金スマ|タスカジのたーちゃんは3時間で14品の作り置き料理を作る伝説の家政婦な件

たーちゃん
たーちゃん

出典:タスカジ公式サイト

2018年2月2日(金)の人気番組「金スマ」に出演したタスカジの「たーちゃん」は、タスカジ四天王の1人としてレシピ本にも登場する人気沸騰中の女性です。今回は3時間で14品の作り置き料理を作りました。

彼女は懐石料理店の老舗で調理師として働き、後に小料理屋を開業。そして現在はタスカジで一般家庭に訪問して調理するという楽しさに目覚めた伝説の家政婦さん。

まだまだ発展途上のタスカジさんである私の憧れの人でもあります。

本日は、憧れの「たーちゃん」さんを例に取り、女性の新しい働き方であるタスカジの魅力について力説してみたいと思います。

無資格のただの家事好きだった私も、調理師や栄養士などの資格を持っている「食のプロ」も充実して仕事が出来る(稼げる)秘密を実際に仕事をしている現場目線で解説しますよ。


伝説の家政婦!?たーちゃんってどんな人?

 彼女は、去年出版されたタスカジの公式レシピ本「伝説の家政婦が教える魔法の作り置き」にも登場し、メディアの取材も多数ある四天王のお一人で、志麻さんと人気を二分する実力派のタスカジさんです。
たーちゃん

出典:共同通信PRワイヤー

こちらがその話題のレシピ本。四天王が勢揃いです。1番右側が「たーちゃん」。左から2番めが「志麻さん」です。

予約がとれない伝説の家政婦が教える魔法の作りおき (別冊すてきな奥さん)

「たーちゃん」は50代の女性で食のプロとしての経験年数は11年。割烹料理屋で調理師として勤務→小料理屋開業→売れっ子タスカジさんとして活躍中!!が、現在までの流れです。

これまでの経験を活かし、レシピ本では「おつまみにもなる作りおきおかず」を担当。

以下は彼女が今までにタスカジの依頼者宅で作ったお料理の数々です。レビューを読むとどのお宅でも大絶賛。「美味しかったです」の文字が踊ります。

たーちゃん

出典:タスカジ公式サイト

 

たーちゃん

出典:タスカジ公式サイト

品数の多さと調理のスピードなど、ポテンシャルの高さが半端ないです。これらを三時間で作ってます。

たーちゃん

出典:タスカジ公式サイト

ここまで来ると圧巻です。さすが先輩。憧れます。長年プロとして鍛え上げたクォリティと対応力の高さに感服です。

しかし、こんな素晴らしいパフォーマンスを見せるたーちゃんですが、タスカジさん(タスカジで働く人こう呼びます)になったキッカケはびっくりするほどライトでした。

たーちゃん「ポスティングされたチラシを見て」タスカジの説明会に応募したそうです。

 あまりに一般主婦的でびっくり!!でも本当です。これについては公式サイトで以下のように書いてあります。

・タスカジさんを始めたきっかけは何ですか?

ポスティングされてたチラシを見て、たまたま「タスカジさん」を見つけました。時給が1500円で高時給というのがあったし、料理だけでもできるかな、主婦だし一応一通りできるから、面白そうだし説明だけでも聞いてみようって感じでなんとなく応募しました。

出典:タスカジ公式サイト

食のプロ(有資格者)で調理場経験もありさらに、割烹料理屋の経営経験のあるたーちゃんですが、視線はあくまで一般主婦目線。彼女はプロと主婦の両面を持っている女性でした。

実際、レシピ本に出ているタスカジ四天王は全員なんらかの食のプロ(有資格者)です。
[志麻さん] 元・調理師(フレンチレストランのシェフ)

[makoさん] 元・栄養士(保育園の栄養士)であり現在はフードコーディネーターの資格でも仕事してます。

[たーちゃん] 元・調理師(で、さらに元・割烹料理屋の経営者)

[Kotoさん] 元・給食産業で栄養士(他にも中学校家庭科教諭 / 栄養士 / フードアナリスト2級 / フードスタイリスト)

たーちゃんは食のプロ(有資格者)が「副業としてタスカジに参加」ではなく、また私のように「資格の無い主婦だけど仕事がしたい(稼ぎたい)」タイプでもないようです。

彼女は少数派ですが「大した動機もなく始めた」タイプ。いわゆるタスカジを「新しい趣味としてやってみました」派です。

元々たーちゃんは「石橋をたたかず渡る!考えるより行動しちゃえっ」てタイプ。タスカジの「依頼者宅でお料理を作る」家事代行の仕事スタイルに対しても「ワクワク感がたまらない」と発言しています。

