海街diaryで広瀬すずが食べた力餅と近所の極上食パン

力餅屋店頭
海街diaryイラスト

2015年、「そして父になる」等の作品を手がけた
ヒットメーカー是枝裕和監督の手によって映画化された
「海街diary」

吉田秋生さんによる漫画作品を映画化した
この作品のロケ地がここ鎌倉の「極楽寺」と、
言うのは有名な話し。

そしてこの「極楽寺」、
個人的にはかなりのポテンシャルの高い場所と思っています。

何故なら、観光地としての鎌倉は人が多すぎ。
ザワザワしすぎ!どこも同じような店ばかり!!

と、言うワケで今回は「大人の鎌倉」をご案内。

映画のゆったりとした世界を堪能しつつ、
しっとりと大人の鎌倉と、
そして「こんなの初めて」な極上のお土産の紹介をしちゃいます。

スポンサーリンク



ロケ地としても名高い極楽寺。広瀬すずにも小泉今日子にもなれる駅からの道

実はこの「極楽寺駅」及びその周辺
映画「海街diary」や、
小泉今日子・中井貴一のダブル主演で話題になったドラマ
「最後から二番目の恋」のロケ地でもあります。

極楽寺駅

鎌倉と藤沢を繋ぐローカル線・江ノ島電鉄(江ノ電)の極楽寺駅は、
赤いポストも懐かしい、
こんな感じの緑の深いノンビリした感じの駅です。

江ノ電の中でも古都鎌倉を彷彿させる、
最も風情のある駅で、
撮影が終了した今でも「聖地巡礼」ではありませんが、
ファンの方々が訪れるようです。その証拠に・・・

海街チラシ

小さな改札の右側
駅舎の内側にさりげなくこんな感じでここが「海街diary」と、
関係があったことを主張しています。

さらに、改札を出て、右側には・・・・

最後から二番目の恋・極楽寺駅

デーンと今度は堂々と、
「最後から二番目の恋」
出演された出演者の皆さんのサインとドラマ最終回の
台本が飾られています。

[基本情報]

・江ノ島電鉄「極楽寺駅」

・鎌倉市極楽寺3丁目

・9時~18時までは駅員が常駐。それ以外の時間は無人

極楽寺駅の公式サイト

極楽寺駅から広瀬すずや小泉今日子が行った力餅屋までの道順と楽しみ方

駅を出て左・・・赤いポストのある方へ。

ずっとただ、ただ道なりに15分ほど歩くと、
目的地の1つである「力餅屋」に着きます。

ただ、そこまでの道が鎌倉独特の「切り通し」と言う、
なぁ〜〜も人けの無いコースです。

初めての人はちょっと不安になりますね

取りあえず改札出て,左のゆるい坂道を5分もあるかないうちに左にお寺が見えてきます。

これが駅名にもなっている「極楽寺」

「海街diary」の撮影現場です。

が、本来は参拝の際も撮影禁止だというお寺。
映画のために特別に許可が下りたそうです。

撮影禁止の場所ですので、
撮りたければ門の外からになるのでしょうか。

注意して下さい。でも、良い風情ですので参拝するならどうぞ。

少し先に赤い欄干の「桜橋」があり、
そこを渡ると赤い屋根の導地蔵堂

ここは雨宿りのシーンで登場しました。
こちらは撮影し放題。普通にポーンと建っています。

で、寄り道はこれくらいにして、元の切り通しの道に戻ります。

この、極楽寺方面から由比ヶ浜方面に抜ける
極楽寺坂切通し」
「海街diary」では
長女・幸(綾瀬はるか)が
買い物袋を下げて上がって行きました

緑の豊かな切り通しは街の喧騒を離れて実に快適ですが、
「ホントにこの道で良いの・・・」とちょっと不安になります。

それでも信じて緩やかな坂を登ると、
右手に「あじさい寺」としても名高い成就院」が見えて来ます。

このお寺、名前の通りの
「恋愛や仕事」の成就にパワーがあるようで、
本尊の不動明王像を運気アップのために、
携帯の待受画面にする人も多いようです。

成就院公式ホームページ

成就院も過ぎ、道も平坦になってきたらゴールは近いです。

成就院があった側・・・
右側を見ていると人目を惹く
コンビニとケーキ屋さんのダブル看板

目印の看板

ここで曲がらず、もう1ブロック先まで進むと・・・
その先に「家の側面」にこんなペイントがされた建物が見えます。

ちょっと上の方を向いて探して下さい。

食パン屋家屋横

このお店が「極上食パン」のお店でこの記事の1つも目的地です。

食パン屋外観

正面から見るとこんな感じです。よーく覚えておいて下さい。

あなたはこの建物の右から来て、
左側の路地に「次の記事で入りますから」(次回記事予告)

この食パン専門店を右手にみてあと少しだけ直進すると出てくるのが名物「力餅屋」

力餅屋店頭

「力餅屋」
「海街diary」ですずやクラスメイト達がよく通っていたお店であり、
「最後から二番目恋」では
小泉今日子が鎌倉移住の視察の際に休憩していた
お店です。

スポンサーリンク



広瀬すずもキョンキョンも来店した力餅屋ってどんなお店か

「力餅屋」は坂ノ下の御霊神社の入口のそばにあり
創業が元禄時代という、
言わずと知れた坂の下の老舗の和菓子屋さん。

名物は2つ。

「覆面饅頭」と店名にもなっている「力餅」
そしてこの「力餅」は「お餅」と「求肥」の2種類があります。

「覆面饅頭」は鎌倉の御霊神社(ごりょうじんじゃ)の面掛け行列と言う、
イベントで使われるお面の形をしていて、
「海街diary」ですずと風太が食べに来たのがコレです。

