スープジャーの洗い方とメンテナンス|におい対策とお薦め商品

スープジャーを洗ったトコ
スープジャーを洗ったとこ

前回のスープジャーの記事を公開した時に、知り合いの方から以下のようなメッセージをもらいました。

「ところでスープジャーのお手入れの仕方、洗い方が気になりました。調理法が簡単でも器具のメンテナンスが大変だと躊躇しちゃう。そういう情報があると背中押されます〜。」

おおおっ!お手入れの仕方とか洗い方かぁっ!!そっか、確かにスープジャーを買おうか悩んでいたら、この辺もチェックポイントとしても大事かも・・・。

と、言うワケでで今回のこの記事は「スープジャーの・・・」
・良さは分かったけど、メンテナンスを含めたその他の情報も欲しい方
・買ったは良いけど、におい残りや洗い方で困っている方
と、言う「スープジャー購入前後」のどちらの方にもナイスな記事になっています。

「スープジャーのメンテナンス」。レシピばかりに気を取られて、いやぁ~盲点だった!

調べてみたらやっぱり「におい残り」に悩んでいた人は多いし。意外と知られていないけどお薦め便利な商品も出ているし。私もこの記事をキッカケで知りました。

スポンサーリンク



スープジャーの洗い方やにおい残りについて

メーカーのホームページやレシピ本には書かれていませんが、ぶっちゃけ「スープジャーは洗いにくい」です。何故なら「分解しないといけない」から。

はいっ、そこの「げっ!(TдT)」と、思われて離脱しかけてる人っ!ちょっと待った。ちゃんと対応策もありますから、取りあえずもう少し読み続けて下さい。

では、気を取り直して解説します。実際、臭う部分は「フタ」と「パッキン」。「スープジャー本体が臭う」と、言う声は聞こえません。

スープジャーのフタのは、「保温性と漏れ防止」のために最大限の工夫をしています。その結果、フタの形状が複雑になり、シリコン製のパッキンも使用されています。

その反動として、フタの溝や隙間を完璧に洗いきれなかったり、パッキンの柔らかい特性が仇になり油分が残ります。以上のような落としきれなかった部分からカビなどが発生したり、気温の高い時は腐敗が始まり臭いの元が生まれます。

スープジャーの汚れ・臭い対策/基本編

1・食べ終わったら出来るだけ早く洗う。
最低限、食べ残したモノは捨てる。長時間入れっぱなしにしない。水で洗ぐだけでも違う!

2・使うたびにパッキンも取り外して洗う。
パッキンの間に入り込んだ残りスープが汚れ・臭いの元になります。

3・手強い臭いや落ちない汚れは食器洗剤でつけ置き洗い。
40度位のぬるま湯で作った洗剤液に浸す事がポイント。

4・力任せ&スポンジの硬い方でのこすり洗いはNG!
余計に傷をつけたり、パッキンを無駄に伸ばして劣化の元に。パッキンや溝は専用のブラシや指で洗うのがベスト。

5・しっかり乾かす。
乾燥させることで菌の発生や腐敗を防ぎ、臭いの元を絶ちます。

スポンサーリンク



スープジャーの洗い方とメンテナンス/応用編

スープジャー、フタやパッキンなどをいちいち分解して洗うのが面倒に感じるかもしれません。でも、しっかり洗えていないと嫌な臭いが残ってしまうケースがあります。臭いの原因は細菌の繁殖や腐敗である場合もあり、衛生面でも注意したいところです。

解決策の基本形は前述しましたが、その通りに出来ない時もあります。そこで、「スープジャーの洗い方」コツとポイントにフォーカスして話していきたいと思います。

まずは、メーカーによってお手入れ方法が異なることもありますので、必ず取扱説明書を確認してください。これが最初の1歩です。

次に学校や屋外でスープジャーランチをした場合=食べ終わった後にスグに洗えない時は「残さずに食べ切る」のがお約束です。頑張りましょう。

また、ネイルの関係上「スポンジで洗うのはちょっと・・・」と、言う場合は「軽くお湯ですすいで中身をいったん捨てて、改めて洗剤と少量のお湯を入れてフタをキッチリしめて振り洗い」。振り洗いした後は中の洗剤液を捨てて、帰宅してからちゃんと洗い直して下さい。

家で洗い直す時もこの「お湯を使っての振り洗い」は効果的です。泡だった洗剤がフタの溝などに入り込み、お湯で油等の汚れが浮き上がるからです。油分が残ってしまうとヌメリや臭いのもとになるので、お湯でしっかり落とすのがコツ。

振り洗いをした後にはスポンジと洗剤で再度洗います。この時に研磨粒子が練りこまれている硬い方でプラスチック製のフタやパッキンを洗うと、細かい傷がついてそこから汚れが入り込み菌の繁殖や腐敗の原因になるから注意です。スポンジは柔らかい面を使いましょう。