モノは考えようですね。

初めてのお宅(迷えずに伺えるかっ!?)から始まり、初めての台所(どこに何がしまってあるのか?)、初対面の依頼者(味の好みはどうだろう?)などドキドキがありますが、彼女はそれをワクワクに変換しています。

たーちゃんはタスカジのサービスを「未知的なもの」と出会える仕事と捉えて、依頼者宅で体験した様々なことを実生活でも試しています。以下は公式サイトの引用ですが、たーちゃんがタスカジを楽しんでいる様子が伺えます。

未知的なものがありますね、タスカジのサービスって。お宅ごとにカラーがあって、きれいにしているお宅の収納とか、食器や器具が好きなので様々な食器や調理器具を試したり、自分の不得意な料理に挑戦してみたりとか。

出典:タスカジ公式サイト

確かに、私も今まで家では作らなかったお料理もオーダーがあれば事前に調べて依頼者宅で作ったりするため、料理のレパートリーが増えました。

タスカジは食のプロ(有資格者)のたーちゃんにも、なに1つ資格を持っていない専業主婦だった私もマッチする、新しい働き方だったんです。

ここまでの流れでタスカジのワークスタイルに興味を持たれた方は是非、下記の⬇公式サイトへ。
食のプロも一般主婦も納得のタスカジ!「へぇ〜」と思われた方は公式サイトへ。

仕事のシステムとかサポート体制や説明会などの詳しい情報が満載です。

主婦の未来を明るくするタスカジってどんなサービス?

「お母さんが働く事=就業主婦」が当たり前になった反動で「家事に手がまわらない!(泣)」お母さんと、「手に職は無いけど(無資格だけど)家事力が普通にあって働きたい主婦」の両者を取り持つのがタスカジです。

タスカジは一般的な「家事代行会社に雇用」される働き方ではなく【家事代行マッチングプラットフォーム】と言う考えを基に、新しい働き方とサービスの提供を可能にした会社です。

分かりやすく言えば、大ヒットしたTBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の森山みくり(新垣結衣主演)さんがタスカジさんと被ります。

みくりサン(新垣結衣)は家事代行の会社に雇われずに雇用主の津崎平匡サン(星野源)や風見涼太サン(大谷亮平)と直接やり取りをして契約を結んでいたでしょ、あの形です。

私が現在、タスカジさんとして仕事をしている「タスカジの公式サイト」の言葉を引用するとこんな感じ⬇。

経験豊富なハウスキーパー(=タスカジさん)と家事を依頼したい人が出会えるシェアリングエコノミーシステムです。

出典:タスカジ公式サイト

「シェアリングエコノミーシステム」と、急に言われても分からないので、細かく説明すると・・・

シェアリング=sharing :共有(共同で持つこと)すること。
エコノミー=economy:節約。
システム=system:方法。

「家事代行をするタスカジさん」「家事代行を依頼したい人」情報をお互いが持つこと(タスカジさんも依頼者もお互いがお互いのプレビューやプロフィールが読めます=共有する)で、お得(エコノミー)に双方が幸せになるシステムです。

「家事を頼みたい人」と「家事力で仕事をしたい(稼ぎたい)人」のマッチングサービス=両者に出会いを提供する会社がタスカジです。ここが従来の「家事代行サービス業者」との大きな違いです。

では、「家事代行サービスのマッチングサイト」のメリットはなにか!?と、言ったらそれは「頼む方も頼まれる方も得をする」とこ。

タスカジは家事代行業者を介さない個人同士の契約なので依頼者にとっては「(他より)料金がリーズナブル」であり、依頼された側(タスカジさん)にとっては「(他より)高時給」になるので、依頼する方もされる方もお得になります。

これを画像で説明するとこうなります⬇。こちらは依頼する方のメリット。業界最安値でハウスキーパーが頼めちゃうんですね。タスカジ

そして働く側のタスカジさんには⬇のようになります。
タスカジ

さらに言えばタスカジは基本が「個人契約」のため「働く側」の自由度が高く尊重されている感じを受けます。これは実際に働いている私の感想です。

唐突ですが以下は公式サイトの画像です。

タスカジ

小さいので要約します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[2]仕事内容・働く日時・働く場所など、全て自分で決められる
・仕事内容、働きたい日時を自由に選べます。
・週1回でもOK!
・オーダーが入っていなければオンラインで 24時間自由に稼働日を変更可能。
・勤務エリアも最寄駅から 何分以内」と設定できるので地元で働く事も可能です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
と、言うことは・・・
子供の夏休みなどの長い休みの時には仕事を入れないことも出来ます。他にも介護や自分の習い事や友達とのランチなどプライベートな予定も優先することが可能なんです。

画像の最後に赤字で書かれている

自分の家の家事もしたいから…
1日3時間だけ×最寄駅から20分以内
という働き方も自分の裁量で可能!

