辛いPMSの改善にも一役。大豆を身近にする打ち豆レシピ紹介

打ち豆ひじき出来上がり

出来上がり写真

「大豆は積極的に摂りたいけど、
一晩かけて乾燥大豆を水戻しするのはかなり面倒だし・・・」と、
思ったそこのあなた!

「思い立った時に、すぐに大豆を使いたい」と、
いう方にもお薦めなのが「打ち豆」

「月経前症候群(PMS)」の改善やダイエットにも有効
大豆を簡単に摂取できる裏技的な製品でしょうか。

スポンサーリンク



そもそも「打ち豆」って何?そしてPMSとはどんな症状?

「打ち豆」とは
乾燥大豆をお湯に浸す」→「表面を乾かす」→「圧ぺん(穀類を蒸気処理後、圧力をかけて押しつぶす加熱処理方法)」→「再乾燥」→「打ち豆の出来上がり!」と、
言う行程を経た大豆製品

では乾燥大豆と「打ち豆」はどこが違うのか?
違いは2つ。

1/乾燥大豆より、
水が浸透しやすくて熱が入りやすく、味も染みやすい

2/下ごしらえや調理が簡単で食べやすく、
手軽に大豆が摂取できる。

こんな感じではないでしょうか。

では、次にこの「打ち豆」が効くんじゃないかと、
言われているPMSとはなんでしょうか。

PMSとは(Premenstrual Syndrome)の略で、日本語では「月経前症候群」と呼ばれています。 生理が始まる前の約2週間に起こる、心とカラダのさまざまな不調のことで、生理が始まると自然に消えたり、軽くなるのが特徴です。

PMSとは? – テルモ|基礎体温でカラダと話そう

www.terumo-womens-health.jp/trouble/3_1.html

そうなんですね、
人によってはかなりキツく出ることもあり、
また年齢や環境によっても差があるようです。

そして、PMS改善のカギを握っているのが「女性ホルモン」

大豆には「イソフラボン」という成分があり、
これが女性ホルモンの「エストロゲン」同様に働くので、
「排卵後など女性ホルモンのアンバランスな状態の改善に有効じゃ無いか!」と、
言われています。

PMSの他にも「更年期障害」も
女性ホルモンの不足が引き金」となりますので、
女性ホルモンと同様の作用をもつイソフラボンは、
ここでも改善に一役買えると言う事です。

もともと大豆ソフラボンは、
大豆胚芽に特に多く含まれるフラボノイドの一種で、
骨粗鬆症や更年期障害、
乳がん等の女性疾患に対する有効素材
として
研究されてきた歴史があります。

大豆製品は昔からの伝統食としての側面もあり、
今日的にも積極的に摂りたい健康食品の代表選手ですが、
しかし、調理に時間がかかるのが難点でした。

そこで、この問題を軽々クリアしたのが
古くて新しい「打ち豆」でした。

スポンサーリンク



PMS改善にもダイエットにも有効な「打ち豆いりのひじきの煮物」の簡単レシピ

生の打ち豆

袋から出した「打ち豆」のアップ。

ローラーで押し潰された感がありますね。

浸水させた打ち豆

食べたい量だけ出して、水かお湯に5分ほど浸してみる。

ふやけて元の量の大体2倍くらいになる感じ。

軽い気持ちでやって大丈夫。

5分後の打ち豆

 なんか穏やかに「ふやけて膨らんだ」感じになってます。

これで5分後。

最初の炒め

「ひじきの煮物」を作って行きます。

「ひじき」は所定のやり方で戻しておく
(パッケージの後ろに書いてあったり、検索すれば出てくるはず)

「にんじん」は千切りに。
色味と最初の火通りの目安にします。

「油揚げ」はお湯をかけて油抜きして食べやすいサイズに切っておく。
味を出す為にも欲しい素材。

「干し椎茸」水で戻して食べやすいサイズに切っておく。
これも味を出す為に欲しい素材。
戻し汁は絶対に捨てない。煮物で使う!

「種を抜いたホールの唐辛子1本」
「千切り生姜」これはお好みで

入れる理由は個人的に、
ただ甘いだけの「ひじきの煮物」が好きじゃないから。

この2つを隠し味で入れると
味がしまって「男前」になる気がする

人によっては「お酢」を入れる人もいるけど、
加減を間違えたときのダメージが強いから私はしない。

「打ち豆」は5分くらい水やお湯で戻したモノを。

豆を戻してる間に他の材料を刻んだりして時間を上手に使うこと。

ほんだし投入

少量のサラダオイルで全ての材料を
強めの中火くらいで強気に炒める

ある程度、具材が混じった時点で「砂糖を投入」

みりんを使わないため、結構「多めに」入れる

砂糖は上白糖でも三温糖でも大丈夫。

何故、「最初に多めの砂糖」かと、
言うと「塩気を先に入れちゃうと砂糖の甘みが入らなくなるから」。

だから
「先に砂糖の甘みを材料にガンガンに入れる」感じで炒めます

火加減の目安は
「にんじんが少しクタッとして、ちょっと火が通った感じ」

そしたら「ほんだしを投入」
また炒めます。

「ほんだし」煮詰めると意外と塩気が強くなります
ちょっと、加減して下さい。あとで醤油も入れるし。

醤油投入

ここまで「砂糖」と「ほんだし」だけでやってきました。

理由は「ビチャビチャしたひじきの煮物にしたくないから」。

ただ、「砂糖」と「ほんだし」だけだと、
味にイマイチ深みがないのと、色が薄い

そこで、
「醤油を適当に回しかける」感じで投入

目安は「油揚げの色つき具合」

この後、煮詰めることを考慮して
「あ、良いかな?」と感じる一歩手前で
醤油を止めて
おくこと。

ここで取っておいた「干し椎茸の戻し汁」も投入

一気に加熱して水気を飛ばします

煮汁の減り具合

鍋を傾けるとこんな感じ。

分かるかな?くれぐれも焦がさぬように。

「やばい!」と思ったら火をとにかく弱めて一度落ち着く。

途中で味を見て微調整。

これで出来上がりと思ったら、
風味と照りだしで「ごま油」を軽くかけて
混ぜたら出来上がり

打ち豆ひじき出来上がり

水気が少ないしっかり目の味付けの「打ち豆とひじきの煮物」。

余ったら、卵焼きに入れても、ご飯と混ぜても美味しいです。

酢飯と混ぜて、味付きの油揚げに詰めた
「ひじきお稲荷さん」は子供からお年寄りまで
万人受けします。

まとめ

食物繊維も豊富で高タンパクで低カロリー。

独特の食感で満腹感も得やすく、
腹持ちも良いため、
ダイエット目的にも非常に有効な「打ち豆」

「使いたい!」と、思ったら5分後には調理可能だし、
使いたい量だけ使えるので
大豆の水煮や缶詰より使い勝手も良い「打ち豆」。

手軽に戻して「味噌汁」に投入したり、
カレーの具材にしたり、
酢の物やご飯と炊き込んだりとレパートリーも豊富です。

イソフラボンは女性の力強い味方だし。

この記事をきっかけに
色々と面倒くさい「乾燥大豆」との距離が縮まったら嬉しい
です。

試してみて下さい。

スポンサーリンク



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です