四谷のおすすめラーメン|京紫灯花繚乱なら醤油と担々麺と炒飯を!

京紫灯花繚乱のラーメン
京紫灯花繚乱の炒飯

先日、プロカメラマンの方と四谷(四ッ谷にある「京都醤油ラーメン」をウリにしている「京紫灯花繚乱」へラーメンを食べに行けるチャンスがありました。

仕事でラーメンの撮影もしているプロとご一緒!テンション、ガチあがりです。

と、言うワケでラーメン通では無いけれど、美味しいものを存分に楽しみたい欲張りスタンスで、本日はフルスイングな記事を書きます。

このお店、色んな意味で優しいし、奥深いです。もう、深読みしまくり。

京都のこだわり醤油が活きる「醤油ラーメンと炒飯」。検索では醤油ラーメンを追い落とす勢いの「担々麺」。

そして誰も書いていないけど、京紫灯花繚乱の隠しキーワードは「優しさ」でしょうか。




京都醤油らーめん 京紫灯花繚乱とは

店主の川瀬さんはネットの情報によると「大学時代から10年近くラーメンを食べ歩いて来た筋金入りのラーメンフリーク。独学で自作ラーメンを作り友人に振る舞うのが高じて、遂にラーメン店を開業」したようです。

すんごっ!フレンチや日本料理ではあり得ない開店ストーリーですね。

現在、四谷三丁目付近に「吟醸煮干し 灯花紅猿」と「鯛塩そば 灯花」と、そして今回の「京紫灯花繚乱」の3店舗が三者三様にその道を極めているワケです。

「吟醸煮干し 灯花紅猿」は「塩ダレ+鶏出汁+魚介出汁をブレンドした清湯塩専門店」。とことん煮干しにこだわった「背脂煮干しラーメン」がウリのお店。全国の厳選した煮干を一杯に100g使用しているそうです。

「鯛塩そば 灯花」はTBS『王様のブランチ』新店ランキング第1位を獲得する勢いのある店舗で「宇和島産真鯛の芳醇な旨みとコクのスープ」がウリ。黄金色のスープを活かす華麗な盛り付け・ビジュアルも評判です。

そして本日訪れた「京紫灯花繚乱」は「京都醤油」を始め「京都の食材」にこだわったお店。「澤井醤油さんの再仕込醤油」や「本枯本節」を始め「京山椒」など京都パワーがグイグイ来ます。

店名の由来も奥深い。

お店の公式ブログをざっくりまとめると・・・・
お寿司屋さんなんかで「お醤油」の事を紫と言うでしょ。これに引っ掛けて「京都の醤油」=「京紫」。

そして「百花繚乱の『さまざまの花がいろどり美しく咲き乱れること。』からアイデアを得てこれまで塩専門店として成長してきた灯花の、塩ラーメン以外の新たな挑戦である意味合いを込めて」名づけたそうです。

深いですね。

「京紫灯花繚乱」を深掘りするも良し、ご近所の系列店を廻り比較して違いを楽しむも良しでしょうか。最後のまとめのトコで3店舗の地図を載せておきます。良かったら参考にして下さい。




四谷三丁目の交差点近くの京紫灯花繚乱の外観の楽しみ方

「四谷四丁目」の交差点のスグ近く
四谷四丁目の信号

信号見落としたらコレを目当てに探して下さい。交差点の角に立ってます。
通りの標識

金色の文字とコーポレートカラーの紫が京都の趣を乗り越えて、賑々しさが前面に出ています。金文字の看板は京都というより大阪とか歌舞伎町的な印象を受けたのは私だけでしょうか。
京紫灯花繚乱の外観

暖簾の紫が京の雅を醸します。
京紫灯花繚乱ののれん

で、店頭に着いて最初に目を惹くのがこのアピール看板。
京紫灯花繚乱の看板

ちょっと寄ってみるとこんな感じ。「TBS”王様のブランチ”新店ランキング【第1位】灯花2ndブランド受賞!」「Yahoo!☓東洋水産 次世代ラーメン決定戦【優勝カップ麺・全国販売】」とゴリゴリと推してきますね。
京紫灯花繚乱の看板

