レシピ|固くなったスーパー13グレインで作る絶品ベーグルピザ2品

ベーグルでダブルチーズピザ

 

ベーグルのダブルチーズピザ

2016年8月25日に公開した「成城石井のパン売り場で迷ったらスーパー13グレインを買うワケ」がけっこう根強い人気があることに気がついたので、関連記事でそれのレシピをシリーズで書こうと思いました。

ベーグルは普通のパンと違って生地に油脂を含まないので固くなるのが早いです。と、言うワケで「固くなったベーグル」で美味しく作るアレンジレシピをご紹介。

今日はシラスを使った「チチニエリ」と、気軽に出来るけど見栄えの良い「Wチーズピザ」を解説します。

今回のこの記事は・・・
・スーパー13グレインのファンでもっと楽しみたい方
・固くなったベーグルで作る絶品ピザを食べたい方へ、
ほぼ狙い撃ちな記事になってます。

あ、でもこのレシピ達、固くなっていない「買いたてのベーグル」でも十分に美味しいですよ。



ベーグルでピザを作る前の準備と注意点

(固くなった)スーパー13グレインを横半分に切る。こんな感じになりますね。

横半分に切ったスーパー13グレイン
で、今回はある意味「雑穀がザクザク入った」スーパー13グレインを意識して、その触感を邪魔しない組み合わせでいきます。アップで見るとツブツブ・ザクザクが伝わるでしょうか。
スーパー13グレイン
でも、スーパー13グレインじゃない、普通のプレーンなベーグルでも美味しく作れます。安心してください。

ベーグルは半分に切ってもそこそこの厚みがあるし、噛みごたえがあるため、ピザの具はあまりゴロゴロした物は避けます。

形もドーナッツ型だから盛り過ぎると溢れるし。チーズこってり、トッピングたっぷりの贅沢ピザは他で楽しんで下さい。

ベーグルの穴からチーズが垂れてトースター汚すと嫌なのでアルミホイルひくと良いです。



シラスと玉ねぎで作る、海を感じる【チチニエリ】

(1)横半分に切ったベーグルにピザソースを塗る。

(2)溶けて流れ出ない量のピザチーズをのせる。

(3)シラス→スライスした玉ねぎの順でトッピング。
ベーグルでチチニエリ

 

アップで見るとこんな感じ。
ベーグルのチチニエリ

(4)トースターで焼く。

で、仕上がりはこんな感じ。
ベーグルでチチニエリ

 

アップだとこんな感じ。
ベーグルでチチニエリ
見た目は地味ですが、予想以上にシラスが美味しいです。

第3のトッピングでお薦めは2つ。「刻み海苔」か「スライスしたブラックオリーブ」。どっちも合うけど、個人的には刻み海苔。

手軽で簡単!フォトジェニックな【Wチーズピザ】

(1)横半分に切ったベーグルにピザソースを塗る。

(2)溶けて流れ出ない量のピザチーズをのせる。

(3)2番めのベビーチーズをちぎってトッピング。
ベーグルでダブルチーズピザ

 

引きだとわかりづらいので寄ってみると・・・
ベーグルでダブルチーズピザ

(4)トースターで焼く。

で、仕上がりはこんな感じ。
ベーグルでダブルチーズピザ

 

見た目が良いですね。2番目のチーズ、焼き具合が違っていて美味しそう。

ベーグルのダブルチーズピザ
ブラックペッパーを気持ち多めに振るのも大人味。

ピザソースじゃなくって、マヨネーズを薄く塗るのも味が変わって美味。

さらに大人にしたければ粒マスタード入りのマヨネーズを塗って焼く。ペーストのアンチョビを入れるのもアリ。

見た目で差をつけたければ緑のジェノベーゼソースを線状に上から垂らす!



まとめ

最初のチチニエリはやはりシラスで。ジャコじゃ大きいし、固いからちょっとね。湘南の風を感じるピザです。見た目は和風だけど食べたらお洒落。生ビールと相性良いです。

 

2つ目のWチーズは大袈裟に考えないでスーパーに売ってるベビーチーズでOK。ちなみに今回は「QBB PREMIUMベビーチーズ ゴルゴンゾーラ入り」(右の方)を使いました。
ベビーチーズ2種類

個人的な感想ですが、このシリーズの「カマンベール入り」(左の方)は、スープやソースのコク出しに凄く重宝します。もちろん、ダブルチーズでピザに使うのもアリ。

カマンベールだゴルゴンゾーラだと書いてありますが、お値段は純正?のそれよりメチャクチャお安いし、持つし、少量で使えるからかなり便利です。このシリーズは見かけたら買っておいて損はないですよ、奥さん!

今回はこのピザソースを私は使いました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です