写真がないのが残念ですが、
面掛行列にちなんだ11種類のお面をかたどった
福面饅頭、夫婦饅頭などがあります。

もう1つの名物の「力餅」はこの店が御霊神社からも近く、
鎌倉源五郎景政が力持ちだったという故事にちなんで作られたのが由来。

力餅のお餅バージョン

こちらは「力餅のお餅」バージョン。ちょっと、よっちゃいました。

求肥の力餅

こっちはバラ売りしてくれる「求肥バージョンの力餅」

求肥の方が「赤福」に近い感じで、
「お餅バージョン」と比べるとライトな感じです。

箱売り専門の「お餅バージョン」は食感が
「ムッチリ」していて、奥歯で味わう感じでしょうか。

でも、両方とも似て非なるもので、両者とも味わいが違って美味しいです。

力餅屋店内3

店内は何かノスタルジックなこんな感じ。

感じの良い女性の店員さん気さくに迎えてくれます

観光地にありがちなつっけんどんな対応でないところもホッとします。

力餅屋店内

こんな感じで色々と売っています。

力餅屋店内2

鎌倉の情報誌も置いてあるので、
鎌倉初参戦の方はゲットして
下さい。

ちなみに、この「力餅屋」さん、
以前は有村架純さんのPanasonicのCMにも使われています。
その時に、有森さん達が食べていたのがここの「力餅」です。

力餅屋 公式サイト

[基本情報]

・江ノ島電鉄「極楽寺駅」

・鎌倉市極楽寺3丁目

・9時~18時までは駅員が常駐。それ以外の時間は無人

・定休日は水曜日、第三火曜日(祝日の場合は翌日)

・営業時間は9:00~18:00

極楽寺で極上の食パン専門店とは・・・他では買えない大人のお土産か

力餅屋さんの手前・・・
正式な店名は「Bread  Code  by  recette」(ブレッドコード)

「食パン専門店」だそうです。

食パン屋外観

店構えも良い感じですし、店員さんも優しかったですが・・・・
ですが、ある種の敷居がメチャ高いです。

こちらは「世田谷区池尻」にある
「最高級パン専門店 ルセット」の姉妹店
にあたるお店です。

この「最高級パン専門店 ルセット」は
「商品は全てインターネットでのみ予約販売を行っております」なお店です。

ご興味のある方は公式サイトを見て下さい。ぶっとびます。

最高級パン専門店 ルセット公式サイト

しかし、この凄いパンを気軽に食べられるのが、
この店の近くにある「日本で初めてのパンのスイーツ専門カフェ cafe’ recette 鎌倉」

もしかしたら本店でパンを予約して買うよりお安いかもしれません。(次回記事予告)

話しを戻します。

この極楽寺の「食パン専門店」はそこまで突き抜けてませんが、
でもビックリにはかわりありません。

「※ブッレドコードのパンはコンセプト、
素材、製法とも姉妹店ルセットとは異なり、全く別のパンとなります。」
と書いてありますが
・・・「厳選された日本の素材のみを使用しています」であり
「香料、保存剤等は一切使用しておりません。」ですから・・・。

そしてお店で1番安いパンを買いました。

ミニ食パン

鎌倉ミニ食パン(プレーン)270円です。

初めてのお店に入ったら、
まずは1番安いモノを注文してお店の力を見る作戦です。

これだとサイズ感が分かりませんね。

270円のパンの大きさをもっと分かりやすく表現すると・・・

ミニ食パンのサイズ

ティースプーンより小さいです。

この他にも「鎌倉ミニ食パン(リッチ)」や
「食パン山型(プレーン)」や
「食パン角型(プレーン)」や
「食パン山型(リッチ)」があります。

味は当然、美味しかったです。

トーストするとさらにその実力を発揮します。

「ミニサイズは食べ歩きにぴったりです」と書いてありますが、
そんな勿体ないことは出来ません。

都内でも今、パン・・・特に食パンにこだわったお店が話題になっているようですが、
ここ鎌倉のしっとりした「極楽寺」にもありました。

信じられないようなサイズとお値段ですが、
手が出せないレベルではありません

それに並ばないし

甘いパンばかりでなく、
食事にある究極のパンに図らずも出会える極楽寺はやはり大人な街だと思います。

食パン専門店 ブレッドコード公式サイト

[基本情報]

・「食パン専門店 Bread Code by recette (ブレッドコード)」

・鎌倉で食パンのみ製造する食パン専門店。(店頭販売のみで通販は行っいない)

・神奈川県鎌倉市坂ノ下22-23

・0467-53-7307

・営業時間は11時~17時(※売り切れ次第終了)

 

スポンサーリンク



まとめ

是枝裕和監督のなんとも言えない世界観が貫かれたこの「海街diary」。

四姉妹の心の動きを鎌倉の地が、しっかりと受け止めていると思います。
この映画は極楽寺を中心にロケはされいますが、
鎌倉のそれ以外の場所でも撮影されてます。
1日あれば多分、廻れると想います。

「海街diary」巡礼、映画の公開が終わっても、
ジンワリ流行っているようです。
美味しいお店もあるし、ついでに他のドラマのロケ地とも出会えます。

まずはDVDとサイトをチェックして、
下調べしてから行かれることをお薦めしちゃいます。
お腹いっぱいになるくらい豊かな鎌倉を味わって下さい。

ご近所のロケ地だった「最後から二番目の恋」・・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です