さらにこのアピール看板の右サイド「おとなの週末」にも掲載されていたようです。
京紫灯花繚乱の看板

個人的に「おとなの週末」とか「dancyu」とかに掲載されたお店は安心しちゃいます。なんせ、若くないもんで。ギトギト系は辛いです。

さらにチェックして欲しいのがこの看板。
京紫灯花繚乱の看板

「限定メニュー」の店頭チェックはお店を堪能したい欲張りニストには必須ですが、この京紫灯花繚乱に於いてはその下!!「ベビーカー大歓迎」「お持ち帰り可能」のこの2つの赤文字アピールです。

ヒグチは「お子様の入店ご遠慮ください」的な貼り紙をしたお店をリアルに何店か知っています。

確かにね、子連れだと子供椅子だとか取り分け器だとか必要だし、グズるし、他のお客様の迷惑とか、拒否るお店側にも言い分はあるよね。

ベビーカーで我がもの的な態度のママ達にも遭遇したことあるし。けど、それら引っくるめて、以下の神対応。凄いです。↓

【当店は「ベビーカー大歓迎」畳んで置く場所をご用意しております。お子様はボックス席に寝かせる事が可能ですので、お気軽にご来店ください】Σ(゚Д゚)

【当店は「お持ち帰り可能」「当店の人着メニュー「炒飯」がなんと並盛&大盛、共に500円 香ばしい炒飯をご自宅、職場でも◎】だって。ホントに芳ばしい炒飯なんですよ、それがこの安さ。

万が一、お子様がグズって早々に撤退する羽目になっても、炒飯をテイクアウトしてお家でゆっくり味わう道だってあるんだし。

あ、あと新メニューのチェックならその奥の店舗のガラスのトコも是非チェック。今回はこんな告知。
京紫灯花繚乱




京紫灯花繚乱の基本の味わい方

灯花系列の3店舗目の京紫灯花繚乱のこだわりの1つ目は「京都の澤井醤油さんの再仕込醤油&本枯本節」を駆使した中華そば&炒飯。京醤油と本枯本節の底力を感じます。

2つ目は京都の山椒を使った「京山椒薫る」濃厚担々麺。3種類の山椒を使用することで辛さよりも薫りに軸足を置いた逸品。

「京醤油と本枯本節」&「京山椒」。この辺を抑えていけばファーストアタックとしては完璧だと思います。

そんなワケで手慣れた感じでチケットを買う方法を解説します。
京紫灯花繚乱の券売機

スマートな買い方は1番上の段。「オススメです!!」と吹き出しがついた「中華そば・炒飯(小)セット980円」での2品1発買い。

3段目の右から2番目に「炒飯(小)200円」があるから、焦らずに「麺」と「炒飯」を別買いする方法もあるけど、「中華そば・炒飯(小)」のボタンだけがあると言うことは、かなりの確率で頼む人が多いのでしょう。

ネットでもこの「炒飯(小)200円」のコスパの良さは評判です。担々麺、醤油ラーメン、どちらともマッチします。

京紫灯花繚乱の醤油ラーメン

京紫灯花繚乱のラーメン

目の前に運ばれてきた「中華そば」の最初の印象は「スープ、くろっ!」。多分、関西の方が東京の立ち食いそばのツユを見た時のビックリとほぼ同じ感じです。スープ、色が濃いです。
京紫灯花繚乱のラーメン

そして湧き上がるような鰹の強い薫りに圧倒されます。芳醇な薫りを放つ!と、はまさにこの事。

お店のお品書きによると・・・↓
京紫灯花繚乱お品書き

出汁は鶏や鰹節や煮干し、昆布などを使っているのに何故、こんなにも圧倒的な鰹節の薫りがガツン!と、来るのかと言うと「仕上げには、厳選に厳選を重ね辿り着いた京都鰹節の『本枯本節』にて追い鰹をし〜」って。

この最後のトドメの「追い鰹」が効いているんです。それも「本枯本節」だし。

本来、「本枯本節」は「旨味が凝縮しており、雑味がほとんどない、上品なだしが取れるのが特徴」の高級&高品質な鰹節。で、この鰹節とガチンコで対峙しているのが自家製醤油だれ。

京都の老舗澤井醤油の二度熟成醤油を軸に(コレだけでも凄いのにっ!)、豚肉、あさり、茸の旨みを加えて、醤油の薫りと旨みのポテンシャルを最大級に引き出しています。

ただの鰹節でなく、熟成がすごく進んでいる「本枯本節」と、通常よりも2倍の材料と工程をかけた「二度熟成醤油」。「凄い」モンに「凄い」モンをけしかける、まるで竜虎の争い状態。

