横浜最強!話題の「なんじゃもんじゃカフェ」に行くなら土曜日!と言い切る強力な理由

ツリーカフェのベーグルのフレンチトースト
untitled

untitled

覚悟を持ってこのカフェに行くのなら、限定品のある土曜日が絶対にお薦め。専門店を凌駕する驚愕の逸品。目からウロコがボロボロ落ちます。



土曜限定のなんじゃもんじゃカフェ・特別メニューとは

 

ベーグルのフレンチトースト・土曜限定30食

 

フレンチトーストの専門店にも負けないお味です。正直、ここまで美味しいとは想像してませんでした。このカフェが一筋縄じゃいかない点に「提供される料理の質の高さ」があります。例えば、このベーグルが自家製であることからもそれがうかがえます。

木のプレートの上に「大きめのバニラアイス」とスキレットの中で「熱々になったフレンチトーストのベーグル様」登場。プレートの左上にはカフェのマークがさりげなく刻印されています。さらに、持って来てくれたお兄さんがひざまずいて「メープルシロップをおかけしてもよろしいでしょうか?」・・・!!木の上なのにあり得ない展開。だって、人が歩くとビミョーに揺らぐ木の上で、熱々の食べ物が供されるだけでも感激なのに、お兄さんがひざまずく!この状況で「シロップはいりません」と断る人が果たしているだろうか?シロップをかけて頂くと、ジュワジュワッとはぜる音ともに甘い香りが立ちのぼり、ここがどんな場所かも忘れます。

この照りが素晴らしい!!

この照りが素晴らしい!!

 

ベーグルの下ではシロップがジュワジュワッ。上はキャラメリゼされてテリッテリのカリッカリ!!ちなみにキャラメリゼって言うのは、砂糖をバーナーなどで加熱して表面をカリカリのカラメル状にしたもの。クリームブリュレの上の部分もそれですね。 色々なタイプのフレンチトーストが様々なカフェで展開されていますが、このタイプはなかなかどうしての完成度です。

「on theアイス!!」

「on theアイス!!」

登場写真でも分かる通り、フレンチトースト本体にもアイスにもシナモンがかかっています。独特な香りが良い感じに食欲をそそりますね。重量感のある大きめのバニラアイスをデーンと乗せるとさらに萌え度がアップします。

 

半端ないシットリ度に感激必須

半端ないシットリ度に感激必須

フレンチトーストの中のシットリむっちり感は、玉子液の染み具合もありますが、何より本体の自家製ベーグルのポテンシャルの高さも影響してますね。味、食感、温度、香り・・・全部がそれぞれに高いギリギリのレベルで融合してる、1つの作品のような一品。こんな凄いモンが木の上で風を感じながら食べられるなんて・・・あ〜・・幸せ。もうね、富士山のてっぺんで出来たての今半のすき焼き食べるような感じです。それくらい、状況設定と美味しさのギャップが激しいです。「この状況でこれが食べられる!?」の驚きがここの凄さの一端です。



まとめ

 

入り口の階段横のメニュー板

入り口の階段横のメニュー板

 

このカフェが人気の理由は「立地の特異性」もありますが、カフェの基本でもある「ハイクオリティな料理の質」もあると思います。 注文を受けてから豆を挽いて淹れるコーヒーの味わいと香りの高さ。女子受け必須の手作り感満載のスコーン。

大きめのチョコやナッツがガッツリです

大きめのチョコやナッツがガッツリです

オリジナルのラップサンド、自家製の各種ベーグル。大人のセンスでチョイスされたハートランドビールやアップルタイザーなど、木の上で味わえば心の奥まで染み渡りそう。 提供される食べ物にも、接客態度にも共通して感じられるのは「丁寧さ」。一般的な地上?のカフェと比べても遜色がありません。とても癒やされます。色々とハードルはありますが、是非1度、横浜にお越しの際はこのカフェまで足を伸ばして欲しいもんです。他所では得られない心地よさを体感できます。




この記事が役に立った!・オモシロイ!と思われたらシェアして頂いたら嬉しいです。よろしくお願い致します。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です