スープジャーダイエット|簡単スープパスタで痩せる方法

スープジャーで作ったパスタスープ
スープジャーで作るパスタスープの完成写真

暑かった夏もそろそろ過去形。
何を食べても美味しい秋が到来ですが、
これ以上「肉をつけたくない!」と、言う方に朗報!!

話題のスープジャーダイエットに
「パスタ」レシピが登場です。



スープジャーダイエット+パスタでさらに痩せる!?

まず最初に伝えたいのは
「パスタで太るは勘違い!」

パスタは他の炭水化物と比較して、
高カロリーだからと
敬遠されているようですが、
それは大きな間違いでした。

むしろ、パスタはダイエットに効果的だとして
分かる人の間では注目を集めています。

パスタは白米と比較すると
タンパク質や食物繊維、
ビタミンB2、
カルシウム、鉄分などが
豊富に含まれており、
消化が穏やかであることが実証されています。

また、うどんやそばのような
ノド越しで食べる麺類と違って、
パスタは元々噛んで食べる食品であるため
満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを防ぐことができます。

昨今流行りの、「炭水化物抜きダイエット」。
パスタをはじめとするあらゆる炭水化物を抜いて
痩せようとする方がいますが、
極端に炭水化物を避けると
健康に害を及ぼすことがあります。

私達の身体が健康を維持するためには、
炭水化物は不可欠なのです。

どの食品でも摂取し過ぎれば太ります。
が、全く摂らないと言うのも問題です。
生活習慣病になったり、
疲労感を感じやすくなったり
と、体調に悪影響を及ぼします。

いくらダイエット中だとはいえ、
適度な炭水化物を摂ることは必要なんです。

高カロリーなパスタでも、
太りにくい食べ方の
ポイントを押さえれば、
むしろパスタをダイエットの味方にする事も可能です。

ダイエット中のパスタとの基本的な付き合い方

例えばペペロンチーノのような
パスタメインのタイプだと、
必然的にパスタ(炭水化物)の量が
多くなってしまいます。

これを防止するためには、
サラダやスープを一緒に食べることを
お薦めします。

ここでのポイントは、
一口目に胃に入れる(食べる)ものを
食物繊維が含まれたもの(野菜とか)にする事。

一口目からパスタを入れてしまうと、
急激に血糖値が上がり
太りやすくなりますので注意が必要です。

さらに、食物繊維が豊富な野菜を
パスタと共に食べる事により、
消化吸収や腸内環境が改善され
ダイエット効果を高めます。

また、かなり基本的なことですが、
人は噛む回数を増やすことにより
満腹中枢が刺激され、
満足感(満腹感)を得られやすくなり
結果、食欲を抑えることができます。

時間があまり取れないランチタイムとはいえ、
早食いはダイエットの敵。
よく噛んでも流し込んでも
食事時間は10分と変わりはしないので、
しっかり噛んで食べるようにしましょう。

「咀嚼」と言う効用を考えた場合、
「お粥」よりも「パスタ」に軍配は上がるはずです。



お米(お粥)やパンよりパスタの方がダイエット向きである理由

最初に言っておきます。
だからと言ってお米=お粥の効用も捨てがたいです。
個人的には毎日スープジャーを使い
色々な食材を回し食べることにより、
健康的で美味しくて安いランチを継続し
あなたが理想とする体型や体重や体調を
手に入れて欲しいと思います。

ですが、パスタもダイエットには大変有効なので
ここでお知らせする次第です。

以下、パスタがお米やパンよりダイエット向きなアピール。

少し前に「低インシュリンダイエット」と言うのがありました。
これは食品の「GI値」を利用したダイエット理論です。

インシュリンダイエットがなぜ良いかと言うと、
カロリーを減らすだけのダイエットは
ご存じのように色々と問題があるからです。

そこで低インシュリンダイエットです。
こちらはカロリーは気にしません。
気にするのは「GI値」。

GI値とは、食後の血糖値の上昇度を表す指数のことです。

 低インシュリンダイエットは、
インシュリンを低く抑える食品
=GI値の低いを選択することで、
血糖値を低く保ち、インシュリンの脂肪合成を阻止し、
脂肪燃焼を促進させて、最終的には痩せられる仕組みです。

インシュリンを低く抑える
→食後も血糖値を低く保てる
→インシュリンの
脂肪合成を阻止
脂肪燃焼がすすむ。・・・・と、なります。

そこでGI値を比べた場合、
パスタはGI値が65(中GI食品)。
白米が84(高GI食品)になり、
単純に比較すると白米よりパスタの方が
ダイエットに向いていると言えます。