は真実です。

金スマに出演したたーちゃんも公式サイトでは以下のようにタスカジを評価しています。ちょっと長めですが読んでください。

タスカジ事務局は、私たちタスカジが、時間があるから働くのではなく、お金が必要ではたらくから働くということをわかってくれています。

だから時給の最低ラインは1200円からだし、昇給率もパートに比べて桁違いです。努力次第で半年で2300円になれます。こんなに割のいいことはないですよね。

何のためにはたらいているのと言われたら、短時間でいいお給料がもらえて、かつ自由な働き方が面白いからと胸を張って言えます。

出典:タスカジ公式サイト

もう、ドンズバでストライクな説明です。

タスカジの公式サイトでは・・・・
・時給1,200円〜2,100円 (1,200円は時給1,500円の人が定期になった場合の価格)
・ご依頼者からの評価や仕事ぶりなどにより設定可能額がアップ
・現在タスカジさんの約3分の1の方が時給 2,100円で仕事中
・交通費は時給とは別途、全額現金にて 当日支給

と、書いてますが、これも本当です

私のパターンでお話しすると、タスカジ以外で週に2回学童保育のバイトをし、同居する姑のケアや、近所に住んでいる娘のフォローが時たまあるため「稼働日は火曜日と金曜日の9時から12時」のかなり少なめの設定です。

電車のアクセスが良いのもあって、稼働日が少ない分エリアを広げて「最寄り駅から40分以内」の設定でやっています。今年はどうするかまだ未定ですが、これでも十分にオーダーがあります。

次は「昇給率」。
これは人それぞれかもしれませんが私の場合は・・・。

実地テストで「4」を貰い、以後7回の仕事は満点の「5」を取り続けたら、時給「1,500円」が8回目以降からは「1,800円」に昇給しました。ほぼ1ヶ月ちょいでアップしたことになります。

この記事を書いている時点で私は30回の仕事をしており今のところはまだ「時給1,800円」です。

途中で2回、タスカジ先輩が講師を務める料理セミナーを2回受講しています。1日も早くトップ3分の1の「時給2,100円」の人になるべく精進してます。

また、仕事時間に関しては「9時〜12時」「13時〜16時」「18時〜21時」ですが、開始時間を2時間前後変更することが可能です。

依頼者さんと折り合いがついたり、前後の依頼者宅が近ければ1日に2・3件も(1日3軒のフル稼働も)十分に可能で、ガッツリ仕事が(稼ぐことが)出来ます。

逆に、「9時〜12時」のお子様が学校に行っている時間だけの稼働や、平日は会社に勤め日曜などの休みの日にタスカジさんをするOLさんもいます。

仕事の種類も選択肢があります。そして「主婦」で「家事」をしていたらどれかは出来る仕事です。
タスカジ画像が小さいので書き出します。
「掃除・洗濯」「作り置き」「整理収納」「チャイルドケア」「ペットケア」などです。

「チャイルドケア」は保護者同伴でお子様と「遊ぶ」「本を読む」などで、「乳児への食事の補助」「病気の際の看護」は入ってません。

「ペットケア」も屋外の散歩はなくて、室内での「餌やり」などです。

私もそうでしたが「手に職が無い(何も資格を有していない)」上に「専業主婦が長かった」人にありがちな「私なんかでお仕事出来るんだろうか?」があります。

その心配もありません。何故ならタスカジはサポート体制が充実しているからです。

新人タスカジさん用の電話サポートや、登録するとグーグルマップのダウンロードから使い方をその場で教えてくれるから安心です。

私が出席した料理教室もそうですが、お掃除や収納のタスカジさんに向けての教室も毎月開催されています。講師は各方面の「先輩タスカジさん」のため、現場でスグに活かせる情報が満載です。

私が受けた講習の1つは四天王のkotoさんが講師でした。⬇の女性がkotoさんです。
タスカジこんな感じで、タスカジは依頼者さん宅で仕事をする以外でも「講師」や「メリット出演」や「本の出版」など仕事の幅を広げるチャンスがあります。

タスカジ

こんな感じで講習後は試食からの意見交換や日頃の情報交換をします。ここで同じタスカジ仲間の輪が広がります。

タスカジ

先生のkotoさんも写メっております。普通の「家事代行業者」の講習会とは違ってかなりフレンドリーです。

「家政婦」と、言う働き方は昔からありましたが、「タスカジ」の仕事のシステムや体制は従来の働き方とは根幹から違っています。

そして、それは今まではあまり価値がない(お金を生まない)と思われていた「家事力」を高く評価しています。ここまでの話しでタスカジに興味を持たれたら⬇公式サイトを覗いてみてはいかがでしょうか。


家事経験者の一般の人々に強くタスカジを薦める理由とは?

