2016横浜マラソン・車いす2kmに参加した女性ランナーに聞いた本音とびっくり!?

yokohamamarathon12
medal12

medal12

大会規約によると車いすで10kmに参加する人は「2003年(平成15年)4月1日の以前生まれ」で「10kmをレース仕様の車いすで45分以内に完走」が条件。

これが2kmの車いすで参加する場合は「2009年(平成21年)4月1日以前の生まれ」で「2kmを車いすで40分以内に完走」となるのだが、10kmとの大きな違いは「レース仕様の車いすでなくてもOK」であり「付添伴走(介助)可」な部分です。

文字で書くとサラッとしてますが、両者は同じマラソン参加であっても意義や意味に大きな違いがあったと思います。

 




10km参加者と2km参加者の具体的な違いとは・・・・

後から出てくる2kmで参加した森谷さん曰く「10kmに出る人達はある意味、プロよ」。確かにレース仕様の車いすのスピードは半端じゃなかったです。

さらに大会規約の10kmに参加する年齢「2003年生まれ」は13才以上となり、「2009年生まれ」の2kmの参加年齢の下限は7才となります。中2と小2の格差があります。

そして決定的な違いは10kmはレース仕様車である以前に「自走出来る人」が超・前提。2kmは「自走出来る人」も「介助者に押して貰う人(自走出来ない人)」も含まれている点でしょうか。そのための車いすの形の制限もありません。

10kmは「タイムを競う」ランナーが参加する大会で、2kmは「車いすで参加することに意義がある」大会と私は捉えました。

 




前大会と今大会に参加した女性車いすランナーが語る「私が参加する意味」

Wheelchair_runner_woman

森谷正枝さん・57才と愛犬のノリちゃん

前回の第1回大会の時、森谷正枝さんは息子さんに車いすを押して貰っての参加でした。初参加のため「前回は相当テンパった!」と。

何が彼女をそうさせたかと言うと、前回は第1回目とあって参加人数が少なかったためか、2kmの彼女達は10kmのレース仕様車のガチな車いすランナーのみならず、一般のランナーと一緒に走らされたようです。・・・こりゃ、テンパリますね。

彼女はその息子さんが中学生の時に全身火傷を負われて不自由な体になり、何ヶ月も子供と会えない時期があったそうです。で、去年、大学受験する息子さんに「親の頑張る姿を見せたかった!」の一念でこの大会にエントリー。見事走り抜けました。

そして今年。彼女が普段お世話になっている横浜私大病院の先生からは「看護婦さんと一緒なら出場OK(前回は内緒で出た模様)」と言われたので、エールクリニックの看護婦さんの桐生さんと参加。

二人で走った感想は「初参加の桐生さん(彼女が車いすを押す役)がテンパるから途中でケンカ」になったようです。

 




今大会のビックリは正直想定外!?参加人数が大増員

これは私も聞いて驚きました。車いす2kmの募集枠は20名のはずが、スタート地点に着いたらナント!「50名近くいた!?」・・・耳を疑う、目をこするレベルです。

森谷さんが言うには「去年と違い、横浜私大病院の患者さん達が相当来ていた」と、ご自分のそうですが、肢体不自由なお子さん達も多数参加されていたようです。去年はお子さん達は一人も参加されていなかったので、募集の仕方や方向を変えたようですね。

小学校の時から跳び箱とハードル以外は負けたことの無い森谷さんはあくまで勝ち気です。「私、先生に言ったんですよ、こんなに人がいたんじゃ一等になれないわぁ」と。

また彼女は語ります。

「私はみんなに助けられて、私の今があるんです」

そして「私は去年、初めてマラソンに出て想ったんです。体にハンディキャップのある人でも楽しめるイベントがもっと必要だと。」

私大病院に入院していた経験のある彼女は、生まれつき体の不自由なお子さん達を院内でたくさん目にしたため特にそう感じたようです。

「人間、頑張って、命のある限り頑張りたいと想ってます。だから来年も1位を目指してこの大会に参加します!!」と来年の意気込みを熱く語ってくれました。

 




まとめ

chiba_masako

元ランナーで今キャスターの千葉真子さんと!

森谷さんが走っていると元ランナーの千葉真子さんが偶然通りかかり、すかさず記念の1枚をパチリ!森谷さんお気に入りの記念の1枚。こんなフレンドリーな触れあいもある横浜マラソンって・・・やっぱ、素敵だ。

2016medal_omote

2016年大会のメダルは錨がモチーフ

 

2016medal_ura

裏側には車いす2kmの証が

 




この記事が役に立った!・オモシロイ!と思われたらシェアして頂いたら嬉しいです。よろしくお願い致します。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です