それぞれが持っている強い薫りと風味と旨みが絶妙なバランスで構成されていて、階層的な深い味わいのあるスープになっています。

厳選した強い素材を合わせた一杯なのに「奇をてらっていない」ところが好印象。

一発屋的ではなく恒常的に美味い。明日もまた食べに来たくなる安定した強さと深さを併せ持っているなぁ〜と、食べてる最中から感心しきり。

そして、そんな凄いスープを迎え撃つ麺は「麺屋 棣鄂」の「切刃22の中太麺」。

創業1931年の京都老舗製麺所麺屋棣鄂謹製の中細ストレート麺は、真っ直ぐだから食べやすく、噛み切る時のザクザク?パツパツ?した触感が気持ち良い。

どうも、年寄りのせいか腰があり過ぎたり、ゴワつく麺は近頃苦手だから凄く嬉しい。
京紫灯花繚乱のラーメン

材料も全て京都で調達した物を使用するなど細部に渡り頑なこだわりが見られ、一本筋を通した姿勢もポイント高し!

九条ネギも京都を代表しているけど、ソレ以上に感心したのが軽く炙った油揚げ。

京都では大きくて厚い油揚げを「お揚げさん」と呼び、彼の地においてはソウルフードの扱い。

テレビや物産展などでもその美味しさは評判になってるし。炙った油揚げの触感も楽しいけど、スープに浸して汁を吸わせたのを食しても美味!

スープも最初は力強い追い鰹の薫りに押され気味なるけど、食べ進めて行くと鶏の出汁が際立つような感じになるから不思議です。

豚肩ロースチャーシューは2枚。豚の臭みもなくて適度な肉感が残っているから低温調理か?ホロホロはしてないけど、柔らかくて美味しいです。

大きめの穂先メンマも食べ応えがあって好き。よくある穂先メンマよりもしっかりしていて、歯応えがGOOD。

中盤、お酢をいれて味変をする人がいるでしょ。コレを花山椒を使っても楽しい。

本当は担々麺用なんだと思いますが、これはこれで優しいスープがキリっとして味の表情が変わって美味しいです。
京紫灯花繚乱

京紫灯花繚乱の炒飯

京紫灯花繚乱の炒飯

中華そばと同じ「二度熟成醤油」で仕上げている炒飯も第一印象は「くろっ!」。上の写真は「炒飯(並)スープ付き600円」

普通、家庭でこの色の炒飯出てきたら「しょっぱ!」と、なるでしょ。だって醤油色してんだもん。

でも、ここのはそうじゃない。当たり前だけど全然違う。

旨みの強い「二度熟成醤油」を最初から味付けで使わずに、仕上げで使うことにより「醤油の焦げ味」を風味としてプラスしてるとこがお見事。

お米の1粒1粒がちゃんと自立してて万遍なく焦げた醤油が廻ってます。味ムラ無いです。
京紫灯花繚乱の炒飯

よく出来た醤油せんべいの後味みたい。

お米の状態もパラっと?カラッと?していて、しっかり水分が飛んでいて、それでいて油の切れもバッチリ。食べ進めても器に油が残らない。煽り方が上手いんでしょうね。
京紫灯花繚乱の炒飯

それもそのはず。小さいながらも中華料理の厨房と同じ火力の強いコンロを使って鉄鍋でガンガン煽ってます。
京紫灯花繚乱の炒飯

色は黒目だが、塩気より旨みを感じる炒飯は中華そばとも担々麺の汁ともよくマッチする。

下はコスパ最高と評判の(小)炒飯200円。レンゲの大きさで見ると「少なめ?」と、思うけどそんなことない。京紫灯花繚乱の炒飯

厨房で1つ1つお茶碗にキュッキュと詰めて器に入れて盛ってるから、意外と量がある。お得感あります。

京紫灯花繚乱の担々麺

京紫灯花繚乱の担々麺

メインの中華そば(&炒飯)が「京都の老舗澤井醤油の二度熟成醤油」で勝負を仕掛けているのに対して、対抗するのがこの「京山椒香る濃厚担々麺」となるワケです。

個人的な深読みですが「灯花ラーメン」のトップの方はなかなかの策士でこだわり(コンセプトワーク)が巧みな方だと類推。

お店のそれぞれにも確率したコンセプトが存在しているのと同じで、商品にも位置づけ(役目)がある気がしてます。

団体戦に例えれば大将は「中華そば」、副将は「炒飯」。だって、券売機のボタンの位置や推し素材の「二度熟成醤油」を両者が使っているから。それにセットだし。

で、要の中堅がこの「京山椒香る濃厚担々麺」。

辛いものブームの昨今。担々麺も例外ではなく特番などで限界値ギリギリまで辛さを追求した凄まじいのが紹介されてるでしょ。二番煎じで「辛さ」を深追いしても勝ち目はないよね。

