ダイエット総選挙2017|もち麦ダイエットで便秘?効果なし?

もち麦ダイエット
もち麦ダイエット

ダイエット総選挙2017を含め今年に入って何かとテレビで取り上げられている「もち麦」ですが、出る杭は打たれる?ネットでは「もち麦 便秘」や「もち麦 効果なし」などの声も。

で、今日はその辺を踏まえて「もち麦ごはん」との誤解の無い、正しい付き合い方について語ろうと思います。

知ってからチャレンジするのと、丸腰で知識の無い状態でチャレンジして「効果ないじゃん!」となるかは大きな差です。さらに詳しい事を知りたい方は→「スープジャーダイエット|もち麦なら低カロリーで食物繊維も」の記事がお薦め!

夏までにダイエットしたい人、腸活を極めたい方にも必見な記事です。ワンランクアップした自分を目指して!もち麦食べてみんなで頑張ろー。



もち麦ごはんを食べて逆に便秘になってしまう理由

ここ数年、健康食品として知名度が上がってきたもち麦は、ダイエット効果はもちろん便秘解消や高血圧予防など、様々な生活習慣病に効果があると言われています。

特に注目を集めているのがもち麦の食物繊維で、他の食品を圧倒している理由は2つ。

1つは「食物の量の多さ」。2つ目は「食物繊維の種類」。もち麦は「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」のW食物繊維を持ち合わせているんです。

しかし、食物繊維も摂りすぎると逆効果となる場合があります。ダイエット総選挙2017のもち麦チーム担当:山下シェフの著作でも以下のよう記述があります。

もち麦は腸内環境を改善する最強食材

●もち麦で便秘解消、代謝&免疫力アップ!!
便のかさを増やし、排便を促す効果がる不溶性食物繊維ですが、じつは、ひどい便秘症の場合、必死に不溶性食物繊維を多く含む食材を食べることで、逆に便秘を悪化させてしまう可能性があります。

出典:もち麦ダイエットレシピ p30より

これを書かれたのは「小林メディカルクリニック東京 院長 小林暁子さんです。

そうなんです。便秘の人が取るべき食物繊維は「水溶性の食物繊維」。この水溶性の食物繊維が腸内細菌のエサになり善玉菌を増やし、ひいては腸内環境の改善に繋がるんです。

じゃあ「不溶性食物繊維」はどーなんだ!?と。「不溶性と水溶性」食物繊維でもそれぞれ役割が違うんです。

「不溶性食物繊維」は野菜やキノコ・豆類などに含まれていて文字通り水に溶けません。そのため腸内の水分を吸って膨らみ、便のかさを増し排便を促すのでこれはコレで便秘改善に役立ちます。

それ以外でも腸内の有害物質を体外に出すという有り難い働きもしています。

で、「何故、便秘になってしまうのか?」と言えば複数のポイントがあります。

水溶性食物繊維は便を柔らかくして出しやすくします。一方、不溶性食物繊維は便の量を増やして腸の活動を活発にし、便の腸内滞在時間を短くします。

しかし、不溶性食物繊維で便の量を増やしても、水溶性食物繊維で柔らかくしないと「便は増えても固くて出ない」状態になりこれが便秘と言われます。2つの食物繊維のバランスの問題ですね。

これは、比較的もち麦を食べ慣れてない人に起こりやすいです。

もち麦は他の雑穀と比べて白米と混ぜてもモチモチとして食べやすいので、つい食べ過ぎちゃう傾向があります。しかし、やはり麦。よく噛まずにバクバク食べたら消化不良を起こします。

よく噛まないと上手く消化できず、人によっては便秘や逆にお腹がゆるくなることがあります。ダイエット的にも満腹中枢を呼び覚ますためにも「ちゃんと噛む」=「噛む回数を増やす」ことは大切です。心して下さい。

「ダイエット総選挙2017」では番組内でもサラッと言ってましたが「効果を出すため今回はもち麦100%で〜」は初心者にはキツイです。続かないダイエットは意味がありません。

山下シェフの本で言うなら「3割炊きもち麦ごはん」。はくばくのもち麦を使うなら「もち麦スティック1本:米1合」のがお薦めです。



もち麦で便秘になったと感じた時の対処法

もち麦ごはんを食べだして「あれっ!?出ない・・・」と、感じた時には取りあえず以下の3つを試してみて下さい。

(1)食べやすいからとバクバクいかずにちゃんと噛む。噛む回数を意識的に増やす。その方がダイエット的にも良い。

(2)もち麦ごはんを炊く前の浸水時間を長めに取る。山下シェフは夏場は15分。冬場は30分と書いてるが、最大1時間を限度に浸水時間を規定より増やしてみる。浸水時間が伸びればもち麦も多少消化しやすくなるはず。

(3)「不溶性食物繊維」の効果を引き出すためにも水分を取る量を増やす。でも、ジュースとか牛乳とか甘みやカロリーのあるものは止めて、どうせなら白湯とか体に負荷をかけない良い水分を意識的に多く摂る。熱中症対策にもるし。



まとめ

何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」と、言います。

W食物繊維がウリのもち麦ですが、特に「水溶性食物繊維(β-グルカン)」が高評価です。実は、野菜をたくさん食べて摂取できる食物繊維は、ほとんどが不溶性食物繊維。水溶性の食物繊維はなかなか摂取出来ないのが現実。

で、この水溶性の食物繊維の一種類に「β-グルカン」と、言うのがあってココに今、世界的にも注目度が上がっているんです。このβ-グルカンをもち麦で換算したら、1日50〜60gを食べれば効果が出る必要量になるようです。

注目されるのは嬉しいんですが、テレビはテレビ。「ダイエット総選挙2017」以外の番組名は伏せるけど、もち麦を取り上げた各テレビの「もち麦:白米」比率を比べると・・・・
テレビ東京の番組は「5:5」
フジテレビの番組は「1:1」
日本テレの番組は「1:3」
そして最新のTBSテレビ「ダイエット総選挙2017」は「1:0」
そう、「もち麦100%」でした。やっぱりちょっと極端な割合?

自画自賛じゃないけど、前の記事でも書いた通り「3割炊きもち麦ごはん」からスタートして、慣れたら「黄金レシピ」の比率で毎日、無理なく食べ続けるのが良いんじゃないでしょうか。

腸内環境はだいたい2〜3週間で変化し始め、3ヶ月で体質が変わります。食べるダイエットのため生活に取り入れやすいもち麦です。腸が弱い人は、少しずつもち麦の量を増やして、腸内を慣らしてからじっくり取り組むのが得策です。

ネタ本と化している山下シェフの名作

3割炊きもち麦ごはんが1発で作れる便利なスティックタイプの個包装。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です