THEベッカクTV|レトワブールの1斤6500円の高級食パン

XO食パン
レトワブールのXO食パン

出典:http://www.les3boules.jp

 

先日、鎌倉の極楽寺のカフェの話題から
「超高級食パン」の存在を知った
ヒグチですが、
世の中、当然上には上がおりました。

販売するのは、
兵庫県姫路市にある
ベーカリー
「Les 3 boules(
レトワブール)」

「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」
各種メディアでもで紹介され現在話題となっているお店。

私の知る限りでは(多分)このお店の
この食パンが日本で1番高い食パンランキングで1位だと思います。

「凄い」の遥かその上に
キングのごとく威風堂々鎮座する唯一無二の存在・・・
それが「ベッカク」!

この食パンはそんな「別格」の1つの形ではないでしょうか。

スポンサーリンク



1斤6500円のレトワブールの超高級食パンとは

「出来るなら毎日食べたい!超リッチな日常食品」
にランクインする「レトワブールのXO食パン」は、
軽く計算しても一般の食パンの平均価格の77倍の価格です。

(アラブの石油王なら毎日食べられるかも知れないが・・・)

では、その77倍に込めた職人さんのこだわりや
理由を検証して行きたいと思います。

「1斤6500円」の常識を度外視したこの値段の高さの秘密は
オーナー自らが厳選した素材を贅沢に使用」している事と
「妥協を一切許さないこだわりの製法」にあるようです。

[厳選素材について]

●生地には、香り高いデンマーク産の発酵バター」を贅沢に使用。

非常に香りが高く、
わずかな酸味が特徴の「ルアーパックのバター」
を使う事により、
しっとりとした食感と風味の良さを追求。

最高級クラス「蒜山(ひるぜん)ジャージー牛乳」
脂肪分47%
「北海道産生クリーム」の「こだわりの乳」を使用。

「XO食パン」は普通の食パンと違って
糖分を加えていないのに

口に入れた瞬間にしっかりと甘みを感じるそうです。

その秘密が「蒜山ジャージー牛乳」と「北海道産生クリーム」。

「乳」の本来の甘みが食パン全体の良質で上品な甘みになっているため、
砂糖などの糖分を加えていないのに、
口に含むと上質な甘みが広がる!と、
言う驚愕のこだわりからの味わい。

●真珠粉

その名の通り真珠の粉で、
主成分はイオン化された炭酸カルシウム

ほかにも多くのミネラル類をたっぷりを含んでいます。

どんな味なのか想像を絶しているし、
ミネラルが豊富で身体にも良いのは何となく理解できますが、
それ以上に「1斤6500円=通常の食パンの77倍の価格」の秘密は
この粉の存在が大きいのではないか?と、
感じるのは私だけでしょうか・・・。

XO食パンは、焼きたても当然おいしいのですが、一晩寝かしたあとはさらに美味しく召し上がっていただけます。これは一晩寝かすことによって、真珠粉の成分と発酵バターの香りがパン全体に広がり、しっとり感と風味が熟し、丁度よい食べ頃になるからです。

と、ホームページで言っているので
真珠粉はやはり必要なんでしょうね。

食パンと真珠粉

出典:http://www.les3boules.com/SHOP/bx07001.html

真珠と一緒に写る食パンの写真も珍しいです。

これ以外にも以下のような高級食材をこだわりをもって贅沢い使用してますね。

●「奥丹波の地養卵」

生後180日までの若鶏が生んだ希少価値のある卵を使っています。

●「ゲランド塩」

フランス産ゲランド塩の中でも特に良質な「海の果実」と言うブランドを使用。

●「フランス産純小麦粉」

こだわりのパン生地はこの強力粉から生まれます。

 

[こだわりの製法について]