それに辛さフリーク舌のお客さんは、多分ここのラーメンを美味しいと思う舌じゃないし。

と、言うワケでここの中堅を張っている担々麺はどんなかというと「京山椒香る濃厚担々麺」。

敢えての「薫り」にシフトしてます。

でも、「薫り」って難しいでしょ。繊細だし。「辛さ」とか「痺れ」とか刺激の強い方に舵を切るたら楽なのに。敢えての難しい道、搦め手からのアタックでしょうか。

お店のお品書きによると・・・
京紫灯花繚乱の担々麺

「3種の山椒」を使用していて、その内訳は「花山椒」「青山椒」そして「京山椒」。ハードル高っ!。

食べる人がこの3つの山椒を果たして感じきれるか?受け入れ側のコッチの感度が試されますね。強い刺激に慣れた大雑把な舌には果たして・・・。

出汁は「鶏と豚の白湯だしに芳醇な昆布だしを重ねた濃厚でありながらクリアなスープ」って、そんな繊細なスープに「自家製胡麻だれ」「自家製辣油」を合わせたら、もう何がなんだか分からなくなる(焦)。

雑な自分の舌感度を呪いたい。でも、美味しいのだけはビンビン伝わってきます。

麺も「濃厚な白湯スープと胡麻だれとの相性が良い細低加水麺」を合わせてきてます。

担々麺、胡麻だれの濃厚さや辣油の辛さや山椒の痺れ感で本来はグイグイ力押ししてくる一品のはず。が、ここのは「力で押してこない」。

「薫り」や「触感の妙」で脇から攻めるスタイル。

深読みしすぎかなぁ〜?でもさ、レンゲが「穴あきレンゲ」なんだもん。それでそんな推理をしたんだけど。
京紫灯花繚乱の担々麺

「ツブツブのナッツが香ばしさとコク」を「シャッキとした九条ねぎがさっぱり感」。そして「ボロっとした豚ひきのそぼろ」。甜麺醤で炒めた豚挽肉の肉感が良いです。

そこへ、「パッツンとした触感が楽しいストレート麺」。
京紫灯花繚乱

これらの織りなす触感を味わうための小道具がこの打ち出しの穴あきレンゲか!?

味の方は正直「濃厚」を期待しているとちょっと拍子抜け。

でも、食べていくと何故かしみじみ「美味いぃっ・・・」。本場の担々麺とは違い独特ですが上品で美味しい。スープを全部飲み干せるタイプ。で、気がついたのが目の前のこのセット。
京紫灯花繚乱の担々麺

もしかしたら!?と、閃いて「山椒」を一振りしたらグンっ!と痺れが増し、横をみたら「唐辛子」や「ラー油」もいるし。

そっか、担々麺の基本の部分はガッチリ作り込んであって、あとの刺激とかは個人対応で行かせる?

だって、お品書き読めば分かるけど「自家製辣油」の作り込み方とか半端じゃない。それだけ作り込んであるから刺激の部分はお客さんが後から足しても揺らがない。

旨味がみっちり詰まった感じの上品スープは、重さやベタつきがなく後味さっぱり。辛さや痺れに弱い人でも楽しめる担々麺。納得のハイアベレージな逸品。

で、私のように調子にのって刺激を足しすぎた人は「山椒」の後ろ、「ラー油」の横に隠れてた「お酢」を入れると良いですよ。さっぱり感が足し過ぎた刺激を緩和してくれます。

誰も書かない味以外の京紫灯花繚乱の魅力「優しさ」について

不思議と誰もこの事について触れてないので敢えて書いちゃいます。書くほどの事でも無いのかも知れないけど、お店って人柄でしょ。味だけじゃ無いと思うし。

まず店頭で触れる最初の優しさは前述の通り「ベビーカーOK」と「炒飯のお持ち帰り可能」の赤文字。それ以外でも探せばまだある。ある意味、宝探し状態で楽しんでも良いくらい。

