もっと楽しめる桜木町イベント「ピカチュウ大量発生チュウ!」に行ってきた

クイーンズに浮かぶピカチュウ
アットスクエアのピカチュウの写真

みなとみらい地区あげての大イベント!!「ピカチュウ大量発生チュウ!〜今度はぬれるんだって???〜」はポケモンGoの配信もあって今1番のお薦めイベントかもしれません。

平坦なみなとみらい地区は歩きやすいし、各施設も充実しているので親子、カップルなど年齢を問わず楽しめるナイスなエリアです。

そんな暑い夏のイベントはやはり情報戦!?事前チェックは大事です。前の記事ではランドマークプラザまでで一杯になったので、ここでは「ランドマークプラザから先の情報」をお届けします。

スポンサーリンク



ピカチュウが浮く!?次はクイーンズスクエア横浜に突撃だ

[クイーンズスクエア横浜]

ランドマークプラザを抜けたら目の前の銀色のグルグル巻いたオブジェの向こうに見えるのが次の目的地、クイーンズスクエア横浜。副都心線で来場される方は「みなとみらい駅」で下車です。駅とビルが直結してるから便利ですよ。ちなみにマークイズ!も同じ駅でこちらも駅と直結しています。

クイーンズの入り口の写真

のっけから大きなピカチュウがお出迎え。ここではステージショーとスタンプラリーが楽しめます。それと時間はナイショ!と、言ってますが名物の「ピカチュウの大行進」が8月7日〜14日の間に見る事が出来るようです。

クイーンズのピカチュウ写真

広々とした空間にピカッチュウが舞ってます。でも、そんなの序の口ですから。このまま直進すると左下にステージが。ランドマークプラザとクイーンズスクエア横浜、共にステージは上から見る感じの作りですが、下に降りて見る事も出来ます。一体感を味わいたい人には下に降りて見る事をお薦めします。

クイーンズのショーの写真

ランドマークプラザのステージは「みなさんも一緒にダンスを楽しみましょ==!」とダンス指導とかありましたが、こちらはリボンとローラスケートでしょうか。それぞれの場所でオリジナルのショーをしているので日程表を見て制覇るすのも楽しいです。やはり目の前で展開されるショーのライブ感がたまりません。

クイーンズのスタンプラリー

ステージを過ぎて少し行とこの「ピカチュウ スタンプラリー」の受け付けがあります。こちらは8月7日〜14日までのイベントで小学生以下のお子様が対象。期間中毎日、1000名限定です。クイーンズスクエア横浜施設内に隠れているピカチュウを探してスタンプを集めると賞品と引き替えに。ガラポン形式でやっていますね。ちなみに賞品の受け渡しは18時までですから気をつけて下さい。

スタンプラリー用紙表

用紙はコレ!塗り絵にもなってます。

スタンプラリー用紙裏

裏はこんな感じ。賞品はピカチュウのお勉強セットとかぬいぐるみとか、なかなか良い感じです。クイーンズスクエア横浜でも、ピカチュウグッズを身につけてお店に入ると各種サービスがあります。参加店には「ピカチュウなりきりサービスチュウ」のステッカーが張ってあるようです。

当然、なりきりグッズ含む、各種のピカチュウ商品もあちらこちらで販売されており、物欲を刺激します。

クイーンズに浮かぶピカチュウ

こちらはステージ(左下の黄色いのがソレ)裏の大ピカチュウ。クイーンズは何かと「浮かせ」ます。このピカチュウの斜め左にはこれよりもは小さいですが、スヌーピーがいつも浮いてます。

スポンサーリンク



今度はどんなピカチュウだ?マークイズに行っちゃうぞ

[マークイズみなとみらい]

ランドマークプラザを出て直進したら浮いてるピカチュウが多発するクイーンズスクエア横浜。

ここに入らずに手前を左にグッグと行ったのが横浜美術館前に出来たマークイズ。

マークイズの外観写真

みなとみらい駅から直結してるから暑い時などはここからスタートするのもアリかもしれません。

マークイズの入り口

一見するとお洒落なマークイズも夏はグイグイとピカチュウを推してます。

地元情報としては、こちらの地下1階の「食品館 まいにちマルシェ」。お弁当などテイクアウトが充実していてお薦めです。イベント開催中はどのお店も混雑するので、サクッと食事をしたい方には良いかもです。木陰や館内の一部でも食べられる感じです。

マークイズのオービィの展示物

入り口入ってクルッと振り返るとこんなモンが!こちらはオービィ横浜のプチ体験が出来るパネルです。画面の前に立つと顔が動物に変身?出来る感じです。

オービィ体験の写真

お子様にも大ウケですが、大人だって笑えます。暑くてウンザリしちゃった人には、多少お金はかかりますがオービィ横浜も良いかも知れません。

オービィ横浜は日本最大級のスクリーンと、13種類の「エンタテインメント・エキシビション」を通して大自然の神秘を全身に感じることができる、まったく新しい形のミュージアムとして好評ですね。

