーだけに目を奪われていては片手落ち。

入り口の脇にはこんな看板がっ!

凄くないですか?
1番下の「元祖 のりトースト170円」もビックリだけど、
それ以外にも魅惑的なラインナップにクラクラします。

神田の商店街の近くの店で
「ローストビーフサンド」!
サイズが2つ、選べます。

二度見しちゃった
「クリームトースト」は270円のお安さ。

アップで見せてあげたい「
ドーナッツ」230円の穴の中には
・・・バターが詰まって(入って)ます。
そして(多分)かかっているのは
タップリのシナモンシュガー。

スポンサーリンク



神田カフェの神髄を味わいにいざ珈琲専門店エースの中へ!

エースのマスター。気さくな方です。

カウンターの中からにこやかに出迎えて下さるのが
マスターの清水さん兄弟。
こちらはお兄さんの英勝さんです。

コーヒーも今は珍しい?サイフォン式のコーヒー。

お店を開店した当時は喫茶店ブーム。
それで、当時まだ珍しかったサイフォンでコーヒーを淹れ、
コーヒーの種類も増やしたようです。

エースの名物のりトーストとブレンド。

のりトーストも開店当時からあるメニューです。
なんでも、清水さんのお母さんがよく作ってくれた
「のり弁」をヒントにして、
「ごはんをパンに置き換えた作ったら?」と
大胆な発想から生まれた逸品ですが、
これが「始めから評判が良くて」と。

トーストにお醤油を使うという発想が
なんともユニーク!!
インパクトが強いのに、何故かしっくりきちゃう。
日本人のDNAにマッチするんでしょうか?

このパンの薄さとのりのパリパリ具合が絶妙

珍しいものも使っていない。なのに美味しい。

パンの薄さとのりのパリパリ具合が絶妙だし、
バターと醤油の温故知新なハーモニーも最高。

パン、お醤油、のり、バター、これだけの
シンプルだけど新鮮な味は
やはりこの店で味わって欲しいです。

店内のメニューにも魅力的なラインナップが。

入り口の看板のところでも書いたドーナッツは
正式名称は「アメリカンドーナッツ」のようです。
温められたドーナッツの穴の中にバターが入っており、
さらにシナモンシュガーが振ってあります。

健康とか太るとかはこの際、関係ありません。
絶対に美味しい予感がします。

午前中はコーヒーのお替わり自由の看板も手作り。

「午前中まではコーヒーおおかわり自由」
の看板もそうですが、
お店の内外には手描きの看板が
そこかしこにあります。
見ているだけで飽きないし、
このお店の温かさが伝わり、
癒やされます。

(看板はお休みの日にマスターが作るそうです)

癒やされると言えば・・・・
お店に入ってすぐの所に電話があります。

お店に入ってスグのところにある黒電話。

飾りじゃありません。現役です。

現役で活躍中の黒電話。

NHKの話題の朝ドラ「とと姉ちゃん」のセットでも
こんな感じの電話を使っていましたが、
こちらは本当に使っていました。

スマホしかなしらない、子供達に見せてやりたいです。
ウチの実家もこの電話でした。
懐かしぃぃぃっ!!

神田カフェ文化の珈琲専門店エースを味わうポイント

珈琲専門店エースは
サラリーマンのお父さんが集う
普通の喫茶店です。

だから、はしゃいじゃいけません。

何十年と通い続ける常連さんのペースを
乱さないように楽しみましょう。
(新規のお客様の8割は写メるようです)

でも、マスターは優しいです。

「あ、今日の放送を見たのぉ!?
そうなんだよ、
朝、12枚もパン焼いてさぁ、
テレビ局(あさチャン)の
スタッフさんが取りに来て〜」とか

「いやぁ〜、でもマツコさんは凄いよぉ〜
あの放送があってからお客さんが
遠くから来る様になってさぁ〜」とか

カウンター越しににこやかに話してくれました。
座ってみると分かるんだけど、
エースのカウンターは低いので、
カウンター内の英勝さんと目線の位置がほぼ同じ。

ですので、初めて来たら是非、
カウンターに座ることを薦めます。
カウンターの中のアレヤコレヤを
眺めているだけでも楽しいです。

コーヒーもトーストメニューも
充実しているお店ですが、
最初に来た日は・・・
何はともあれ「のりトースト 170円」と
「ブレンドコーヒー 420円」を発注しましょう。

まだお腹に余裕があったら、
店内を見回して「気になったメニュー」を!
よそのお店では見た事も聞いたこともないような
魅惑的な名前の品々があります。

店内を見回せば、掲載誌が並んでいます。
手作りの看板もそこかしこにあります。

何より心癒やされる昭和があります。
取材されてメディアに載っても、
SNSで拡散されても、
マスターはずっと変わらないと思います。

まとめ

[珈琲専門店エースの基本情報]

・東京都千代田区内神田3-10-6
・神田駅西口から徒歩3分
・営業時間:月~金/7:00~19:00
土 /7:00~14:00
・定休日:日曜・祝日
・電話:03-3256-3941

[蛇足情報] 神田駅から中央線に乗って
ピューと3駅で新宿へ。
新宿伊勢丹の地下1階で・・・
「マツコの知らない世界」でやっていた
カレーいなり寿司が買えます。

よかったら行ってみて下さい。ここも楽しめます。

http://good-luck50.club/inarizushi_isetan/

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です