タスカジのシステムなら「家事力」は仕事(高時給)になる!と、言う事実です。

タスカジは現在も経歴や資格のアル・ナシに関係なく「アナタの家事力」を募集しています。

タスカジさんの募集エリア
・関東なら東京/神奈川県(横浜・川崎など)/千葉県/埼玉県。
・関西なら大阪府/兵庫県(神戸など)/京都府/奈良県/滋賀県/和歌山県。
などです。

エリアから多少外れていてもダメ元でタスカジに問い合わせして下さい。家事代行の依頼地域は広がっていて、意外とOKになっているかもしれません。

家族のためだけにアナタの「家事力」を使っているのはもったいないです。

逆に「私は家事くらいしか出来ないから」と自己評価を下げるのはもっと残念です。実は私もタスカジで仕事をするまではそう思い込んでいました。

でも、軽い気持ち(テレビで見た志麻さんに感動して)でタスカジの説明会に参加してみて人生が変わりました。「あ、意外と自分はまだやれるんだ」と自信が回復したのも事実です。

説明会は、なんでも相談がしやすい様に応募者2~5人の少人数で行っています。私の時は3人でした。

当日、交通費は出ませんが、履歴書が不要な分、写真代と書く手間が省けます。履歴書の写真、使わないのに6枚も撮るのはもったいないです。

説明会・登録は当然無料。お金は一切かかりません。

タスカジさんになるか、ならないかは、説明を聞いてから決めればよいことです。取りあえず、話題(金スマにも出たし)のタスカジの説明会に行って新しい働き方や、自分の可能性に触れてみるのも良いと思います。

「オバサンの私じゃ」とか「専業主婦でパソコンとか出来ないし」とか、色々な理由をつけて家に閉じこもるのはそろそろ止めませんか?

タスカジの公式サイトでたーちゃんは以下のように書いています。

・もしタスカジのサービスをPRするなら、どういううたい文句にしますか?

「新しいあなたに出会えますよ」とかですかね。

出典:タスカジ公式サイト

アナタの人生を拓くのは自身の行動しかありません。待っていても状況は良くなりません。

金スマのたーちゃんを見て、ここまで私の記事を読んでくれたこと自体、大きな一歩かもしれません。

「行動の積み重ね」がラッキーを引き寄せるたと私は実感しています。

「オバサンだから」とか「資格とか持っていないし」とか「専業主婦で社会から遠のいていたから」とか、自分の可能性にフタをしていました。

「また今度は」では絶対に来ません。

タスカジの公式サイトはとても分かりやすいサイトです。
説明会の参加フォームも1分で完了する簡単さです。
これも本当です。5つしか打ち込むところが無かったんですから。

もし、上の文章を読んで「そっかぁ〜」と、感じたのならその気持や興味を公式サイトで確認し、説明会で実感してきて欲しいです。

好奇心や自分の可能性のワクワクを尊重しても良いと思います。「試しに説明だけでも聞いてみる」はアリです。

まずは、参加して直接スタッフから話しを聞いてみてください。

自分の限界を勝手に決めちゃダメです。可能性とチャンスは意外と身近なところにあるもんです。

最後になりますが、以下がたーちゃんが公式サイトで言っていた事です。

・タスカジさんをしていて、一番楽しいって思うことを教えてください。

定期で伺っているあるお宅では、別の掃除専門のタスカジさんも同じ時間に作業をされているのですが、友達と世間話をしながら一緒に家事をしている様で楽しいです。3時間で自分のできることをして、お邪魔しましたと依頼者さまのお宅を後にする時は、やってよかったなぁって思いますし、私にとって精神的にも肉体的にも一番負担がなく、楽にやっていけてるなと思います。

出典:タスカジ公式サイト

こんな素敵な働き方も世の中にはあるんです。

説明会、とても楽しいかったです⬇。是非、アナタにも行って頂きたいです。 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です