マークイズで話題のオービィ横浜

現在は「キモい展」も開催中。好きな人にはたまりません。

オービィ横浜の「キモい展」

マークイズで写真撮影

マークイズでもピカチュウ撮り放題。ピカチュウに肖像権とか関係無いようです。

ちなみに、このマークイズではショーはやっていません。その代わり物販に力をいれているのかピカチュウが着ている!?のと同じTシャツが買えたりするし、どうもこちらは「ピカチュウの大パレード」のスタート地点のようです。

マークイズのインフォの看板

インフォメーションの横にさりげにこんな看板が立ってました。

マークイズのインフォメーション

こちらのインフォメーションではランドマークプラザとマークイズとの共同開催「ピカチュウと学ぶ?ポケモン空想科学読本 クイズラリー」のスタンプ帳を貰えます。

お姉さんがさりげにピカチュウの耳を付けてたりして可愛かったです。でも、写真は撮らせてくれません。

マークイズのお土産

インパクトのあるお土産?グッズショップです。ここでピカチュウが着ているものと同じTシャツが購入できます。

ココ以外でもピカチュウに会えるスポットを紹介

2016年のピカチュウ大発生の1つの目玉?「〜今度はぬれるんだって???〜」に参加したい人は横浜赤レンガ倉庫へ。2種類のずぶぬれスプラッシュショーが楽しめます。がどちらもかなり「ずぶぬれ注意!」なようです。

濡れに行つもりで参加した方が良いイベントかもしれません。スマホなど濡れてはマズイ機器はビニール袋などに入れ、着替えやタオルなどを持参するのがベストかも。

ひとしきり濡れたその後は、赤レンガ倉庫の先に見える大黒ふ頭を眺めるも良し、ちょっと大人なカップルなら近所に出来た話題のスポット「マリン&ウォーク」もお薦め。

赤レンガ近くに出来た話題のマリン&ウォーク

ここの「パイホリック横浜」はかなりニュースでも流れたパイの専門店。以下は以下はその紹介記事。でも、かなり並びます。

http://hamakore.yokohama/pie-holic-yokohama/

 

ランドマークプラザから赤レンガに行く途中にあるのが「よこはまコスモワールド」。大観覧車で有名な遊園地。「ピカーッ!」と叫ぶ絶叫グランプリを開催中

 

よこはまコスモワールドを過ぎて信号を渡ったところにあるのが「横浜ワールドポータズ」。ここではピカチュウがフラダンスショーをしています。館内回遊ラリーもやってます。

また、前の記事でも書きましたがランドマークプラザに行く手前「帆船日本丸・日本丸メモリアルパーク」では船長姿のピカチュウがストンプショーをしてくれてます。芝生広場にはピカチュウも大量発生しているし。

まとめ

今年の夏は猛暑ということもあるけど、話題のポケモンGoもリリースされて、親子・カップルで楽しい思い出をたくさん作って欲しいです。

またせっかく、横浜まできてくれたのだからこのイベントをきっかけにこの地を好きになって欲しいです。

みなとみらい地区は平坦な場所で歩きやすいと言え、炎天下の中、ノープランで参加しては十分に楽しむ前に疲れてしまいます。

そこで、事前リサーチ、情報収集がポイントになります。今回のイベントの場合な、是非手に入れて欲しいのがこのパンフレット。

ピカチュウの日程表の写真

ここには大まかな地図と日程表が載っています。これをまずは入手して楽しむか作戦を立てて下さい。

しかし、これすらゲット出来なかった方には・・・コスプレと熱さよけを兼ねて受け取ったこの紙のピカチュウサンバイザーが役に立ちます。

サンバイザーの配布

各会場や駅前でこんな感じで配ってましたね。ちゃんと貰うように。

ピカチュウサンバイザー

ちょっと暗めの写真ですが、コレですね。そしてコレの裏側を見てみましょう。

サンバイザー裏

なんと、今回のイベントの公式サイトに飛べちゃいます。あなどれませんね。

また、公式サイトでは今回のイベントに絡めて「ポケモンGo」の特別なイベントはしてませんよ、と、言ってますが、普通にポケモンいるようです。

少数ですがこんな看板持ったスタッフさんがおりました。

ポケモンgo注意

アップにしたら読めるかな?「Poke’mon GOにはバイブレーション機能がついています。画面をずっと見ていなくても大丈夫!」って、書いてあります。

ポケモンgoの注意

他のところでもこれを知っていたら事故とか迷惑にならないんじゃないか?と、やっていない私は思っちゃいます。

楽しいお出かけをさらに楽しくするためにも、多少の配慮と工夫は必要なのかも知れません。

桜木町駅からスタートする人へ。桜木町からランドマークプラザまでが書いてあるのは以下の記事です。良かったら参考にして下さい。

http://good-luck50.club/yokohama_pikachu_2016_1/

この記事が少しでも皆さんの楽しい夏休みの一助になりますよーに。

スポンサーリンク



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です