 

スープジャーを長く愛用したいのなら「ステンレスボトル洗浄剤でのつけおき洗い」をお薦めします。
こちらはスープジャー本体とフタやパッキン、中せんや飲み口など全てに使えます細かい部分の汚れも落とし除菌もするため手軽で衛生的です。レビューもすこぶる良いです。

これはメーカーの「お客様相談窓口」の方も言っていた事で、大事なので繰り返し書きます。

スープジャーに対して一般的な塩素系漂白剤は絶対NGです。パッキンも傷めますが、本体のステンレスも傷めます。サビをよび、本体に小さな穴があいた場合は真空がキープ出来ず保温機能が低下します。

使うのなら「塩素系ではなく酸素系の漂白剤」です。

私のスープジャーはタイガーの「広口・丸底フォルム」で洗いやすいため、普通にスポンジの柔らかい方で無造作に洗っていますが、もっとキッチリ洗いたい方には専用のブラシがあります。

もっと手軽に洗いたい人や急いでいる時は、「食器用洗剤が泡でスプレーできる」商品を使うのもアリ。泡を吹き付けて数分置くと、汚れが浮いてきて、同時に除菌ができるようになっています。

スープジャーは本体以外は食洗機対応のようですが、私は全部手洗いです。(家に食洗機がありません)

スープジャー本体はしっかり洗剤分を洗い落とし、水気を拭き取って乾かします。

パッキンなどは水切りカゴに入れたまま放置せず、水気を拭き取った後にペーパーなどの上に並べて乾かせたら理想的。水気が残ったまま保管すると、カビなどの原因になるので注意が必要です。

スポンサーリンク



スープジャーのパッキンについて

取り外したパッキンは、洗剤をつけた指先で毎回伸ばすようにして、溝になっているところを優しく洗いましょう。

またパッキンに色や臭いがついてしまった場合「なら漂白剤につけよう!」と、思いがちですがそれはNG。一般的な塩素系漂白剤はパッキンの劣化を早めます。パッキンをつけ置きしたいのなら「クエン酸をお湯で溶かした液に一晩つける」のはアリ。

それ以外だと後で詳しく書きますが「ステンレスボトル洗浄剤」がお薦めです。

基本的にパッキンは消耗品と割り切った方が良いです。丁寧に扱っていても経年劣化によって漏れやすくなるし、色や臭いも取れにくくなる事もあります。

メーカーごとに交換部品も販売しているので、1年に1度は買い換える位の気持ちでいた方が快適なスープジャーライフが送れると思います。

私はあえて作らないメニューですが、カレーやトマト風味のリゾットや、スパイスたっぷりのスープなどを入れた場合、パッキンに色や臭いがついてしまうことがあります。致し方ない事かもしれません。

それでも上記のようなメニューをスープジャーで作り続けたいのなら、各メーカーで対応のパッキンだけも売っているので、臭いがつきそうなメニュー用に2つのパッキンを使い分ければ良いしょう。

人によっては「臭いのつきそうなメニュー」の時は本体とフタの間にラップを1枚かぶせ、パッキンに直接食品がつかないように工夫する人もいます。ただし、フタの間にラップをはさむと密閉度が低くなり、漏れてしまわないように注意してください。

まとめ

スープジャーは本当によく出来た面白い製品です。特に私が押している「タイガー」「サーモス」「象印」は保温機能などで甲乙つけがたいです。

シンプルな機能ですので使い方しだいではかなり楽しめます。しかし、使い慣らすにはいくつかのコツやポイントがあり、それを抑えてて末永く愛用して欲しいと願っています。

補足情報としては・・・
メチャクチャ寒い環境に置かれると流石に保温効果が落ちる時があるようです。そんな時にはコレです。

もし、スプーンを選ぶなら木やプラスチックのモノが私は好きです。金属製のスプーンでスープジャーを使うと内側のステンレス部分とスプーンがカチャカチャ当たるのがちょっと嫌だから。

ただしプラスチック製のスプーンは、耐熱温度と環境ホルモンのBPAが含まれていないか?買う時にチェックした方が安心でしょう。

食べやすさ重視の方には、コンパクトなお弁当用のスプーンより18cmから20cm位の長めのスプーンがGood。普通に家でカレー食べる時に使う長さですが、コレくらいの長さがあった方が底まですくえます。

この記事がキッカケで貴女とスープジャーの距離が1ミリでも近くなれたら嬉しいです。マジで使える子ですから。可愛がってやってください。m(_ _)m。

あ、あと、ロフトのお姉さんに聞いてまとめた「お薦めスープジャー3選」はこちら。
お薦めスープジャー3選の記事はコチラ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です