上記の「こだわりの食材」だけでもビックリですが、
それだけでは
「1斤6500円=通常の食パンの77倍の価格」の溝は埋まらないと思います。

「レトワブール」は製法にもこだわり抜いてます。

試行錯誤を繰り返し、
それぞれの食材が
その持ち味を最大限に活かせる配合や作り方を模索し、
その結果生まれた食パンが「1斤6500円のXO食パン」なのです。

こだわりの製法も色々と驚くポイントがあります。

●「材料の温度にまでこだわって品質管理している」

この辺は他店でも意外とやりそうでが、
レトワブールでは毎日、小麦粉の温度、
室温、湿度、複材等の温度を計算し、
仕込み水を決めているそうです。

それを目安に決める発酵時間などのデータは毎日記録され、
一切の妥協をしない高級パン作りの財産として
日々蓄積しているので安定の味なんでしょうね。

●「オーブンに入れた時に熱が均一に伝わるように1本ずつ焼き上げる」

・・・生産性度外視でしょうか。

●「生地を約55時間かけてしっかりと熟成」

そのため、
「XO食パン」の販売は週に1回・木曜日だけ
なってしまうようです。

スポンサーリンク



実際に1斤6500円の食パンを食べた人の感想とお薦めの食べ方など

実際にネット販売で購入した方の感想だと・・・

しっかりしたハコに入っており、
開けてみると普通の食パンよりも一回り大きいサイズの食パンが入っていました」

「まず、一切れをトースターで焼いて、
何も塗らずにそのまま食べてみると、
しっとり柔らかいのをイメージしていたら、
そうではなく意外と弾力のある食パンでした」

さらにこの方は「シチュー」に合わせて食べてみました。

硬さがあるタイプの食パンなので、
シチューを吸って軟らかくなって、
小麦の風味も感じて美味しかった
です」

・・・・良かった、良かった。

最終的には「自分が今まで食べたどの食パンより美味しかったです」と、
結んでいましたがでも、
やはり「1斤6500円」は妥当かどうか?
自分のサイフから定期的に購入するか?は、
悩みどころのようです。

結局のところ、
ここまで超越した「別格な商品」だと、
受け手(食べる人)の感性とかこだわりとか経験から、
それが「妥当な価格=日常的に根付く」か
「高い=1回買ったらもう買わない」かが分かれると思いました。

でも、お店は潰れていないし、
話題にもなっているので
「価値に納得してこの食パンを日常的に購入している」人達がいるのも事実。

価格を凌駕する底力に感服です。

XO食パン

出典:http://www.les3boules.com/SHOP/bx07001.html

 

お店からのXO食パンの美味しい食べ方は・・・

■届いたその日は・・・

是非そのままで、生地の香りや食感をお楽しみください。

■次の日からは・・・

少し厚めにスライスして、火力の強いトースターかグリルで両面をさっと焼きます。

冷たい薄切り(3.4mm)のバターをたっぷりとのせて、伸ばさずにそのままXOパンと一緒にお口にどうぞ!

温かいXOパンと冷たいバターが絡み合って、心地よい食感と濃厚な味わいが楽しめます!

だ、そうです。また・・・

商品到着後3日以内に召し上がれない場合、お好みの厚さにスライスし、乾燥を防ぐため、1枚ずつ密封し冷凍保存してください。

冷凍保存後は、自然解凍して上記と同じ方法でお召し上がりください。

とも。

こだわりの食パンでもさすがに丸々1本はすぐには食べきれない。

添加物や保存料も一切使用していないので、
劣化もしちゃうでしょう。

しかし、こんな時の対処法もちゃんとお知らせしてくれるのが嬉しいです。

1斤6500円の最高級食パンが買えるレトワブールの店舗情報

「レトワブール」は
兵庫県姫路市にある亀山駅から徒歩5分ほどの場所に位置している、
食パン専門店。

レンガ調の外観がなんともオシャレです。

レトワブルー店舗外観

出典:http://www.les3boules.jp/shopinfo/

 

さすが高級食パンを売っているだけあって、品のある佇まいです。

「Les 3 boules」←この表記で、“レトワブール”。
「Les(レ)3(トワ)boules(ブール)」と、読みます。

表記を知らずに探そうと思ったら、迷います。フランス語でしょうか。

お店の前には3台分の駐車スペースがあります。

こちらの店舗では、
週毎にメニューが替わる日替わりパン(1本440円)などを販売
しています。

これは意外と普通の価格で庶民でも手がでます

定番の食パンをはじめ、
季節の旬素材を練りこんだ食パンなど色々と取りそろえているようです。

店内風景

出典:http://www.les3boules.jp/shopinfo/

お店の中はこんな感じです。

 

住所:兵庫県姫路市亀山2-161-1-103

電話:079-233-3935

営業時間:9:00~19:00

定休日:日曜日・第2月曜日(7月~9月は、第4月曜日も休業)

1斤6500円の高級食パンが買えるレトワブールの公式サイト

蛇足

[蛇足1] もし、1斤6500円の食パンに塗るのならこんなバターがお薦めかも。
通の間ではエシレバターよりも、ボルディエバター!と、
言う人もいるくらい。

ボルディエバターの写真

出典:http://www.frenchfb.com/bordier

木製攪拌槽を使用して3日間をかけて
職人が手作りするバターは、
フランス国内外のシェフから高い評価を得ている逸品。

フランスの三ツ星レストランや一流ホテルなどで
必ずと言って良いほどよく使われているそうです。

[蛇足2] このお店を知るまでは
「ここがブッチギリで最高価格」と思っていた
「最高級食パン専門店が経営」している
「日本初の食パンスイーツの専門店」と
「そこまでは高くないけどでも美味しい姉妹店」が書かれている
鎌倉(極楽寺)の記事です。

食パン繋がりでご興味のある方は一読してみて下さい。

いやぁ〜、上には上がいましたね。

http://good-luck50.club/umimachi_diary/

そして、ロケ地が同じ極楽寺の人気ドラマはこちら。

http://good-luck50.club/sakanoshita_cafe_road/

 

スポンサーリンク



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です