入り口横ではこんな感じ。何気なく書いてあるけど、休憩時間ナシの「通し営業」だし「テーブル席も12席あり」なら子連れでなくても荷物の多い方とか女子には嬉しい。
京紫灯花繚乱

で、入ってスグの券売機の右下を見ると「紙エプロン」が「ご自由にお取り下さい」。カウンター越しに担々麺が来るとさり気に「紙エプロン、お使いになりますか?」と聞いてくれる。
京紫灯花繚乱

私の隣で「まぜそば」を注文したワイシャツ姿のサラリーマンさんにも声をかけていました。

こちらが「ベビーカーOK」の時に「お子様はボックス席に寝かせる事が可能ですので〜」と言わしめたボックス席。これなら落ち着いて食べられるし、他の客さんへの迷惑も最小限ですみそう。
京紫灯花繚乱

また、カウンター席に着くと目についたのが・・・・
京紫灯花繚乱

後ろを振り向けば・・・・
京紫灯花繚乱

こんな感じの荷物置きと左上で切れちゃったけどコート掛け。

さらにテーブルの調味料セットに注目!!あーーっ、気が付かないかなっ!?1番右端。ガラス容器に入ってるの。
京紫灯花繚乱

分かった人は女子目線。ラーメン食べる時に邪魔になる髪の毛とめる輪ゴムです。それもカラフル、使い捨て。
京紫灯花繚乱

それとね、優しさ以外でもこのお店の人柄を感じさせたのが厨房!!
京紫灯花繚乱

メチャクチャ整理整頓されてる。つか、どんな新人が入ってきても分かるレベル。黄色のテープ貼って置くモンの名前が書いてある。こーゆー何気ない仕組みにも仕事への真摯な姿勢が垣間見えて感心しちゃう。

京紫灯花繚乱

さり気に貼ってあった「全社目標」。ちゃんと達成されてます。半期ごとに目標も変わるんだって。

「京紫灯花繚乱」の接客は美味しいラーメン屋さんと言われるお店にありがちな「熱い(暑っ苦しい)」接客じゃないんです。熱くはないけど「ちゃんとしてる」のが印象的でした。挨拶や紙エプロンの声かけとか。

例えばね、あまり見られたくはないだろうけど厨房。「整ってる」!!物も丼もみんなちゃんとしてるんです。
京紫灯花繚乱

お昼時のテンパるような時間帯でフル稼働中でも丼を始めとする食器の並びも美しい。
京紫灯花繚乱

ラーメン撮影も得意なカメラマン・長谷川敬介さんについて

カメラマンの長谷川啓介さん

今回、メインの「中華そば」や「炒飯」を撮影してくれたのがプロカメラマンの長谷川敬介さん。

ラーメンなどの撮影の他に「カメラ教室」も主催しています。

「構図のコツとか、とても分かりやすかったです」「何よりとても楽しかったです」「カメラの世界が広がりました」など受講生の評価も高いのに腰は目一杯低い丁寧な方です。

ホームページは→「Ramen Photo」

プロフィールは→https://xn--p3tn0jeuac63b.net/profile/

まとめ

京紫灯花繚乱

「京紫灯花繚乱(キョウムラサキトウカリョウラン)」

住所:東京都新宿区四谷4-7 小林ビル1F

電話:03-3357-2221

営業時間:11:00〜21:30(通し営業)

定休日:なし

席数:カウンター13席 ボックス席12席(4名×3卓)

全席禁煙

ベビーカーでの入店OK!

お店の場所は四谷四丁目交差点付近。
最寄り駅の東京メトロ丸ノ内線・四谷三丁目駅からは徒歩5分ほど。
1番出口からまっすぐ「新宿通り」を四谷四丁目交差点に向かっていくと到着です。
グーグルの地図

吟醸煮干 灯花紅猿

「吟醸煮干 灯花紅猿(ギンジョウニボシ トウカベニザル)」

住所:東京都新新宿区荒木町8-3

電話:03-5379-0241

営業時間:11:00~21:30(ランチ営業、日曜営業)

定休日:なし

席数:5席(カウンターのみ)
グーグルマップ

鯛塩そば 灯花

「鯛塩そば 灯花(タイシオソバ トウカ)」

住所:東京都新宿区舟町12-13 石原マンション 1F

電話:03-3354-3303

営業時間:11:00~23:00(ランチ営業・夜10時以降入店可・日曜営業)

定休日:なし

席数:カウンター10席
グーグルマップ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です