たまごレシピの超・荒技!?温泉卵のレンジレシピ大公開!!

パスタと温泉卵
温泉卵

温泉卵

レンジで卵を調理するのは爆発しちゃう!

いえ、いえっ「たまごレシピ」の新革命。

レンジレシピの決定版!

試してみたら意外と簡単。

60秒前後の短時間で簡単に温泉卵が作れたら?・・・

ラーメンに、お粥に、パスタに!

ちょっと添えるだけで見た目も栄養価もグンとアップします。

是非、お試しを。



準備はこれだけ。ホントに簡単!さぁ、始めるよ

準備するのは、

レンジ対応なガラスのコップ(ここではモロゾフのプリンのコップ)と卵。

それとあると便利な穴あきのお玉(湯豆腐とかで使うアレ)。

コップと卵

レンジ対応のガラスのコップと卵

ガラスの方が中の状態が見えるから何かと便利です。

卵の大きさはお好みで。

穴あきお玉

あると便利です

アクひき用のお玉だとユルい白身が詰まります。

100均でも販売してますので、良かったらこの際にご購入を。

 



60秒前後の勝負です!

まず、コップに卵を割り入れます。

次にコップのフチからそっと水を入れましょう。

卵がかぶるくらいでOKです。

コップの中の卵と水

だいたいこんな感じになります

さぁ、次はレンジに入れます!

が、爆発が恐い方はこの時点で2〜4カ所ほど黄味を爪楊枝で穴を開けます。

軽く突く感じです。

加熱時間は50秒から65秒ほど。

卵の大きさや冷え具合、水の温度により微妙に時間は調整が必要になります。

50秒加熱した卵

500wで50秒加熱した卵

まだ黄味は全然ナマ。白身も微妙にナマです。

でも、ここら辺から急に火が通り始めますから、レンジの中から目を離しちゃいけません。

温泉卵・上から

65秒目でここまで来ました

 

みるみる火が通ってきます。

取りあえず60秒にレンジを設定して。。

目で見て良ければ途中で出すし、足りなければ10秒単位でプラスして加熱してみて下さい。

温泉卵・横

横から見るとこんな感じです。

 

レンジから取り出す時は滑りやすいので火傷に注意です。

火の通りが、まだお好みでない時は、しばらくおいて、様子を見て下さい。

余熱で何とか成るときがあります。

取り出された卵

穴あきお玉が活躍します

 



100均にはこんな便利なグッズもあります

便利グッズ

ちなみにダイソーです。

 

悪くないです。

お湯が捨てやすく、盛りつける時も便利です。

ただ、中が見えないから様子を見ながらの加熱にはちょっと不便かな?

何個かまとめて作りたいのなら、まずは、ガラスのコップで試してみてはいかがでしょうか。

便利グッズの温泉卵

出来上がりはこんな感じ

 



まとめ

ゆで卵は意外と茹でる時間がかかるし、何より焦っているときに限って殻がベコベコに剥けて悔しい思いをした人は多かったはず。

そんな方々には朗報かもしれません。

これは白身と黄身の凝固温度の差を利用した料理です。

パスタと温泉卵

パスタの乗せたら、アラおしゃれ

 

見た目も栄養価も格段にアップする裏技でしょうか。

 



この記事が役に立った!・オモシロイ!と思われたらシェアして頂いたら嬉しいです。よろしくお願い致します。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です