さらにパスタは「難消化性でんぷん質」を含んでいます。

これは読んで字のごとく
「消化の難しい」でんぷん質のことです。
消化されにくいということは、
摂取カロリーも必然と少なくなります。

また、難消化性でんぷん質は
一緒に食べた他の物の消化を助け、
代謝を上げたり血糖値をコントロールする
効果も認められています。

以上のことから、
パスタは、白米よりも「脂肪燃焼しやすい体」を作ってくれます。

また、パスタは白米やパンに比べて
糖質の燃焼が早く糖分が体に残らないため、
脂肪に変換されにくい性質があります。
ですから、パスタは白米やパンよりも
ダイエットに向いていると言われます。

そして、パスタの原料であるデュラム小麦には、
ビタミンB群が多く含まれています。

ビタミンB群は炭水化物を体内で
素早くエネルギーに代える働きをします。
マラソン選手が試合前日にパスタを食べるのもそのためです。

食物繊維やカルシウムもパスタは白米の3~4倍も多く含まれています。

以上の理由から、パスタは美味しく楽しくダイエットするためには、
かなり有効な食材と言えるのです。




パスタで痩せるスープジャーダイエットのやり方

1/用意するのはマカロニとトマト味のスープの素。

注意したいのは、ショートパスタは
普通の茹であがりの物を選んで下さい。
「早茹でパスタ」だとグズグズになってしまいます。

用意するパスタとスープの素
どっちか分からなかったら茹で時間の長い方を選択。
8分ってあるでしょ。早ゆでは4分とか3分だから。
この茹で時間が長い方を選ぶ。
2/スープジャーに大さじ1杯山盛りくらいの
ショートパスタを入れたら、
しっかり沸騰したお湯を入れて5分放置。
パスタの下茹で?とスープジャーの余熱をします。
大さじ1杯山盛りのパスタが1回分
お皿に広げるとこんな感じ。
大さじ一杯山盛りのパスタを広げたところ
こちらが5分下茹でされたパスタ。
5分下茹でされたパスタ
3/スープジャーを余熱している間に
野菜を切ります。
小さめのさいの目切りに。
量は1種類の野菜で大さじ1杯山盛り位。
時計回りで
・玉ねぎ
・ブラックオリーブ
・にんじん
・ジャガイモ
・キャベツ
・ベーコン
スープに入れる野菜の例
4/これらを全部混ぜて、お皿に平たく伸ばす。
理由は「均一に加熱したい」から。
均一に加熱出来るように全部混ぜて広げる
5/皿にラップをかけて600wで1分くらい。
お皿の底も熱くなってる感じでしょうか。
1分位レンジで加熱
6/パスタ、具材を全部スープジャーに入れて混ぜる。
加熱するとパスタからでんぷんが出て、
パスタ同士がくっついちゃうからそれの予防。
コンソメキューブ1/4個も入れ、
スープの素も入れる。
パスタと具材を全部混ぜる
7/再度しっかり沸騰したお湯をいれてかき回す。
(スープによっては15秒かき混ぜてとかあるから)
フタをきっちり締めて3時間放置。
スープの素とお湯を入れて混ぜる
8/3時間後に開けてみると、
ちゃんとスープパスタになってます。
温度を測ったらまだ70度もありますね。
3時間後に開けたら70度をキープしてる
9/スープ皿にあけてみたら
約2人分のスープになりました。
大さじ1杯強のパスタで2人分のスープパスタが

まとめ

味は市販のカップスープの素をベースに、
足りない分を野菜やベーコンの旨味と
お約束のコンソメキューブ1/4個で
完璧に美味しく出来ます。

普通に食べても満腹感はあります。

ただ使うパスタの種類によって
茹であがりの食感が同じにはいきません。

絶対にダメなのは「早茹でパスタ」。
火の通りが良すぎでグズグズになります。

8分茹でるこのマカロニも
正直に言えば「柔らかめ」。
歯ごたえのある「アルデンテ」ではないです。

スープジャーの余熱の時に
パスタを入れない(下茹でしない)選択肢もありますが、
万が一「生煮え」だったら、それはそれで
イヤなので柔らかくてもこのやり方を選びました。

お年寄りなんかには喜ばれそうな固さです。

その分、野菜にソコソコの歯ごたえが逆に残っているので、
早食いにはなりません。むしろ噛みます。

まだ、ちょっと改善の余地はありますが、
でも鍋も使わずにスープパスタが食べられたら
それはそれでアリだと思います。

試してみて下さい。

私が使っているスープジャーは以下のタイガー製です。
底が丸いので最後まで具材がすくえるのと、
洗う時にきれいに洗えるので気に入ってます。

 

全粒粉のパスタは胚乳のみのパスタよりも栄養価が高く、
食物繊維やビタミンB1、鉄分が豊富に含まれています。
GI値も50とさらに低く、低GI食品になるので、
少しお高くてもダイエット効果は高いと思われます。

ロフトのお姉さんが教えてくれたスープジャー3選

意外と知らないスープジャーの洗い方やメンテナンスについてはコチラ。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です